ピクシブ百科事典

鎖国

さこく

江戸時代の日本の外交政策。
目次[非表示]

概要

江戸時代において日本人外国への渡航を禁止し、海外との交流・交易を制限した外交政策。

なお、同時代の清朝朝鮮王朝も同様の政策をとっていたが、江戸幕府は交流・交易の一部を地方政権(松前藩・薩摩藩・対馬府中藩)に委託したのが特徴的であった。

「鎖国」という語は17世紀末に来日したドイツ人医師、エンゲルベルト・ケンペルが記した本が死後に『日本誌』と英訳出版され、その中に「日本国において自国人の出国、外国人の入国を禁じ、又此国の世界諸国との交通を禁止するに極めて当然なる理」という論文が書かれていた(当時の西洋の著作はこのような長いタイトルが普通であった)。それが19世紀に日本で和訳されたが、翻訳家によってあまりに長い題名を「鎖国論」と縮められた。

歴史

江戸時代初期には安土桃山時代に引き続き南蛮貿易が盛んだったが、直接欧州と交易するのではなく、マカオ東南アジアに設立された出先機関・東インド会社との貿易がメインであった。堺や博多を拠点とする商人や幕府による大名取りつぶし政策で主人を失い失業した武士(牢人)、キリシタン弾圧により逃亡した人々の中は海外渡航する者も多く、アジア各地に日本人街もできた。

しかし、2代将軍・徳川秀忠、3代将軍・徳川家光の頃に欧州各国(イギリスポルトガルスペイン)との交流に制限が次々に課せられ、島原の乱が決定打となって、ついに17世紀後半にいわゆる「鎖国体制」が完成した。海外に出国した日本人も帰国を許されなかった。

だが、幕府は外国との国交を完全に断ったわけではなく、限定的に海外との交流を開き、貿易をしていた。これを「四口」と呼ぶ。


幕府の目を盗んで勝手に海外貿易による密輸で利益を得る藩や商人もおり、「抜け荷」と呼ばれた。

朝鮮と琉球からは通信使が定期的に来日し、親書の交換がされた。幕府は出島のオランダ商館に海外事情を記した報告書を提出させ、海外事情をある程度把握した。
一方のオランダにとっては本国が弱体化する中で、対日貿易を独占するためにも様々な工作を行い、日蘭関係を確固たるものにした。

庶民の間でも海外からの輸入品は「舶来品」と呼ばれて巷で出回り、海外では陶磁器や海産物、刀剣などがヨーロッパに輸出され、浮世絵は印象派画家達に大きな影響を与えた。

しかし、19世紀になって日本近海に英・フランスロシア帝国アメリカ合衆国の艦船が相次いで出没し、日本に自国製品を売り込むため通商関係を結ぶことを迫った。アメリカ合衆国はペリー率いる黒船を江戸湾に派遣、軍事力をちらつかせながら通商を迫った。アメリカは幕府に日米和親条約(日本の4港を開き立ち寄る艦船に水・薪・食料を提供する条約)、続いて日米修好通商条約(国内在住の欧米人に対して主権がおよばず、国内産業を保護する権利も与えられない不平等条約)を締結させた(鎖国の終焉)。欧州各国も続いて同様な条約を結ぶ。これによって帝国主義吹き荒れる世界情勢に日本は巻き込まれ、幕末の時代が到来した。

目的

キリスト教禁止を徹底させることと、貿易による利益を幕府が独占して他の藩や商人が幕府に対抗できる力を作らせないようにすることが、主な目的であった。

また17世紀に日本で産出される金銀が異常なほど海外に流出し、これを防ぐためにも鎖国は必要であった。

戦国時代に広まったキリスト教は、仏教と激しく衝突し、古くからの秩序を守る各地の大名や寺社仏閣の支配体制を危うくするものとなっていた。実際にキリシタン大名領では神社や寺院を破壊され、神仏を崇敬する諸大名を憤激させ、豊臣秀吉にキリスト教禁止を決意させることとなる。

家康はキリスト教を厳禁しつつ交易は推進する姿勢をとったものの、家光の代に起った島原の乱は、キリスト教が幕府権力を脅かす危険性を改めて認識させるものとなった。この乱を期に、新たな布教活動が今後一切行われることのないよう、外国人が日本に入ることを原則禁じ、日本人が海外に渡航することを一切禁止する鎖国に至った。

評価

鎖国に対する評価は分かれている。明治以降は日本が西洋に遅れをとった原因になったとする考えが主流であったが、海外との交流を幕府が統制したことで、日本独自の日本文化や産業が成熟し、さらに欧州からの侵略を防いだという肯定的な評価も見直されている。

近年は、江戸幕府の鎖国は清国・朝鮮の海禁策と基本的には同じであり、アジアの植民地化を進めていた西洋文明から自国を守るためにとられた、東アジア共通の外交政策であったという見方が強調されている。

いずれにしろ、「鎖国」は江戸幕府が西洋諸国の植民地政策に対峙するために選んだ貿易統制政策ととらえるべきであり、従来の「海外と交流を禁じた『鎖国』」という見方は極めて一面的である。

関連タグ

江戸時代 江戸幕府

pixivに投稿された作品 pixivで「鎖国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11811

コメント