ピクシブ百科事典

トリケラトプス

とりけらとぷす

中生代白亜紀後期の北米に生息した植物食恐竜の一種。
目次[非表示]

データ

白亜紀最後期の北米大陸に生息していた、角竜の代表格と呼べる恐竜。
名は「tri(3)+cerat(角)+opus(顔)」で3本角を持つ顔という意味で、和名は「三綺竜」。
その洗練された外見から人気の高い恐竜の一つで、ティラノサウルス・レックスに並ぶメジャーな存在としてメディアへの登場機会も多い。

最大全長9m、推定体重5~8t。
中生代を通して最大かつ最後のケラトプス科とされ、知られている限り最大の頭骨は、復元した長さが2.7mに達する。
眼の上と鼻面にある合計3本の角、後頭部が発達した襟飾り(フリル)が特徴。特に長く伸びた2本は強力な武器として機能し、仲間同士での争いや外敵への攻撃に際して使われた。フリルは頭骨の半分弱を占める巨大なもので、主として異性へのアピールに用いられていたほか、急所である首元をカバーする役割を担っていた。なお、角とフリルの形状および大きさは性別によって異なるとの見解もあり、一般には雄の方が巨大だったとされている。
嘴は猛禽類のそれを思わせる鉤状のもので、この嘴で硬い植物も噛み切り、デンタルバッテリー構造になっている鋭い奥歯で咀嚼したと推測されている。他の草食動物よりも幅広い種類の植物を食せるというアドバンテージは、同種の繁栄と大型化に少なからず寄与したことだろう。

かつては雄牛にも似たそのプロポーションから、猛烈な速度で駆けて角で突き刺す「突進」が主な攻撃スタイルだったとも推測されている。しかし突進の衝撃に鼻先の骨が耐えられないという検証結果もあり、外敵の懐に潜り込んだのち、頭を振り上げるようにして角を突き刺す(ないし擦過させる)攻撃スタイルが主だった可能性も高い。
仮に捕食者と真正面から対峙した場合は、緊迫感溢れる距離の詰め合いが展開されたかもしれない。

大きな群れを作って生活していたという話が一般に有名だが、これは近縁種の話であり、トリケラトプスそのものが大きな群れで生活していたかどうかは分かっていない。近年の発見から、(少なくとも亜成体が)群れを作っていたこと自体は確認されている。

頭部の化石の発見例は多いが、体の骨格がまともに残っていた例は少ない。それゆえ、全身がまとまって見つかった化石はかなり貴重である。
近年、胴体の皮膚の痕跡が広範囲に残ったミイラ化石が発見されている。この化石によると、腹面はワニに似た長方形のウロコで覆われ、背面にはモザイクタイル状の大きなウロコが並んでいたとされる。また、頭部全体が厚い角質で覆われていたとする説が話題になったが、実際には大きな鱗で覆われていたようだ。
余談だが、オスニエル・チャールズ・マーシュに最初に発見された角のみの化石(ゆえにトリケラトプスとは断定できない)は、当初その形状からバイソンの新種として命名された。

生態系上の立ち位置

マーストリヒト期のララミディア大陸において最も繁栄した恐竜の一つ。
化石の出土数がやたら多く、トリケラトプスを含む角竜類は当時生息していた恐竜のうち4割~8割を占めていた可能性が指摘されている。

同時期同地域にはトロサウルスと呼ばれる別種の大型角竜類が生息しており、同じようなニッチを占めていたと考えられている(トロサウルスとの関係は後述)。全く同じ時代の同じ地域に同型の大型草食動物が共存していた例は珍しい。

その体格と推定される攻撃力から、天敵は同地域の頂点捕食者であったティラノサウルス・レックスただ一種のみだったと考えられている。マーストリヒト期のララミディア大陸ではドロマエオサウルス類ナノティラヌスといった小型~中型の獣脚類も生息していたが、成体のトリケラトプスにとってはまず脅威にならなかった。
ティラノサウルスと被食・捕食の関係にあったのは確実視されるところであり、ティラノサウルスに噛みつかれたことで角がへし折れたトリケラトプスの頭骨や、骨が噛み砕かれたと思われるトリケラトプスの骨格などが発見されている。もっともトリケラトプスもただ黙って襲われていたわけではなく、化石の中にはフリルに噛み付かれた傷が治癒した痕がある(=ティラノサウルスに襲撃されたが、何らかの手段で生還したらしい)ものも発見されている。
ともあれ亜成体や病気の個体ならばいざ知らず、体重8tに及ぶ健康な成体のトリケラトプスを仕留めるのは、ティラノサウルスといえども容易いことではなかっただろう。

ティラノサウルスVSトリケラトプス



ジュニア・シノニム(同種異名)の問題

かつてトリケラトプス属には多数の種が含まれていた(時期によっても異なるが、1990年ごろの時点でのべ18種)が、1990年の研究で、トリケラトプス・ホリドゥス1種に統合(いくつかは「疑問名」に)された。この説は、アンテロープ類(ガゼルなど)や水牛では角の形態の個体差が大きい点、トリケラトプスの多くの種が、同じ時代の半径15kmほどのエリアから発見されている点に基づいている。
この説は日本でも大きく紹介され、根強く残っているが、現在ではT.ホリドゥスとT.プロルススの2種が有効とされている。

トロサウルスはトリケラトプスだったらしいですよ


また2010年前後、別の属「トロサウルス」(Torosaurus)として知られていた恐竜はトリケラトプスの老齢個体であるという説が提唱された。
この可能性は、成熟して年齢を重ねたトリケラトプスは後頭部のフリルが伸長すると共に元々薄かった部分が穴になり、トロサウルスの特徴とされていた長大で一対の大きな穴が開いたフリル(生前は軟組織でふさがっていたと思われる)を備えるに至る、という主張に基づくものである。
この説が提唱されたことで学名騒動が発生し、日本では「トリケラトプスがトロサウルスに統合され消滅する」といった誤った情報が流れたことは有名である(実際はトリケラトプスの学名(1889年命名)に先取権があるため、遅れて命名されたトロサウルスの学名(1891年命名)が消滅するというのが正しい)。

なお、トリケラトプスとトロサウルスに関する論争については、その後の研究によってやはり別種とする説が主流となっている。大まかにいうと、二種に見られる細かい形質的差異は研究を経てなお覆されず、また成長期におけるトロサウルスの頭蓋骨は、T. ホリドゥスおよびT. プロルススのそれとは異なる形態を保持しているとする統計解析結果が提出されたことなどが根拠とされる。

ちなみに、近年命名されたオジョケラトプスタタンカケラトプスはこれをトリケラトプス属に含める説がある。研究が進んだ暁には、トリケラトプス属の種数が再び増える日が来るかもしれない。

フィクションにおけるトリケラトプス

最も有名な草食恐竜の一つだけあって、創作作品への出演は数多い。騎士のようにも見える外見から、物語の主役に抜擢されることもしばしばある。
キャラクターとしての立ち位置は多様で、暴君に立ち向かう勇猛な恐竜、外見は厳ついが温厚で優しい癒し系、異常なまでに狂暴な暴走列車など、まさに千差万別。

同時代に生きたティラノサウルスとの共演は、恐竜を題材とした作品ではお約束の一つと言えるほどメジャー。ただ、ティラノサウルスとの決闘における戦績はあまり良くないというウワサもある。恐竜を元にしたロボではあるが、スペックにおいてティラノサウルス型を凌ぐとされたグラントプスマッドサンダー(ただし相手はモチーフと無関係の武装が売り)は貴重な例外であろう。

絵本では、黒川みつひろ氏の「トリケラトプスシリーズ」が有名。1990年代から20年以上続いているシリーズで、雄のトリケラトプスとその息子を主人公とする物語である。

特撮作品においてはグランザイラストライセラトップス・ドーパント恐竜武人ライジャアキャンバーなど、通常怪人より強力な幹部クラスに割り当てられることが多い(ただしライジャは宿敵ティラノサウルスの化石から生まれたディノザーラに同じ恐竜として気が合うと言っており、登場作ではモチーフは重視されていない)。

トリケラトプスを摸した拳法であるトリケラトプス拳は、驚異の破壊力を誇るという。

ジュラシック・パークシリーズ

シリーズを通して「トライク(Trike)」の愛称が用いられている(種としての呼び方で、個体別の愛称ではない)。
あまり知られていないが、ティラノサウルス、ヴェロキラプトルらと並んでシリーズ皆勤という誉れ高い称号を持つ恐竜。主役級の活躍こそないが、シリーズを通して一定の存在感を見せる。

生息数は「サイトA」である「イスラ・ヌブラル島」にて1993年時点で3頭、1994年時点で2頭、「サイトB」である「イスラ・ソルナ島」にて1993年時点で10頭。

ジュラシック・パーク

イスラ・ヌブラル島の「ジュラシック・パーク」で誕生、飼育されていた3頭の雌個体のうち1頭が登場。
体色は黒ずんだ錆色で、全長5mほどの亜成体と推測される。有毒植物である西インドライラックを食したことによる病気で倒れており、ゲリー・ハーディングによって介抱されていた。

トリケラトプスを見た主人公のアラン・グラントは、「一番好きな恐竜だ」と語った。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

イスラ・ソルナ島に生息していた成体と子供が登場。
生息地は異なるが、体色は第一作に登場した個体と共通している。
インジェン社に雇われたハンターに捕獲され、ベースキャンプ付近にて檻に入れられていた。

後に主人公らによって解き放たれた際は、インジェン社が使っていたテントやプロジェクターを破壊し、ジープをひっくり返して樹上へと投げ飛ばすなど大暴れした。その後の消息は不明だが、恐らく野生に帰ったと思われる。

ジュラシック・パークIII

イスラ・ソルナ島に生息していた群れが登場。
全長10.6m、体高4.6mと異様なまでの巨体に設定されている。トリケラトプスは全長に占める胴体の割合が大きいため、同作に登場した若いT-REXやスピノサウルスにも全く引けを取らないほどの体格を誇る。
データはDVD特典映像およびサイズチャート、公式パンフレットを典拠とする。

本編ではイスラ・ソルナ島の上空を飛ぶ飛行機(N622DC)の眼下に広がる草原にチラッと移る程度。残念ながらその恵体を生かすシーンは全くなかった。なお、このシーンでは子供を含めて11頭が確認でき、1993年時点から更に個体数が増えている模様。

ジュラシック・ワールド

イスラ・ヌブラル島に建設された「ジュラシック・ワールド」で飼育されていた個体が登場。
公式サイトによると、全長9m、体高3m、体重10t。年齢不明。

成体は「トリケラトプス・テリトリー」というジャイロスフィア専用エリアに、幼体はメインストリート沿いのふれあいコーナーに生息しており、巨大だが危険度は低い草食恐竜として「ジェントル・ジャイアント」の名で親しまれていた。
中盤に翼竜園から翼竜が脱走した際は、幼体がプテラノドンに掴まれて連れ去られそうになる一幕がある(だが如何せん重すぎたようで飛び上がれず、結局解放されている)。

Jurassic Park:The Game

2011年にSteamなどを通して発売された、1993年の「ジュラシック・パーク」事件直後のイスラ・ヌブラル島にて繰り広げられる物語を描いたPCゲーム。
製作にユニバーサル・ピクチャーズが直接関わっているため、映画版の時系列において正史として扱われている。

ヌブラル島に生息していた3頭のトリケラトプスが登場。初めに孵化したトリケラトプス(=アルファ)にして、3頭の群れのリーダーおよび母親的存在である「レディ・マーガレット(Lady Margaret)」、その娘的存在である「バキタ(Bakhita)」と名付けられた幼体にスポットが当たる。バキタは比較的人間に慣れている描写があり、第一作で介抱されていた亜成体のトリケラトプスと同一個体の可能性がある。

本編時点ではバナナの匂いに誘われたバキタが電流の切れたゲートを破って囲いから飛び出し、道を塞いでいた。ゲートの中に誘導するためにクラクションを鳴らしたところ、リーダーであるレディ・マーガレットが出現。マーガレットによってジープが撥ね飛ばされ破壊されるアクシデントが発生した。その後、マーガレットは得物を求めて現れたティラノサウルスのレクシィと激突し、壮絶な一騎打ちを繰り広げる。
バキタおよびマーガレットのその後の消息は不明。

Jurassic World Evolution

ジュラシック・ワールド/炎の王国』のタイアップ作品となるテーマパーク建設シミュレーションゲーム『Jurassic World Evolution』にも登場。
ベースデザインは『ジュラシック・ワールド』に登場した幼体のそれに近い。

全長9m、体高3m、体重12t。
ベースステータスはATTACK:90、DIFFENCE:30、LIFESPAN:73、RESILIENCE:23。攻守の合計ステータスは120とケラトサウルススコミムスを上回る値で、捕食者と戦闘が発生する草食恐竜の中では最強の種である。
ちなみに、捕食者との戦闘で勝利する際は首を角で貫いて即死させるというR-18待ったなしの戦法で撃破する。



トリケラトプスをモチーフとしたキャラクター

スーパー戦隊シリーズ

仮面ライダーシリーズ

その他特撮

トランスフォーマー

勇者シリーズ

その他

関連タグ

트리케라톱스
角竜 カスモサウルス トロサウルス ティラノサウルス
トリケラトプス拳(バキシリーズ):範馬刃牙ピクルとの闘いで見せた技。

pixivに投稿された作品 pixivで「トリケラトプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 302430

コメント