ピクシブ百科事典

2112年ドラえもん誕生

にせんひゃくじゅうにねんどらえもんたんじょう

『ドラえもん のび太の創世日記』と同時上映のアニメ映画。
目次[非表示]

概要

読切漫画『ドラえもん誕生』を下敷きに、漫画・アニメ『ドラえもん』における、主人公・ドラえもんの誕生秘話を描いたアニメ映画。監督米谷良知。同時上映は『ドラえもん のび太の創世日記』。

原作者が読者のツッコミにいろいろボケr・・・サービス精神の旺盛な人であり、読者の質問に答えているうちに(あるいは作品初期頃に激務に追われた時は、その対応をアシスタントに投げたこともあいまって)明らかに適当なのではという「設定」が溢れかえることになってしまった。その為その体系化をするために製作されたという。ついでに「漫画家はこんな無茶ぶりにも答えないといけないんだよ話」としての製作秘話も入る(起き上がりこぼしが云々といった話も収録)作品となった。

劇中で、大山のぶ代水田わさびのようなだみ声で話すことについてのアンサーとなるシーンがあり、そうなる前の元の黄色いドラえもんの声として横山智佐が起用されている。途中まで横山の声でとあるイベントの後から大山のぶ代の声になる。

尚、本作がザ・ドラえもんズのアニメデビュー作であり、来年以降の同時上映作に繋がる為、本作はドラえもんズの第0章にも位置するのかもしれない。

ざっくりしたあらすじ

漫画家の藤子・F・不二雄(冒頭のナレーションは本人である)は、新連載の漫画の主人公となるキャラクターのアイデアが出ずに迷っていた。相棒藤子不二雄Aと相談しても決まらず結局に帰った藤子はタイムマシンがあれば自分のアイディアを盗んで来られるのにとつぶやきつつそのうち眠ってしまう。

遥か未来2112年東京で、不慮の事故により少し不器用になった子守用ネコ型ロボット・ドラえもん(キャラクター)がガールフレンドのノラミャーコ他の変わり者のネコ型ロボットたちと出会ったり、ドラ焼きを好きになったり、偶然でセワシと劇的な遭遇を果たしたり、ネズミが嫌いになった挙句医療ミスで「性能以外は問題のない猫型ロボット」が「猫に見えない」姿になったり、黄色から青色へ変わったり、「妹」として製作されたサポートロボットドラミと運命の対面をしたり、そのドジと偶然で悪人を倒したりして最終的に20世紀のセワシの先祖である野比のび太を幸せにする理由が語られたりする。そして…

机の引き出しから、ドラえもんが飛び出した夢を見て驚いて目が覚めた藤子・F・不二雄。結局新連載の漫画のアイディアが思いつかないまま朝を迎え困っていると屋根に乗る猫、そして床に転がっていた起き上がりこぼしが視界に入る。そしてフッとアイディアが浮かぶ。さっそく製作に取り掛かると不思議と筆が進む。

そして書きあがった新しい漫画の主人公、そして作品の名前は…

備考

恐竜』のラスボスの恐竜ハンタードルマンスタインがゲストで登場している。彼らは24世紀の住人であり、かつてタイムパトロールに捕まったのだが、どうも脱獄したらしく、翼竜型のタイムマシンで2112年まで逃げ込んできたようである。
この二人こそドラえもんがポンコツになった原因であり、すべての元凶である。TPに追いかけられている最中に偶然近くにいたセワシを人質にするが、最後は誤って道具を使用したドラえもんより再びお縄に付く。
ちなみにセワシを捕まえる直前に

黒マスク「見たか今の」
ドルマン「子供ですか?」
黒マスク「ああ」
黒&ド「「人質にする!」」(ハモる) 
黒&ド「「さ~すが悪党!」」(完璧なタイミングでハモる)
 (手を取り合う)

というお笑いものの相槌を打っている。仲いいなお前ら

今作では横山智佐が黄色いドラえもんの声を担当しているが、1980年のテレビスペシャルでは高橋和枝が声を担当していた。

ドラえもんズの作品『ムシムシぴょんぴょん大作戦』は本作の番外編にあたる。

関連タグ

起き上がりこぼし  ノラミャーコ ミニドラ ロボット養成学校

関連記事

親記事

映画ドラえもん えいがどらえもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「2112年ドラえもん誕生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5270

コメント