ピクシブ百科事典

ハロー恐竜キッズ!!

はろーきょうりゅうきっず

大長編ドラえもんシリーズ第13作、のぶ代ドラ映画第14作の同時上映、ドラミちゃんシリーズの3作品である。
目次[非表示]

概要

大長編及びそれを原作とする映画ドラえもんの14作品目『のび太とブリキの迷宮』の同時上映として1993年に公開。ドラミが主役の作品であり、のび太しずかちゃんの孫の孫(のび太本人から数えて5代目、玄孫)であるセワシ達がタイムマシンで恐竜時代に行くというコンセプトは映画ドラえもん第1作品目の『のび太の恐竜』のドラミちゃんVer.とも言える。

ストーリー

セワシの住む高層マンションに鳥の巣を発見したセワシとその友達のミエ吉、アントンは鳥類恐竜の子孫か確かめるためにドラミと一緒にタイムマシンで白亜紀に出発する。 しかし、道に迷いタケコプターのバッテリーが切れ、歩いてタイムマシンの出入り口を探すうちに疲れ果てて恐竜の巣で寝入ってしまった。目覚めた時にセワシ達が発見したのは恐竜の卵だった。 子育てをする珍しい植物食恐竜、マイアサウラに食べ物を貰ったアントン達は恩返しに恐竜の卵を孵そうとするが…。

主なゲストキャラクター

ミエ吉
CV:山口勝平 
セワシの友人の一人。蝶ネクタイをしており、派手なパンツも着用。臆病だが恐竜に詳しい。

アントン 
CV:桜井敏治
セワシの友人の一人。大きな身体と優しい心の持ち主。
出演した桜井敏治氏は、ドラミも登場する『ザ・ドラえもんズ』にてドラニコフを演じた。

マイ助
CV:大谷育江
白亜紀でドラミ達一行が見つけた卵から孵化した雄のマイアサウラの赤ちゃん。「キューイ」と声を出している。

ジュラノシン
CV:二又一成
白亜紀において、恐竜を恐竜ハンターから守る環境保護ロボット。

登場する恐竜及び古生物


劇中の恐竜について

劇中に白亜紀後期の竜脚類としてウルトラサウルスが登場するが、ウルトラサウルスが生息していたと考えられていたのはジュラ紀後期であり、ウルトラサウルス自体も学名のスペル的には「ウルトラサウロス」という名前であり、更に現在ではスーパーサウルスブラキオサウルス化石が混合された状態で見つかった実在しない恐竜であることが判明している。 本来この白亜紀後期に生息していた竜脚類は、ティタノサウルス類に属するアラモサウルスだと思われる。

劇中に登場したトリケラトプスとティラノサウルスは、本来マーストリヒト期の恐竜であり、マイアサウラと同時期に生息していたのは、カスモサウルスセントロサウルスのような角竜や、アルバートサウルスゴルゴサウルス、そしてダスプレトサウルスのようなティラノサウルス科の大型の肉食恐竜とされる。
かつて走るスピードが速く、劇中でもマイ助の仲間達を助けるために、ドラミ達が囮になって、時速70㎞という猛スピードでドラミ達を追いかけたティラノサウルスのような大型の肉食恐竜。しかし、最近の研究結果では時速15㎞。つまり自転車の走る速さと同じぐらいだと考えられている。

関連タグ

映画ドラえもん  恐竜 ドラミ
セワシ マイアサウラ のび太の恐竜

関連記事

親記事

のび太とブリキの迷宮 のびたとぶりきのらびりんす

兄弟記事

コメント