ピクシブ百科事典

藤子不二雄

ふじこふじお

藤子・F・不二雄と藤子不二雄Ⓐによる富山県出身の二人の漫画家コンビ。1954年結成、1987年解散。
目次[非表示]

藤子不二雄は、藤子・F・不二雄(藤本弘)と藤子不二雄A(安孫子素雄)による富山県出身の二人の漫画家コンビ。1954年結成、1987年解散。

学生時代

2人は小学校以来の友人で、互いに漫画の腕を競いアドバイスを送り合う仲間だった。高校時代に合作を始め、1951年に『毎日小学生新聞』に投稿した『天使の玉ちゃん』でデビュー。

また休暇を利用して大ファンであった手塚治虫の家を2人で訪ね、手塚の仕事場や生原稿を目の当たりにして大きな感銘を受け、漫画家への夢を大きくする。(こうした経験のため、キャリア初期には合作ペンネームとして「手塚治虫の足下にも及ばない」の意味で足塚不二雄と名乗っていた時期もあった。)
一方の手塚治虫も、このとき2人が持参した漫画に目を通し「なかなか上手だね」とありきたりな返事をしたものの、内心では「とんでもない子達が現れた」とその才能を見抜いていたという。

高校卒業後、2人は別々に就職したが、藤本は3日で退社し漫画に専念。一方の安孫子は親戚の経営する新聞社で仕事をしながら藤本との合作を続けていたが、1954年に藤本が安孫子を誘い上京した。安孫子はサラリーマン生活に未練があったというが、悩んだ末に藤本とともに夢の道に進むことを選んだ。

上京・デビュー

上京した2人は程なくして、東京都豊島区の若手気鋭漫画家が集うアパートトキワ荘」の手塚治虫の住んでいた部屋に、手塚と入れ替わりで入居した。このとき、前述のエピソードもあって2人を買っていた手塚は、金のない2人のために敷金を肩代わりし、作画用の机などの家具を部屋に残しておいたという。原稿料は2人の作業量にかかわらず常に均等に分けることにしており、これはコンビ解散まで変わらなかった。

1961年にトキワ荘を出た後、『オバケのQ太郎』が大ヒット。以後、どんどん仕事が増えていくがあまりの忙しさに2人が十分に相談し合作する時間が取れなくなり、藤子不二雄のペンネームはそのままで藤本と安孫子がそれぞれ独自の作品を執筆するというスタイルが中心となった。

ただし、「ドラえもん誕生秘話」で主人公像も考えないまま新連載予告を出してしまった2人が喫茶店で相談しながら頭を抱えるシーンがあるように、コンビとして作品に対する相談は後年まで行っていた。また小池さん神成さんゴンスケなどのキャラクターは藤本・安孫子の両作品で共有されており、藤本の『ドラえもん』に安孫子の怪物くん、安孫子の『忍者ハットリくん』に藤本のパーマンなど、互いのキャラクターのカメオ出演も行われている。

解散とその後

1987年、コンビ解散を発表。以後、藤子・F・不二雄藤子不二雄Aにペンネームを分け、仕事場も隣同士のビルに分割された。

解散の理由は、公式には「2人の作風の変化」が語られている。藤本が後年まで児童漫画SFを主戦場としていたのに対し、安孫子は次第に青年漫画ブラックユーモアにシフトし、同一の作者の作品として語るにはファンのイメージを損ねかねない、というものである。

他に、体調を崩し気味であった藤本の健康問題や、報酬は常に均等に分けることにしていたが実質的には藤本の方が仕事が多く売れっ子だったため、どちらかの死後必ず発生するであろう資産の分与問題に未然に備えた、等々様々な憶測が飛んでいる。

実際、作品の著作権に関しては解散後もあれこれ問題があり、合作時代の代表作である『オバQ』などは2人それぞれの過去作品が文庫化や全集化されていく中でどちらにも収録されず、入手が困難になった時期があった。現在では話し合いが進み、合作時代の作品もかなり入手しやすい形で復刻されている。

やっぱり「2人で1人」

とは言え、藤子不二雄のメジャー化・分業化後の作品は、最後の共著作品である『オバQ』が基本になった。それはつまり、「ダブル主人公」である。このことに2人は1979年に言及している。

つまり「ドラえもんとのび太」「須羽ミツ夫とブービー」「キテレツとコロ助」「チンプイと春日エリ」であり、「怪物くんと市川ヒロシ」「ハットリくんと三葉ケン一」「UBと鈴本ミチオ」といった次第である。また、変化球として「異性を意識しながらもパートナー、協力者である」という間柄には「佐倉魔美と高畑」「猿谷猿丸と紅蜂」と言った関係も。

2人の作風は離れたようで離れていない。A氏曰く「自分は酒やゴルフのような大人のつき合いを覚えたが、藤本君はそのようなことは一切しなかった。結果的に藤本君は少年のような心を持ち続けたが、逆に自分はこども心が薄れ、作風に差が出た」とのこと。
だがその一方で、結婚はF氏のほうが早く、3人の娘に恵まれ、「しっかりしたお父さん」と言われる“大人”になっている。それに対して、A氏は夫人とは今も熱愛関係で、夫人が大病で倒れた際は何をしていいのか解らずパニックになってしまったりする程だが、A氏夫妻には子供がいない。
上記のA氏の発言と対になっているのが、『ドラえもん』のスネ吉の存在だろう。スネ夫のび太の娯楽が小学生の遊戯にすぎないのに対し、ランボルギーニカウンタックをポンと買ってきたり、鉄道模型のような延々と金と時間を要する“大人の趣味”を楽しむ姿は、F氏から見た“大人の遊びに興じる安孫子”だったのかもしれない。

このような背景からか、A氏も児童向けファンタジー漫画への執心は捨てきれなかったようで、正式解散後も『ウルトラB』や『パラソルヘンべえ』など何本か児童向け作品の新作を描いたり、児童向け旧作からアニメ原作へ出していたり(『ビリ犬』)する。また劇画の『サル』も、青年誌向けの内容だが、その作品の原点をたどれば“子供の頃にテレビで『プロゴルファー猿』を見ていた世代”を対象とした作品である。

一方でF氏もよく見ていると果てしなく黒い。代表作『ドラえもん』の作中のお遊びが全力でR-18だったりするし(ドラえもんはタイトスケジュールのためか明らかにA氏が原画を描いている回もあったりするのだが、F氏のコンテのほうが数段ヒドい)、数話に1本は思春期の女子のすっぽんぽんを拝める漫画を描いていたのもF氏だったし、『ミノタウロスの皿』や『ウルトラスーパーデラックスマン』などA氏顔負けのブラックユーモアを描いていたりもする。『中年スーパーマン左江内氏』も、どちらかと言うと中高年向けマンガだろう。

なんだかんだ言いながら、分業制になろうと、世間的には正式にコンビを解散しようと、2人は同じ場所を目指して歩いてきたのだろう。
結婚と子供の誕生、同時に『ドラえもん』のヒットによるタイトスケジュールに追われた“大人にならざるを得なかった少年”のF氏と、大人の遊びを覚えつつ、相方よりは少ないとは言え充分な収入で遊興を楽しみ、また漫画以外にも挑戦しようとする“少年のように自由に振る舞う大人”のA氏、お互いが自分に無いものを求めて結成したコンビは、表面上には現れてこなくとも永遠の結束だったのだ。
そしてまだ、これからも歩き続ける安孫子素雄の隣には、常に藤本弘が立ち続けているに違いない。

関連タグ

漫画家

pixivに投稿された作品 pixivで「藤子不二雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1153030

コメント