ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

気になるケミーが多過ぎる 【仮面ライダー】


かつて冥黒王ギギストが創造したガイアードドラゴナロスを起源とし、万物を模して『ガッチャード』世界の錬金術で造られた、101体の人工生命体


生きた錬金術とも呼べる存在であり、個体ごとの多種多様な能力を持つ他、自らの重さの操作などが出来る模様。

ウロボロス界にて「ライドケミーカード」の状態で九堂風雅に管理されていたが、ガッチャードライバーを奪わんとする冥黒の三姉妹の襲撃の際にこの世に解き放たれてしまった。


外見は千差万別だが、両眼やライト、センサーにあたる部分は複眼になっており、身体の何処かに矢印の意匠があるのが共通した特徴。

錬金術により生み出されたためか、メカニッカニ(カニ+メカ)、ギガロドン(メガロドン+戦艦)などいくつかのケミーは複数の要素を持つ。

また、どこぞのモンスターよろしく、自分の名称を元にした鳴き声で感情を表現する(ホッパー1は「ホッパー!」、スチームライナーは「スチーム!」等)。

なお、クロスウィザードズキュンパイアニジゴンは登場人物たちと流暢に会話しているが、彼ら以外は鳴き声以外の台詞を発している描写は今のところ見られない。

また、アントルーパーヴェノムダケ等複数で一体を構成する個体もいるが、自我は一つに統合されている。


極々稀だが自らを再錬成し、新たなケミーへと進化することも可能(マッドウィールマッハウィール、スチームライナー→テンライナーなど。しかし後者は持ち主の錬金術によるもの)。またホッパー1→クロスホッパーのように後述のレベルナンバー10のケミーの力を借りる形でも再練成による進化が可能。一度進化すれば、ケミー本人の意志で進化前後の姿を切り替えることができる。


人間の強い感情に惹かれやすい特性を持っており、善意と響き合えば心強い仲間となるが、悪意と結合することで人間を媒介に怪人マルガムを生み出し災いを振り撒いてしまう、人の心次第で善にも悪にもなる表裏一体の存在である。

公式によるとマルガムは暴走して意識を失ったケミーが悪人に憑依してしまった状態であるらしく、身体の構造としては質量を持ったエネルギーであることが窺える。


性格もケミーによって異なるが、純粋な存在であるが故に基本的に好奇心旺盛で加減を知らないため、第1話で解放されてしまった多くのケミーが縦横無尽に暴れ回り、無意識の内に人間社会を混乱させてしまっていた。


流暢なコミュニケーションができるケミーや再練成の姿があるケミーは物語の中でも特に影響が大きいケミーたちでもあり、登場人物やケミー自身の成長を描く物語にとって重要な役割を果たしている。



一覧編集

ケミーは種類やモチーフによって以下の11属性に分ける事ができる。


一覧についてはライドケミーカードや各項目、下記の関連動画を参照。


ケミーの掟編集

錬金術師達の間では、ケミーの掟なるものがある模様。

劇中で判明したものは以下の通り

  • ケミーは悪意に触れさせてはならない(第1話)(※1)
  • ケミーを目撃した者の記憶・記録はすべて消し去るべし(第1話)(※2)
  • レベルナンバー10を支配してはならない(第11話)(※3)
  • 新たなケミーを一から錬成してはならない(第42話)(※4)

※1:前述の通り、マルガム化して多大な被害を出す危険性がある為。


※2:ただし、ある程度の調節はできるらしく、第15話ではミナトの独断でエックスレックスの写真(ピントが合わずブレているが)のみ残される形となった。また、錬金術師以外でも仮面ライダーは適用外らしく、ギーツライダー達やカグヤは特に記憶抹消されてる描写はない(ただ前者は他三名はともかく一名が錬金連合の調査官が昔からの関係者、後者は異世界人だから特に支障がないと判断されて適用されてない可能性がある)


※3:いずれも強大な力を持っており、絆を結んだり認めてもらう以外の方法で強引に支配しようとしても支配する方によほどの力がないと簡単に逃げられたり反抗される為。文脈的には「してはならない」というよりは「しようとしてもできないよ」が正しい。


※4:たとえ人工と言えど強い感情に引き合う性質を持つのは変わらないため、もし研究中に何らかの原因でマルガム化してしまえば更なる被害を及ぼす可能性もあるからである。


亜種編集

レプリケミー編集

冥黒の三姉妹が作り出したレプリケミーカードに封じられた、ケミーの姿と性質をコピーして生み出された模造ケミー。


全体的にカラーは暗めで、目元に怪しく光っている様なエフェクトが付いており、不気味な印象を持たせる。

基本的に模造したケミーとそっくりの姿だが、レプリスチームライナーなど、変身やフォームチェンジに使う個体は姿が異なる。


ケミーの兄弟やクローンとも呼ぶべき存在で意思もあるが、単なる道具として複製されたため自我が薄いだけでなく、使用者である仮面ライダードレッドにエネルギーを吸い付くして利用されるだけの生け贄にされており、使われるたびに絶命している。


デイブレイクケミー編集

仮面ライダーガッチャードデイブレイクが使用するデイブレイクケミーカードに封じられたケミー。


基本的には通常のケミーと同じ姿だが、全体的に赤やオレンジ色に染まっており燃えているような見た目になっている。


ガッチャードデイブレイクは既に101体目のケミーを除いた全てのデイブレイクケミーと絆を結んでおり、この点から上記のレプリケミーとは違い、明確に意思があるケミーだと思われる。


レジェンドライダーケミー編集

仮面ライダーレジェンドが使用するレジェンドライダーケミーカードに封じられたケミー。


歴代仮面ライダーの力を抽出したもので、ライダーのモチーフが反映された姿をしている。


『ガッチャード』世界のケミーとは異なる存在だが、ガッチャードにも使用可能。


新種のケミー編集

金剛ラボラトリーが錬金連合の目から隠れて研究・錬成を行っている人工のケミー。


上記の通り、一部のケミーは複数の要素を合わせた容姿をしているが、それ以上に異なる要素がガッチャンコしたような、どの属性にも当てはまらない姿を持つ。


裏でグリオンと繋がっていた錬金連合の不信感から、10年もの間、研究が続けられてきたが成果を上げられず、不完全ながらも錬成できたのはカメドーンのみと実用化には程遠い。


サブタイトル編集

サブタイトルにはその話に登場する個体か、メインを飾るケミーの名前が入る法則性がある。

初期はストレートに名前が入っていたが、ストーリーが進むにつれて凝った形で挿入される事が多くなっている。

第33〜35話は、レジェンドライダーケミーカードとして、レジェンドライダーのケミーの名前が含まれている。


話数サブタイトルケミー
第1話ガッチャ!ホッパー1ホッパー1
第2話追跡、錬金、スケボーズスケボーズ
第3話ブシドー、見つけたり。アッパレブシドー
第4話アントルーパー・ラビリンスアントルーパー
第5話燃えよ!斗え!レスラーGレスラーG
第6話超A級☆ネジれスターホークスター
第7話さよならサボニードルサボニードル
第8話グレイトなきずなグレイトンボ
第9話ダッシュで京都!修学旅行!ゴルドダッシュ
第10話炎の京都!〜悲恋・ケミー雷電事件〜ライデンジ
第11話キャッチ!スパイだ!?ライダー失格!?キャッチュラ
第12話暴走ライナー!暗黒ライダー!スチームライナー
第13話とりもどせ!ユージョー×フォーエバー!ユーフォーエックス
第14話パクっとレックス!キケンなエックスエックスレックス
第15話掴めハッピー!輝けガッチャリバー!ハピクローバー
第16話クライシスXmas!オロチ事変ジャマタノオロチ
第17話ムーンブレイク・メッセンジャーネミネムーン
第18話駆け抜けろ!進化のファイヤーロードタイムロード
第19話りんねの夜明け!変身・マジェード!ヨアケルベロス
第20話微笑む天使(エンジェル)、笑えぬ真実エンジェリード
第21話マッドウォリアー!黒炎のヴァルバラド!マッドウィール
第22話愛は刃(サーベル)!ケミー・ストーリーは突然にサーベライガー
第23話いつも心にズッキュンズキュンパイア
第24話直下!禁断の鋼鉄ライダー!テンライナー
第25話若きセンセイの過ちゴリラセンセイ
第26話悪意をハバム、漆の風(ウインド)ギガバハム/クロアナ
第27話ガッチャ!クロスホッパークロスホッパー
第28話ベロベロ怪奇!蓮華の里帰りベロソル
第29話この村は泣いているナインテイル
第30話ライバル上!?ガッチャとジュリエットザ・サン
第31話闇のふたり、互いを信じて。マックラーケン
第32話現る大王!人形たちのジレンマダイオーニ
第33話伝説(レジェンド)ライダー?100年早いな!レジェンドケミー
第34話オンリーワン!全ての道はゴージャスに通(ツー)アークワンケミー/ゼロツーケミー
第35話ゴージャスタイム!レジェンダリーは終わらないレジェンダリーレジェンドケミー/ナンモナイト
第36話ケミーの起源(キゲン)!我は理解するゴキゲンメテオン
第37話ホッパー1とたからものホッパー1
第38話の彼方にニジゴン
第39話ガッチャ完(カン)了!クライマックス101!オジーラカンス/パクラプター
第40話邪悪降臨!三倍(バイ)偉大な冥黒王スタッグバイン
第41話神の模造品(トレース)、虹の祝福(グレイス)!テンフォートレス
第42話レッツ捜索!102体目と兄の想いパイレッツ
第43話愛・哀・AI?憎しみを消(ケ)すケスゾー
第44話ディープな記憶が開くときディープマリナー
第45話運命の出会い、愛憎分岐点(ジャンクション)!ジャングルジャン
第46話黒き占星、黒鋼の宣誓ゴリラセンセイ


余談編集

  • 名前の由来は英語で錬金術を意味する「alchemy」。

  • 作品の展開上「ケミーを悪者にしない(対象年齢である子供たちに好かれるために)」という暗黙の了解があり、(消耗品の道具として酷い扱いがされるレプリケミーのみが例外だがどちらかというと被害者側)その結果怪人に変身する人間達の殆どが救いようのない自己中心的な連中だらけ(怪人に変身してない者にも似たような者も存在する)となっており、その治安の悪さは風都にも匹敵しかねないほど。 参考:世紀末ゲーム

  • 様々なモチーフをキャラクター化するに辺り、鳴き声で感情を表現できる声優がキャスティングされている。
    • 声優だけでなく、今作の登場人物を演じる俳優陣や制作陣が兼任している場合もある。

  • 監督曰く、「ケミーはポケモンという認識で間違いない」とのこと。

  • ケミー達のCGは東京コミュニケーションアート専門学校の学生に協力してもらい、産学連携プロジェクトの一環として制作してもらったとのこと。
  • ケミーのマルガムになる設定には仮面ライダーWのメインライターである三条陸が制作協力している。

関連動画編集

ガッチャ!101ケミー


関連タグ編集

仮面ライダーガッチャード 錬金術(仮面ライダーガッチャード)

ライドケミーカード


外部リンク編集

ケミー図鑑

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 935611

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました