ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
トライセラトップス・ドーパント
13

トライセラトップス・ドーパント

13

とらいせらとっぷすどーぱんと

特撮ヒーロー番組「仮面ライダーW」第21-22話に登場した怪人・ドーパントの一体(メイン画像右側のキャラクター)。

「地獄から戻ってきたのさ。お前達を迎えに!」


データ

身長232.0cm
体重222.0kg
特色/力自らの体細胞を変化させて生成したダイノソアクラブ(こん棒)による攻撃、ガイアメモリのエネルギーを凝縮発射するエネルギー光弾、巨大化
登場話第21話『還ってきたT/女には向かないメロディ』〜第22話「還ってきたT/死なない男」

概要

冤罪で殺害されたはずの風都署の刑事・溝口正輝と思われる人物がトライセラトップスメモリを左の太腿に挿して変身したドーパント

身体から生成した巨大な棍棒「ダイノソアクラブ」と紫のエネルギー弾が武器。


外見

紫(ピンク?)のトリケラトプスの怪人だが、眼が存在せず角も2本しかない。最もトライセラトップスメモリが角竜全般の記憶を内包しているともとれる。

巨大化すると前足の無い2足歩行のビッグ・トライセラトップスになる。



正体(ネタバレ注意!!)



































「私は復讐する。このメモリの力を使って」


CV/人間態:木下あゆ美


その正体は、風都署刑事である溝口正輝(演:白井圭太)の恋人だった女刑事・九条綾が変身したドーパント。

かつてはロサンゼルス市警で活躍していたキャリアウーマンで、性格も明るい好人物であり、風都超常犯罪捜査課に所属となった。


過去に溝口が失踪事件に乗じて汚職していた同僚の阿久津憲(演:大高洋夫)と氷室強(演:村岡弘之)を糾弾するも、逆に自身が濡れ衣を着せられて殺害された事が今回の事件の動機となった。


メモリを手に入れて以降は溝口に成り済まして彼を殺害した悪徳刑事達を次々に始末。

正体を明かした照井らに自首するまでの猶予を与えられるが、綾の精神はメモリの毒素による汚染が進んだ影響で溝口を救わず見捨てたとして風都そのものに憎悪の矛先を向け、照井の家族の仇を騙って資材を落としただけでなく、ビッグ・トライセラトップスに巨大化して風都タワーの破壊に向かおうとする。


照井「復讐に飲まれた悲しい女…俺が救ってやる」


だが、ボロボロになりながらも生きていた照井が変身した仮面ライダーアクセルガンナーAが合体したアクセルガンナーによって阻止、メモリブレイクされた。


照井「お前の心は…俺が背負って生きる」


照井のその言葉を聞いた綾は、安らかな表情で眠りについた。

尚、作中で彼女が吹いていた口笛の楽曲は本作の挿入歌である「Cyclone Effect」(サイクロンジョーカーのテーマソング)。


余談

ヒートメタルには劣勢だったが、ファングジョーカーは逆に圧倒していた。

声及び人間態を演じたのは「特捜戦隊デカレンジャー」で同じく刑事の礼紋茉莉花/デカイエロー役を演じた木下あゆ美女史である。

木下女史は「デカレンジャー」終了後にテレビ東京で放送された深夜ドラマ「怨み屋本舗」シリーズで法で裁かれなかった悪事への復讐を代行する闇業者も演じており、九条綾の「復讐に燃える刑事」という役柄は、復讐の動機も相まってある意味女史にとってピッタリな配役ともいえる。


このエピソードが坂本浩一のライダー初登板回である。


ちなみにBDコレクションのガイドブックによると、新たに超常犯罪捜査課に配属された肝煎りの刑事だった彼女がドーパントだったというこの一件が尾を引いているのもあって、超常犯罪捜査課のメンバーは初期の照井、刃野、真倉の三人以上の増員がされていない模様。(この三人で実際に課が回っているというのも大きいのだろうが)

数年後の『風都探偵』では、科学者5名を擁するサポートチームが組織されていたものの、裏切者の存在が発覚し解散に追い込まれている(その後、残った4人は照井個人を支援する民間組織として再出発した)。


