ピクシブ百科事典

のび太とロボット王国

のびたとろぼっときんぐだむ

『ドラえもん のび太とロボット王国』とは、大長編およびそれを原作とする映画ドラえもんの23作品目。
目次[非表示]

いっしょが、一番強い

概要

のび太と鉄人兵団のび太とブリキの迷宮に次いで、3番目に作られた、人とロボットの関係をテーマにした劇場版作品である。だが、この2作と変わっている点が1つある。
それは、前2作では、ロボットが人類の敵として登場している(前者は人間をコキ使う種族、後者は人間に反乱を起こした奴隷ロボット)のが、本作は、それとは対照的に、ロボットと人との共存がテーマであり、ロボットの立場になって話が描かれている。そのため、のび太の日本誕生以来、主人公であるドラえもんが、内容的にも主役となっている。

また、本作では、のび太とブリキの迷宮で、ラスボスナポギストラーを演じた、森山周一郎が、再びラスボスとして、デスターを演じている。

ちなみに、2001年秋のアニメスペシャルで放送された告知映像では、タイトルが『のび太とロボット帝国』(「キングダム」の読みが、「王国」ではなくて「帝国」)となっていた。

なお、本作では、回想シーンでありながら、のび太の夢幻三剣士に次いで、ドラえもん史上一二を争うほど数少ない、人間が死亡する瞬間のシーンが存在する(ただし、ドラえもんと同じく、人気漫画及び人気アニメでありながら、ルパン三世ワンピースのように、シーンが存在する作品とは、対象年齢が違う。そのため、描写はされていない)。

そして、本作の関係で特に重大な事は、テレビシリーズが、半年後の10月4日に放送された回以降、それまで制作に使用されていたセル画からデジタル画に変更されたため、映画シリーズで、セル画が使用されたのは、本作が最後である。(ただし、当時すでに、セル画の使用が終了しているアニメ作品が多く存在するため、ドラえもんは、そうしたアニメの中では、サザエさんと並び、比較的遅い方である。)



あらすじ

スネ夫に新型のペットロボット「アソボ」を自慢されたのび太は、ドラえもんに「ペットロボットが欲しい」と懇願するが「君には僕と言うネコ型ロボットがいるじゃないか」と拒否され、のび太は勝手に押し入れのスペアポケットから「未来デパートの通販マシン」を取り出し、操作がわからなかったため適当に押してしまい、未来デパートからペットロボットが大量に転送されてしまい、挙げ句の果てにはのび太の言うことを聞かず暴れ出してしまう。

町中で騒動を巻き起こしたロボットたちは、ドラえもんによって全て返品されたものの、最後に少年型のロボット『ポコ』が残った。どうやら、そのロボットは地球の技術で作られたものではなく、現代に送られてくる途中で超空間内で紛れ込んでしまったものだという。ポコを元の世界に返してあげるため、ドラえもん達の冒険が再び始まった。

タイムマシンで時空の迷宮へと旅立ち、何とか目的の場所…『王国(キングダム)』に辿り着くドラえもん一行。その世界では、ロボットから感情を抜き取り人間の忠実な下僕へと変えてしまう「ロボット改造命令」が下されていた。少年ロボットであるポコは、ちょうど母親と共に追っ手のドロイド兵から逃げる途中だったのだ。捕まった母親を助けようと飛び出して行ったポコをのび太たちは追いかけるが、ドロイド兵達に見つかり、ドラえもんが拉致されてしまうのだった。



主なゲストキャラ


ポコ
泣き虫だけどとっても優しい少年のロボット。ドロイド兵に追われていたとき、チャペック先生の電送マシンで地球へと送られた。ジャンヌとは遊び相手として共に育っており、弟同然の存在である。
担当声優は桑原法子


マリア
ポコの母親ロボット。早くに母親を亡くしたジャンヌの養育係も務めていた。
担当声優は藤田淑子

チャペック先生
ロボット専門の医者。ロボットの修理の他、物体を瞬間移動させることのできる電送マシンなども発明している。
名前の由来は戯曲『ロボット』の作者、カレル・チャペック
担当声優は穂積隆信

クルリンパ
チャペック先生と共に住んでいるオコジョ型のロボットの助手。身体を丸めながら跳ねて移動することもできる。語尾に「ッパ」をつけて話す。
担当声優は野沢雅子

オナベ
チャペック先生の家のお手伝いロボット。ドラえもんの友人実家で働いてるメイドロボに似てる。
漫画版では、食材を口から入れ、腹から完成した料理を出すという能力を持っている。
担当声優は愛河里花子

ロビー
アリスの家で働く農作業ロボット。カカシのような姿。型番号はX-01。「ロボット改造計画」により感情を抜き取られてしまうが、デスター捕縛後に感情を返還された。映画のポスターなどにはドラえもん達と共演しているが、実際は単なるチョイ役。
担当声優は銀河万丈

アリス
ロビーが働く家の少女。感情を抜き取られたロビーを見て、ショックのあまり泣き出してしまう。
担当声優は南央美

ドロイド兵
デスターが尖兵として用いる、感情を持たないロボット兵士。ロボホースに乗ってたり、槍からレーザーを出したりしており、他のロボット達を圧倒する戦闘力を持つが、人間には危害を加えられないという弱点を持っている。
担当声優は小杉十郎太及び中嶋聡彦


コングファイター
鋼鉄バトルに出場しているゴリラ型の大きい格闘ロボット。斧や鉄球を使用する豪傑で、300戦無敗という経歴を持つ。ドラえもんと戦うが、最終的にくすぐりノミによって敗北する。
(漫画版ではくすぐられて降参しているが、映画版ではその後鉄球を頭にぶつけて自滅する。)
敗北後は改造工場へ連行されそうになるも、ドラえもんに助けられた上に叱咤され、ドラえもん一行を囲んできたドロイド兵を一掃して脱出を手助けした。
担当声優は郷里大輔

トロイ
「ロボット改造命令」に反対し、「虹の谷」で多くの仲間と共に、平和に暮らしている。
担当声優は飛田展男


コニック
トロイと同じ理由で「虹の谷」に暮らしているトロイのパートナーであるロボット。
担当声優はKONISHIKI

ジャンヌ
メイン画像右。
ロボットから感情を抜き取る「ロボット改造命令」を下しているロボット王国の女王。過去の事故で前国王である父親を亡くしており、デスターによってロボットに感情があるから父親は死んだと思い込み、ロボットから感情(正確には、感情を司る回路)を抜き取る命令を下す。だがポコとの交流によって非情に徹しきれずにいる。だが、「虹の谷」に匿われ、ロボットと共に生活をしているうちに、ポコと向き合うことで己の非を理解、そして改心し、感情を司る回路を返還した。「ロボット改造命令」を廃止を宣言しに、ドラえもん達と共にロボット王国に向かった。だが、着いた直後に、デスターに利用された事を知り、ドラえもん達と共に戦う事を決意した。
担当声優は新山千春


デスター
ロボット王国の軍司令官。厳つい容貌をしており、常にジャンヌ女王に付き従っている。
ジャンヌにロボット改造命令を下させた張本人。ジャンヌからは信頼されているが、実はジャンヌ女王に取り入って王国の実権を握ろうと画策する外道で、彼女を利用しているだけにすぎなかった。
ドラえもん一行追跡の際に、ドロイド兵をわざとけしかけてジャンヌ女王を谷底に落としてしまう。その後、軍司令官が王位継承権を持つという法律に基づいて王宮を掌握、国王となる。だが、改造命令に反対するロボット達の協力を得たドラえもん一行により追いつめられてしまい、巨大ロボを発進させてドラえもん一行を追い詰めるも、闘技場に眠る巨大ロボットを何でも操縦機で動かしたのび太によって(結果的に)敗北する。マリアを助けに行ったドラえもんを最後の力を振り絞ってロケットが発射して道連れにしようとするが、電送マシンによってドラえもんやマリアと共に帰還された。
その正体は金属製の強化服に身を包んだチャペック先生の双子で、チャペック先生と真逆の考え
をしていた。最終的に改心するまで投獄される事になった。
担当声優は森山周一郎



関連タグ

映画ドラえもん セル画 森山周一郎 ロボット

コメント