ピクシブ百科事典

ムシムシぴょんぴょん大作戦!

むしむしぴょんぴょんだいさくせん

1998年に公開されたアニメ映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』と共に同時上映されたザ・ドラえもんズの3番目の映画作品。
目次[非表示]

概要

ドラえもんの派生作品であるザ・ドラえもんズの3番目の映画作品であり、1998年に公開された『のび太の南海大冒険』、『帰ってきたドラえもん』と同時上映された。
同作以降、ドラえもんズは感動短編との同時上映となるので、放映時間が2作目までの1/2の16分に減っている。
漫画は単行本4巻に掲載。
1995年に公開された『2112年ドラえもん誕生』の番外編(時系列的にはロボットオーディション直後~ドラえもんが野比家に就職するまでのインターバル)にあたる。

ストーリー

ロボット養成学校の卒業を控えた修学旅行を楽しんでいたザ・ドラえもんズ。
しかし最終日、寺尾台校長から「ムシロボットと2人1組で日没までに学校に辿り着く」という卒業試験を発表される。しかもひみつ道具は使用禁止で、失格者は落第。
ドラえもんズら、ロボット学校の生徒達は大慌てでムシロボットを選び、学校を目指すが、いつもマイペースなドラニコフが選んだのは、のんびりしたヤゴロボット。クラスメートのモモ達にからかわれつつ、仲間たちの危機を通りすがりに救いながらも、まったりと進んでいたが・・・。

ゲストキャラクター

  • モモ

CV:川上とも子
本作のヒロイン的な存在。
ドラえもんズとは、ロボット学校の同級生であり、コギャル風のロボット。二人の女子ロボット(CV:永島由子雪乃五月)と一緒にアメンボロボットとペアを組んでいる。
最初はドラニコフの事を馬鹿にしていたが、タガメロボ達に果敢に挑む姿を見て考えを改める。EDでは彼にキスした。

声 - 緑川光岩永哲哉
本作の悪役で、無駄に声優が豪華な3匹のタガメ型不良ロボット達。モモたちをナンパし、強引に迫る。「~じゃん」が口癖。映画ではキッド、マタドーラ、王ドラ、ドラリーニョの総攻撃で倒されたが、漫画ではドラえもんズ全員によって倒されている。
声 - 大友龍三郎
ドラえもん、キッド、ドラメッドを雁字搦めにしたクモ型ロボット。オカマ口調をしている。
声 - 田村ゆかり
ヤゴ型ロボット。ドラニコフとコンビを組む。ヤゴなので川を泳いで進むのだが、流れていく丸太よりも遅い。クモロボに捕らわれたドラえもん、キッド、ドラメッドや、渦潮に巻き込まれたマタドーラ、王ドラ、ドラリーニョを助けた。成長すると非常に速いスピードで飛ぶトンボ型ロボットになる。
プリマドンナのような外見の美しい蝶型ロボ。ドラえもんとコンビを組む。
スピード自慢の蜂型ロボ。キッドとコンビを組む。
ぐるぐると回転しながら飛ぶので、相方のドラメッドはてんてこ舞いしていた。
タイヤのように高速回転して突っ走る。ドラリーニョが玉乗りのように乗りこなした。
跳躍力に優れている。王ドラとコンビを組んだ。
パワー自慢だが少々小回りが悪い。マタドーラとコンビを組む。

関連タグ

ドラえもん 映画ドラえもん ドラえもんズ

500系新幹線:空中列車としてイミテーションが登場。

関連記事

親記事

映画ドラえもん えいがどらえもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ムシムシぴょんぴょん大作戦!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1941

コメント