2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジョーズ

じょーず

『ジョーズ』(Jaws)とは、1975年公開のアメリカのパニック映画。英語で「顎」を意味する。
目次[非表示]

概要

ピーター・ベンチリーの小説を原作とし、当時28歳のスティーブン・スピルバーグが監督を務めた、1975年公開のアメリカ映画
平和なビーチを襲う巨大人食いホホジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描く。また、観光依存、人命より経済が優先される資本主義の問題に一石を投じる社会風刺映画としての側面も持っている。

世界中で大ヒットし、スピルバーグの名前を全世界に知らしめた一作であり、その後、二匹目のドジョウを狙った動物パニック映画(サメ映画の記事を参照)が乱発されることとなった。

あらすじ

アメリカ東海岸の田舎町・アミティ。若い女性の惨死体が海岸に打ち上げられ、鮫の仕業だと睨んだ警察署長のマーティン・ブロディはビーチを閉鎖すべきと主張するが、観光資源が町の経済の多くを担っている為、市長は聞く耳を持とうとしない。

そうする内に少年が第2の犠牲者となり、その両親が懸賞金をかけたことでアメリカ中から賞金稼ぎが押し寄せる騒ぎになる。そして1匹のイタチザメが捕獲された事により、市長は事態の収束を宣言するが、ブロディはイタチザメの口のサイズが被害者の傷跡より小さいことから、まだ事件は終わっていないと確信。海洋学者フーパーと共に調査した結果、「真犯人」は巨大なホホジロザメだと突き止めた。

だが市長はその報告も無視して海開きを強行。そしてブロディが恐れていた通り、ホホジロザメが観光客を襲う最悪の惨劇が発生してしまう。ブロディはフーパーや、地元のベテラン漁師のクイントと共に、この巨大な海の怪物退治に乗り出してゆく。

登場人物

  • マーティン・ブロディ(演: ロイ・シャイダー)

ニューヨークからアミティに赴任して間もない警察署長。「人喰い鮫」への対策を提言するが、事なかれ主義の市長に弾かれてしまう。4人目の犠牲者が出てようやく鮫退治の許可を得るが、幼少時のトラウマから海が苦手で、船上ではクイントやフーパーと違って鮫の強大さに狼狽えるばかりだった。しかしオルカ号が沈められ、クイント、フーパーらが次々と鮫の餌食になっていく中、最後には勇敢に鮫へ立ち向かった。
数年後にも再び鮫に立ち向かい、これを退治するが、『'87』の時点では心臓発作で死去。『3』で息子の勤務する水族館が人喰い鮫に襲われたと聞いたショックのせいであった。
さらに『'87』では次男を鮫のせいで失うこととなり、家族共々人生の最期まで鮫に翻弄されることとなる。

  • クイント(演: ロバート・ショウ)
アミティの荒くれ漁師。鮫狩りの達人だが、自分勝手で強情。第2次大戦中に乗員として乗り組んでいた重巡洋艦インディアナポリス号が沈没、仲間と共に5日ものあいだ人喰い鮫の蠢く海域で取り残されていた過去があり、鮫の恐ろしさを誰よりも知っている。
賞金で雇われ、ブロディやフーパーも乗せたオルカ号で鮫退治に乗り出すが、船に乗り上げてきた鮫に噛み付かれ、血を吐きながら派手に喰い殺されるという最期を迎える。
原作小説では、鮫に打ち込んだ樽のロープが絡まって海に引きずり込まれてしまい溺死するという最期。そもそもが『白鯨』へのオマージュ色の強い原作小説においてクイントのキャラクター及びこの最期はその最たる例(あえて悪い言い方をすればエイハブ船長ほぼそのまんま)であり、映画版の最期はそれを払拭する為の変更……
……ではなく、実は後述の事情でフーパーが生存ルートを行く事になったのと引き換えにサメに喰われて死ぬ役の御鉢がクイントに回って来てしまった結果だったのだとか。

  • マット・フーパー(演: リチャード・ドレイファス)
ブロディに協力する海洋学者。遺体を検視して、襲ったサメの種類を特定するなど基本的には学術的知識を元に行動するが、大胆な発想や行動力もある。オルカ号には研究も兼ねた機材を持ち込み、経験と勘を頼りにするクイントとは反りが合わない。

原作では鮫に直接毒を打ち込もうと水中に潜るも、防護ケージを破壊されて喰い殺されてしまったが、映画版では奇跡的に生還した。若干幸運が過ぎる無理がある変更の様にも感じるかも知れないがこれにはこんな事情があった。
実はスピルバーグから本物(野生)のサメの映像を発注されていた水中カメラマンが発注通りの映像と共に、偶々撮影出来てしまった『防護ケージの天面に乗り上げてしまい大暴れしてるサメ』という狙ったって撮れない奇跡ショットというオマケまで送って来てしまった。それは当初予定通りにフーパーが喰い殺される展開では矛盾が生じてしまう内容ではあったが、使わないのも勿体なさ過ぎるものであった為、フーパーは生き延びさせて上述の通り代わりにサメにはクイントを食べて貰う展開に変えたのだとか。

『2』にも名前のみ出てくるが、この時は南極で仕事中だったため駆けつけられなかった。

  • エレン・ブロディ(演: ロレイン・ゲイリー)
ブロディの妻で、長男マイケルと次男ショーンの母。
原作ではフーパーと不倫関係にあったが、映画では良き妻としてブロディを支えた。

  • ヴォーン(演: マーレイ・ハミルトン)
アミティ市長。観光収入を優先して夏の海開きを強行した結果、被害を拡大させてしまった。事なかれ主義で若干嫌味な人物だが悪人ではなく、海水浴場がサメの襲撃を受けて犠牲者が出たことで、動揺しながらも一転してブロディに協力的になる。彼自身の息子も海水浴場にいたと語っており、それも理由の一つかもしれない。
『2』でも(前回の失態は信用にそれ程響かなかったのか)市長を続投している。前作でのブロディの奔走と活躍を嫌と言うほど知っている上にやはり彼自身相当懲りていたのか、サメへの恐怖から暴走してしまったブロディの解雇に対して市の役人でただ一人反対票を投じる等やや男を上げた印象。

  • マイケル・ブロディ(演: クリス・レベロ)
ブロディ家の長男。父の言いつけを守って、鮫の来ない入り江でボート遊びをしていたはずが、父の予想を裏切って鮫が入り込んできたせいで恐ろしい目を見ることになる。海嫌いのマーティンが自ら鮫退治へ乗り出すきっかけとなった。
『2』では青年となって登場、父の言いつけを無視してヨットで遊んでいたところをサメに襲われ、『3』ではフロリダ・シーワールドのチーフエンジニアとして就職するも施設を襲撃したサメと戦い、『'87』では弟をサメに食い殺されたためアミティに帰還しサメへの復讐に挑む事になる。
シリーズ皆勤賞の人物で、父と同じくその生涯はサメとの戦いの連続となった。父と同じく2度にわたって巨大鮫と対決することになるのだが、彼がメインを張る続編の出来が散々なせいで、キャラとしても全然人気がないと言うあまりにも不憫な扱いを受けている。

  • クリシー・ワトキンス(演: スーザン・バックリーニ)
夜の浜辺でパーティを楽しんだ後、海へ泳ぎに行った結果、鮫の最初の犠牲者となってしまった哀れな23歳。彼女が犠牲になるシーンは物語の導入部分で、肝心の鮫の姿は一切映らず、恐怖に震えながら水中へと姿を消す彼女の姿が描かれるのみ。滅茶苦茶怖い。
クイントの最期と並び、モンスタームービー史上でも屈指の恐怖シーンとして人気。

  • ホホジロザメ(演?: ブルース)
ネズミザメ科ネズミザメ亜目ホオジロザメ類に属するバケモノ。アミティを恐怖のどん底に陥れた犯人。大きさ約8m、重さ3tと現実では確認されていないレベルのデカさ(現実ではどれだけ大きくても4mで1t程度)。

非常に獰猛な上に現実離れしたレベルの怪力で、鎖で繋がれた餌を桟橋ごと沖まで引っ張っていったり、漁船の底を突き破ったり、自身を釣り上げようとしたオルカ号を逆に引っ張り回した挙句沈めてしまった程。
オマケに頭も良く、ピストルやライフルで撃たれても平然としていたり、ブイを3つ撃ちこまれても海中に潜れるタフガイ。お前本当に鮫か?
2作目じゃ噛み付いたヘリが爆発しても火傷顔で追いかけてくるし、3作目じゃ体長10mオーバーの奴が出てくるし、4作目はほとんど亡霊みたいな奴だし、ほんとなんなんだこの鮫。

その巨体から、一部では「実はホオジロザメではなく、メガロドンの生き残りだったのでは?」と言われることもある(それでも上記の生物離れした特徴は説明できないが)。

「ブルース」というのは撮影用に作られた実物大のサメロボットに付けられた愛称で、2003年に実施された『アメリカ映画100年の悪役ベスト100』にて18位にランクインする快挙を成し遂げた名優もとい名サメ、あるいは名ロボである…
…のだが、当時の(充分に海水中での稼働対策がされてなかった)技術では兎に角スタッフのみならず俳優勢にまでウンザリされる程の頻度で故障を繰り返し、『俳優待ち』ならぬ『サメ待ち』でスケジュールと予算を大幅に延ばされ、スピルバーグは苦肉の策で彼(?)の実際の姿を出し惜しみしラストに集中せざるを得なくなった。もっとも、これが前・中盤までサメが姿を中々姿を見せない事によるサスペンス性に繋がるという怪我の功名で、作品が想定外に評価された主因となったのだから凄い話である。

余談だが、上述の通り何度も起こったブルースの故障の内の一回は何とスピルバーグの当時からの監督仲間兼親友であるあのジョージ・ルーカスとその仲間達が原因であった事がだいぶ後になって発覚している。
陣中見舞い兼見学の為に絶賛てんやわんや中の撮影現場を訪れたルーカス達であったが、スピルバーグ達が目を離している隙に件のサメロボ相手にふざけていた所、誤って顎の部分の何処かを『バキッ』と壊してしまった上に、全員そのまま黙ってそこから一目散に逃げ帰ってしまったのだとか。
マジ何してくれとんすかアンタら


  • イタチザメ
劇中では何もしてないのに賞金目当てのハンターに狩られた可哀想なヤツ。クイントの話にも登場するように、現実にはホオジロザメよりもこちらの方がかなり危険なサメ。
「とにかく何でも食べる」という台詞は本当で、フーパーが胃の内容物を調べる場面では車のナンバープレートまで出てきた。実際に「泳ぐごみ箱」「ひれのついたゴミ箱」の異名があるほど、貪欲で見境がない食欲の持ち主だったりする。上記のブルースが鮫離れ(?)しているだけなのだ。


続編

本作の世界的な大ヒットを受け、その後数本の続編が作られた。ただ、スピルバーグはシリーズ作品は作らない主義であり、2作目以降は一切製作には関わっていない
『2』『3』『ジョーズ'87 復讐篇』と作られるが、残念ながらその評価は元祖と比べるべくもなく(これは凄すぎる元祖と比べられる事の方が酷とも言えるが)、4作目の『ジョーズ'87 復讐篇』に至っては脚本・演出共に最悪の出来で、ラジー賞で7部門にノミネートされた挙句、最悪視覚効果賞に輝いてしまった。

ちなみに『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』では、マーティドクタイムスリップした2015年にスピルバーグJrが監督を務めた「ジョーズ15」が公開されているという小ネタがある(BTTFにはスピルバーグも製作総指揮という形で関わっている。)。

  • ジョーズ2
前作の事件のトラウマを引きずるマーティンの葛藤を描く。
マーティンと鮫が対峙するシーンはラスト数分のみである。
前述の通り前作程の評価は得られていないもののそれはあくまで前作が名作過ぎるからであり、一応正統続編映画としては充分に良作であるとする声も決して少なくない(もっと評価の低い『3』及び『87』と一纏めにされて駄作扱いされがちだが)。
スピード感とそれに伴うハラハラに関して言えばむしろこちらの方が前作よりもマシマシである。

ついでに述べておくと、USJのライドのラストの展開は本作準拠の内容なので、大阪観光の前後にご覧頂くのもお勧め。

  • ジョーズ3
本作より主人公がマーティンから息子のマイケルへとバトンタッチ。水族館に閉じ込められた人間たちを鮫が襲うという内容で、よりモンスターパニック映画の側面が強調された作品。

今度のサメは何とストーリー中盤でマイケルらにアッサリ捕獲されてしまった挙げ句、公開飼育を急ぐ水族館経営陣によってスタッフへの相談無しに不適切な飼育環境に放り込まれた事でポックリ衰弱死してしまう。何か後味悪いがこれにて『完』…
…かと思いきや、何とこのサメはまだ子供。
大多数の人が抱いた悪い予感を最悪の形で的中させんとするが如く、ただですらシリーズ随一の巨体な上に我が子を殺されてブチギレモードとなったママン鮫が水族館に居る全ての人間相手に大凶行を開始してしまう。

  • ジョーズ87 復讐篇
本作ではマーティンは既に死亡していて登場しない。
ブロディ一家に復讐すべく血筋を根絶やしにしようとする巨大鮫と、ブロディ一家やその友人たちの死闘を描く。


パロディ

ジョン・ウィリアムス作曲のメインテーマ曲も有名で、緊張感と恐怖心を煽るイメージから、現在もバラエティ番組やパロディなどでよく使用されている。

作曲者のジョン・ウィリアムスによると、試しにスピルバーグの前で曲の軸となる「ダン・ダン・ダン……」というクレッシェンド部分をピアノで演奏して見せたところ
……お前、これは真面目な映画なんだぞ
と言われたという。

また、海を泳ぐ女性の真下から巨大なサメが迫りくるという本作のポスターもかなり有名であり、pixivでもこのポスターを改編したパロ絵が多数投稿されている。

メガサメハダー
おりょくる!


