ピクシブ百科事典

メガロドン

めがろどん

古代(新生代の中新世から鮮新世)の海に生息していたとされる鮫。ネズミザメ目ネズミザメ科メガロドン属に分類される。
目次[非表示]

(その名をドメイン名に冠したネットサービスについてはウェブ魚拓メガロドンを参照。)

概要

学名はCarcharodon megalodon(カルカロドン・メガロドン←こちらはホホジロザメ属の意味)、もしくはCarcharocles megalodon(カルカロクレス・メガロドン←こちらが広く一般的に使われる属名)。
約2300万年前から約260万年前の海に棲息していた巨大な顎を持つ大型の。ホオジロザメとは、遠縁とされる説や近縁説があるが、最近の研究では遠縁説が主流である。

軟骨魚類であるため、顎と歯の化石しか現存せず実際の姿形や大きさは類推するしかないが、ホオジロザメなどを参考に算出した最大個体のサイズは10m説、13m説、20m説(類推なのでこれだけのふり幅が存在する)。

2018年の段階での説は最大10m程としており、ダンクルオステウス(近年では6m~8m程とされている)より一回り大きいとされており、これは現生のシャチの最大個体とほぼ同じ全長である。

Otodus


一方、メガロドンの祖先の可能性がある「Otodus obliqqus」には断定はできないが最大9~12mという推測があり、プレデターシャークとしてはこちらの方が大型だった可能性もある。

  • 日本にもいたシャチの古代種「Orcinus paleorca」は現在のシャチよりも大きかった可能性もある。

獰猛な肉食性だったと思われ、当時のクジラ類を獲物にしていたと言う仮説も存在する。だが、サメは浮袋を持たないため巨大化するほど遅くなるという説が存在し、軟骨魚類故に防御力にも優れていない。また、ホオジロザメにとって鯨類のエコーロケーションは厄介なものとされているため、進化した鯨類がエコーロケーションを確率させたとしたら、なおさら手こずらされた可能性もある。

あくまでも小型で遊泳力に乏しい・水中における探知・戦闘力が優れていなかったかもしれない進化途上のクジラ類に限定されるのかもしれないし、(ティラノサウルスにも言われているように)スカベンジャーだったかもしれないからあのサイズを維持できたのではないかという指摘もある。

絶滅の原因

温暖な海の範囲が狭まり、獲物が減った事で絶滅したとする説が定例だったが、2017年に「寒冷化に伴う生態系の大規模崩壊」に巻き込まれて絶滅したと発表されたこともあり、近年は異なった複合的な要因が見なされている。

  • 寒冷化はメガロドン自体にはそこまで影響を与えなかった説(実際、寒冷期の極地付近からもメガロドンの化石が発見されている)
  • クジラ類の進化 (大型化・高速化・水中能力の向上)。
  • リヴィアタン・メルビレイシガマッコウクジラ、シャチなどを含むより進化したハクジラ類とホオジロザメの出現により、世相に付いていけなくなり生存競争に敗れた。

ちなみに、大型種が絶滅し小型種が生き残る例も、本州ヒグマツキノワグマ、ジャイアントバイソンアメリカバイソンなど往々にしてある現象である。大型生物は、気候変動もそうだが、人間や他の動物や植物の流入、それらが持ち込んだウィルスなどに曝されやすく、真っ先に絶滅してしまうことが目立つ。

その他

不確かなが近年後を絶たない。
映画『ジョーズ』から始まったサメ映画のヒットによって、UMAとして注目の的になっており、SF・パニック作品において格好の題材となっている。ただし、ネットに出回っている動画などはデマである(映像作品などの流用など)と判明していて、駿河湾オンデンザメがメガロドンと紹介されていることもあった。

因みに本種の歯の化石は日本各地の寺院で「天狗の爪」と称され、寺宝として保存されている事がある。また、大蛇の舌と考えられたこともあった。
なお歯の化石は日本だけでなく世界各地で多数発見されており、かの時代においての個体数の多さが伺い知れる。

関連項目

 ネズミザメ ホホジロザメ
古生物 リヴィアタン・メルビレイ シャチ
MEGザ・モンスター ジュラシック・ファイト・クラブ

関連記事

親記事

ネズミザメ ねずみざめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガロドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209478

コメント