ピクシブ百科事典

2112年ドラえもん誕生

にせんひゃくじゅうにねんどらえもんたんじょう

『のび太の創世日記』と同時上映されたアニメ映画。
目次[非表示]

概要

読切漫画『ドラえもん誕生』を下敷きに、漫画・アニメ『ドラえもん』における、主人公ドラえもんの誕生秘話を描いたアニメ映画。監督米谷良知。同時上映は『ドラえもん のび太の創生日記』。

原作者が読者のツッコミにいろいろボケr・・・サービス精神の旺盛な人であり、従ってぼけま(ry読者の質問に答えているうちに明らかに適当なのではという「設定」があふれかえることになった為、その体系化として製作。ついでに「漫画家はこんな無茶ぶりにも答えないといけないんだよ話」としての製作秘話も入るお得なメタ構造(起き上がりこぼしが云々といった話も収録)作品となった。

劇中で、大山のぶ代水田わさびで話される、あの声は実は というシーンがあり、オリジナルの声として横山智佐が起用。途中まで横山の声でしゃべり、とあるイベントの後から大山のぶ代になる。

ざっくりしたあらすじ

巨匠藤子・F・不二雄(ナレーションは本人で、声優も付く)は、いきなり振られた新連載主人公となるキャラクターのアイデアに迷っていた。相棒藤子不二雄Aと相談しても決まらずに帰った藤子はジャパニメーションの聖地の生活を思い出し、そのうち眠ってしまいを見る。

その夢は遥か未来、2112年の東京で、事故で少し故障した子守用ネコ型ロボットどこかの赤ん坊と劇的な遭遇をはたし、まともなネコ型ロボットとも出会うなどの他、ドラ焼きを好きになり、ネズミが嫌いになり、黄色から青色へ変わるなどの「製品としては問題ない故障」が「猫に見えない」形になり、「妹」として製作されたサポートロボットと対面、そのドジを生かして巨悪に立ち向かい、悪を成敗してみんなから認められる…という面白い物だったため、さっそく製作に取り掛かる。

もちろんラストには例の起き上がりこぼしも出てきます。

備考

のび太の恐竜のラスボスの恐竜ハンタードルマンスタインがゲストで登場している。彼らは24世紀の住人であり、かつてタイムパトロールに捕まったのだが、どうも脱獄したらしく、翼竜型のタイムマシンで2112年まで逃げ込んできたようである。
こいつらの暗躍はドラえもんが今の性格になった引き金を引き、TPに追い詰められるとセワシを誘拐し人質にするが、最後はドラえもんに敗北し再びお縄に付く。
ちなみにセワシを捕まえる前には

黒マスク「どうしようか?」
ドルマン「そうだな」
黒&ド「「人質にしよう」」(ハモる)
 (手を取り合う)
黒&ド「「さ~すが悪党!!」」(完璧なタイミングでハモる)

という爆笑ものの相槌を打っている。仲いいなお前ら

関連タグ

起き上がりこぼし  ノラミャーコ ミニドラ ロボット養成学校

pixivに投稿された作品 pixivで「2112年ドラえもん誕生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2352

コメント