にちじょーず
TOTOS




実在の襲撃事件

ジョーズのヒントとなったのは、1916年にアメリカ・ニュージャージーで発生した事件だと言われている。
この事件では、7月1日~12日にかけて、海で2人がサメと思われる生物に襲われて死亡し、その後川で2人が死亡、1人が重傷を負った。
実際に、人がサメに襲われるという事件は毎年発生しており、中でもジョーズの主役であるホホジロザメはその生活圏が人間の活動範囲と重なるため、事故が起きやすい種類とされている。ただし人を襲うのは、好物であるオットセイと間違えることが理由と推測されている。
しかし本作の影響で「サメは好んで人を食い殺す危険な生物」という間違った認識が広まってしまい、世界中でサメが大量に駆除される事態となった。結果、ホオジロザメを含むいくつかの種類は絶滅危惧種に指定されるまでに個体数を減らしてしまい、最終的に条約により保護される事態にまで至った。そのため、サメの生態については21世紀の現在でも未解明の部分が多い。

  • ただし、川で人を襲ったのはホホジロザメではなく、淡水で生活できるオオメジロザメだったのではという説がある。
  • 怪物魚に挑む釣り釣り親父兼生物学者のジェレミー・ウェイドも、ホホジロザメよりオオメジロザメの方が人を襲った件数が多い、とその危険性について語っている。より人の活動範囲に近い場所に住みつくからである。オーストラリアでは川から洪水に乗って流れてきた数匹が、ゴルフ場の池に住み着いてしまったという、とんでもない事例がよく知られている。


余談

  • 「jaw(s)」とは英語で「顎」を意味する言葉だが、劇中でのホホジロザメの残忍ぶりが強烈な印象を残したため、今日ではほぼ「鮫」と同義で使用されている。
  • 映画の中に登場する漁師クイントは重巡洋艦インディアナポリス」の生存者という設定である。この映画を通じて1人の少年がインディアナポリスの最期に興味を抱き詳細を調査した結果、艦の位置情報を適切に管理できなかった責任を軍上層部が艦長になすりつけたことが発覚。2001年、当時のビル・クリントン大統領も艦長が無罪であるとして正式に名誉回復にサインする事となった。
  • この作品が公開されて以降、サメはもちろん、その他の各種動物をモンスターとした新作パニック映画、あるいはテレビドラマが無数に製作・公開・放送されたが、そのほとんどは低予算のやっつけ仕事で、B級以下の作品にとどまっている。
  • 原作者のピーター・ベンチリーはその後、巨大イカが暴れる『ビースト』という作品や、海底から発見されたナチスドイツの作った水陸両用サイボーグが暴れる『海棲獣』という作品も書いている。



関連タグ

映画 洋画 アメリカ映画 映画の一覧 スティーブン・スピルバーグ
 ホオジロザメ メガロドン インディアナポリス

ディープ・ブルー - 遺伝子改造により知能が高くなったアオザメによるモンスターパニック映画。公開は1999年。サメ映画の中では『ジョーズ』に比肩する完成度で、「1度は絶対に観るべき作品だ」と言われるほど評価され、非常に人気の高い作品である。

アナコンダ - アマゾンなどの南米の湿地帯に生息する大蛇の名前であり、巨大な人食いヘビによるアメリカのパニック映画シリーズのタイトルでもある。1997年に公開された第1作は大ヒットを記録し、その後数本のシリーズが製作された。しかしどれも第1作ほどの大ヒットはせず、その評価も非常に低く、奇しくも『ジョーズ』シリーズの二の舞となってしまった。

ピラニア - ジョーズの監督だったスティーブン・スピルバーグ監督が自ら作ったパロディ映画で、此方は無数のピラニアが人間達を襲う。


外部リンク

ジョーズ - Wikipedia
ジョーズ - allcinema

関連記事

親記事

スティーブン・スピルバーグ すてぃーぶんすぴるばーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジョーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジョーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 921947

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました