ピクシブ百科事典

つづれ屋

つづれや

藤子・F・不二雄の漫画作品「21エモン」などに登場する架空の宿屋。
目次[非表示]

オナベ「あれは模様ではありません。雨漏りのシミです。」
21エモン「だんだん酷くなるなあ。」

概要

 漫画21エモン』の主人公、21エモンの実家兼勤務先であるホテル
 江戸幕府成立当時から存在する超老舗旅館であり、『ドラえもん』や『エスパー魔美』といった20世紀を舞台にする藤子作品にも登場している。
 万年金欠の赤字体制で経営されており、20エモン(21エモンの)の代ではすぐ近くに大型宿泊施設「ホテル・ギャラクシー」が出来ただけあって苦戦を強いられている。ひどい時には客室の環境整備用の原子炉の濃縮ウランが買えなくなり、ゴンスケのチップ頼みになっていたことさえある。

構造

 作中の舞台になっている2018年当時では3階建てのおんぼろビル(ぶっちゃけた話ドラえもん』の時代からあんまり変わっていない)で、自動ドアも無く、エレベーターエスカレーターもすっかり朽ち果ててただの階段になっている。
 宿泊施設は2階と3階にあり、つづれ屋従業員一家は1階で暮らしている。
 部屋宇宙人用に改装されており、宇宙人たちの故郷惑星気候を再現できるようになっている。そのため、地球日本)の気候が合わない客も宇宙服を脱いでくつろぐこともできる。
 ちなみに1部屋雨漏りで使えない部屋があり、途中でゴンスケに占拠されてに改造された。後につづれ屋が経営危機に陥った際にはこの芋でなんとか糊口をしのいでいた。

従業員


関連項目

藤子・F・不二雄

pixivに投稿された作品 pixivで「つづれ屋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154

コメント