ピクシブ百科事典

白鯨

はくげい

白いクジラの事。または1851年に発表されたハーマン・メルヴィルの海洋冒険小説『Moby-Dick; or, the Whale』の邦題。
目次[非表示]

メルヴィルの『白鯨』について

主人公・イシュメルが語る、白いマッコウクジラMoby Dickモビーディック)」を巡る悲運と恐怖の物語。『白鯨』は多重的な象徴的表現を用いた作品とされ、また内容の大半は筋を追う事よりも「鯨に関する科学的な叙述」「作者が捕鯨船に乗船して体験した捕鯨技術の描写」に費やされており、物語であると同時に当時の捕鯨に関する生きた資料となっている。
また日本の鎖国についても触れられており、「近い将来、捕鯨船の補給地を確保するため日本を開国させることになるだろう」という趣旨の文がある。後にこの予言は的中した。

あらすじ

19世紀のアメリカ東部の捕鯨基地・ナンタケットにやってきたイシュメイルは、木賃宿で知り合った南太平洋出身の巨漢の銛打ち・クイークェグと共に、捕鯨船ピークォド号に乗り込む事になった。ピークォド号の船長エイハブは、嘗てあらゆる船乗りに「海の悪魔」と呼ばれ畏怖された白いマッコウクジラ「モービィ・ディック」に片足を食いちぎられた過去を持っていた。
スペイン金貨を報償に、モービィ・ディックの発見と追跡を命じるエイハブ船長。エイハブ船長の狂気に感化されモービィ・ディックへの報復を試みる船員達。やがてピークォド号は、日本近海の太平洋でモービィ・ディックを発見するが・・・。

後世への影響

モンコレ-白鯨メビウス


"神"との戦い」「復讐に命を懸ける男」といったキャッチャーな内容であるためか、『白鯨』をモチーフにした作品も数多く存在する。
前者はスピルバーグ監督の大作映画『ディープインパクト』、後者は人気ステルスアクションゲームシリーズの『メタルギアシリーズ』等、様々なジャンルにわたって『白鯨』が物語に厚みを持たせるための要素として用いられている。

ちなみに大手コーヒーチェーンであるスターバックスの店名は、本作に登場する航海士スターバックが由来である。本来はピークォド号から名前を取るはずであったが、pee(小便)を連想させるとして今の名前になった。

実際の「白鯨」について

モデルとなった巨鯨「モカ・ディック」はチリ沖に棲んでいた。友好的だが攻撃を受けると鬼神の如く反撃した。群れを守るために、一頭で船を沈めたのも実話である。最後は、子鯨を守るために殺されてしまった。

  • マッコウクジラの雄が、雌と子供の群れからたぶん音波でSOSを受けて救出に現れ、シャチの群れを追い払いながら群れを先導して脱出する光景が日本の沖で観察された事がある。

また、発見数は少ないが、白いクジラは過去に幾度か見つかっている。所謂アルビノ現象によるものと見られているが、そうではない白化個体もいる。日本の沿岸でも瀬戸内海などでは昔から発見されてきた。たとえば、1957年に北海道の厚岸で見つかった「白鯨」はメルヴィルの小説を体現するかのような白いマッコウクジラだった。
また同族・異種族間での闘争で傷を負ったクジラはその傷跡が白くなる。そのため全身に白い傷跡のあるクジラは数多の死線を乗り越えた猛者ということになり、強いのも賢いのも道理である。事実、捕鯨で有名なラマレラ島では全身に白い斑模様のあるクジラによって捕鯨船二隻を失う大損害を被ったことがあった。
他にもザトウクジラシロナガスクジラ(つまり白いシロナガスクジラ)シャチハナゴンドウカマイルカなどで確認されている。関連画像を見つけたいお方は頑張って英語でググってみてください

ちなみに、少なくともホッキョククジラには、『白鯨』が書かれた当時から2017年現在も生きているだろう個体の存在が判明している。

関連タグ(名前だけのものも含める)

クジラ 捕鯨 モビーディック エイハブ船長
バケモノの子 白鯨伝説 ムーの白鯨 アイガイオン 白鯨星座のモーゼス 白鯨星座のメンカル キャプテン鱏破布 鯨神 - 日本版白鯨?
マック (ポポロクロイスシリーズ)

外部リンク

「白鯨」の元ネタは小説より壮絶だった[ナショジオ]ありえない生還劇

pixivに投稿された作品 pixivで「白鯨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 428881

コメント