ダイノソアクラブは後に仮面ライダードレッド参式の武器、ブラッディーDOに流用されている。


関連タグ

特撮 仮面ライダーW 怪人 女怪人 ライダー怪人 ドーパント トリケラトプス

哀しき悪役 復讐者


関連・類似キャラクター

「地獄から戻ってきたのさ。お前達を迎えに!」


データ

身長232.0cm
体重222.0kg
特色/力自らの体細胞を変化させて生成したダイノソアクラブ(こん棒)による攻撃、ガイアメモリのエネルギーを凝縮発射するエネルギー光弾、巨大化
登場話第21話『還ってきたT/女には向かないメロディ』〜第22話「還ってきたT/死なない男」

概要

冤罪で殺害されたはずの風都署の刑事・溝口正輝と思われる人物がトライセラトップスメモリを左の太腿に挿して変身したドーパント

身体から生成した巨大な棍棒「ダイノソアクラブ」と紫のエネルギー弾が武器。


外見

紫(ピンク?)のトリケラトプスの怪人だが、眼が存在せず角も2本しかない。最もトライセラトップスメモリが角竜全般の記憶を内包しているともとれる。

巨大化すると前足の無い2足歩行のビッグ・トライセラトップスになる。



正体(ネタバレ注意!!)



































「私は復讐する。このメモリの力を使って」


CV/人間態:木下あゆ美


その正体は、風都署刑事である溝口正輝(演:白井圭太)の恋人だった女刑事・九条綾が変身したドーパント。

かつてはロサンゼルス市警で活躍していたキャリアウーマンで、性格も明るい好人物であり、風都超常犯罪捜査課に所属となった。


過去に溝口が失踪事件に乗じて汚職していた同僚の阿久津憲(演:大高洋夫)と氷室強(演:村岡弘之)を糾弾するも、逆に自身が濡れ衣を着せられて殺害された事が今回の事件の動機となった。


メモリを手に入れて以降は溝口に成り済まして彼を殺害した悪徳刑事達を次々に始末。

正体を明かした照井らに自首するまでの猶予を与えられるが、綾の精神はメモリの毒素による汚染が進んだ影響で溝口を救わず見捨てたとして風都そのものに憎悪の矛先を向け、照井の家族の仇を騙って資材を落としただけでなく、ビッグ・トライセラトップスに巨大化して風都タワーの破壊に向かおうとする。


照井「復讐に飲まれた悲しい女…俺が救ってやる」


だが、ボロボロになりながらも生きていた照井が変身した仮面ライダーアクセルガンナーAが合体したアクセルガンナーによって阻止、メモリブレイクされた。


照井「お前の心は…俺が背負って生きる」


照井のその言葉を聞いた綾は、安らかな表情で眠りについた。

尚、作中で彼女が吹いていた口笛の楽曲は本作の挿入歌である「Cyclone Effect」(サイクロンジョーカーのテーマソング)。


余談

ヒートメタルには劣勢だったが、ファングジョーカーは逆に圧倒していた。

声及び人間態を演じたのは「特捜戦隊デカレンジャー」で同じく刑事の礼紋茉莉花/デカイエロー役を演じた木下あゆ美女史である。

木下女史は「デカレンジャー」終了後にテレビ東京で放送された深夜ドラマ「怨み屋本舗」シリーズで法で裁かれなかった悪事への復讐を代行する闇業者も演じており、九条綾の「復讐に燃える刑事」という役柄は、復讐の動機も相まってある意味女史にとってピッタリな配役ともいえる。


このエピソードが坂本浩一のライダー初登板回である。


ちなみにBDコレクションのガイドブックによると、新たに超常犯罪捜査課に配属された肝煎りの刑事だった彼女がドーパントだったというこの一件が尾を引いているのもあって、超常犯罪捜査課のメンバーは初期の照井、刃野、真倉の三人以上の増員がされていない模様。(この三人で実際に課が回っているというのも大きいのだろうが)

数年後の『風都探偵』では、科学者5名を擁するサポートチームが組織されていたものの、裏切者の存在が発覚し解散に追い込まれている(その後、残った4人は照井個人を支援する民間組織として再出発した)。


ダイノソアクラブは後に仮面ライダードレッド参式の武器、ブラッディーDOに流用されている。


関連タグ

特撮 仮面ライダーW 怪人 女怪人 ライダー怪人 ドーパント トリケラトプス

哀しき悪役 復讐者


関連・類似キャラクター

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. 自称・保護者の騎士様が後方腕組み彼氏面で私(聖女)のお見合いを邪魔してきます!

    読む▶︎
  2. あの日助けた幼い兄妹が、怒濤の勢いで恩返ししてきます

    読む▶︎
  3. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー