ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

毛沢東(簡体字:毛泽东、繁体字:毛澤東、英語:Mao Zedong、Mao Tse-Tung、1893年12月26日 - 1976年9月9日)は、中華人民共和国の政治家。初代中華人民共和国最高指導者。中国共産党の創設者の1人である。中央委員会主席(別名:赤い皇帝)、国家主席などを兼任した。中華人民共和国の建国の父である。

経歴

1893年12月26日に清の湖南省湘潭県韶山村にて、地主の家庭に誕生する。隣町の進学校に進学し、教員となった後に北京大学職員となる。中国共産党への入党後は党内で次第に権力を拡大しつつ、中国に根ざした独創的な社会主義思想(いわゆる毛沢東思想)を形成する。

国民党独裁下の中華民国時代から社会主義者としての運動を開始し、中国共産党に参加する。当初、中国共産党の勢力は国民党の半分以下でありそれほど脅威とされていなかった。その後、ソビエト連邦を手本にした共産主義ソビエト共和国を目指すが、資本主義思想の国民党との武力的衝突・その他の軍閥(地方の軍隊の首領)・満州国(バックには大日本帝国)などとガップリ4つにくむ戦いが続いた。

戦争の中で共産党は一時的に壊滅状態にまで陥ったが、毛の恐るべき執念で継続し続け、共産党をそれまでの都市を基盤にした政党から、農村を基盤とした運動へと転換させ、同時に中国の田舎を中華民国国民党政府から共産党の体制へ組み入れることに成功し、共産党は国民党と互角の戦力を持つ強固な基盤を持つ組織へと発展した。

その後国民党指導者の蒋介石との妥協(国共合作)により日本軍日中戦争)との戦いは主に国民党に任せ、自らはゲリラなどの攪乱に従事し、第二次世界大戦終結後は疲弊した国民党軍を打ち負かす(国共内戦、特に第二次国共内戦と呼ばれる)。これは「逃げ回り、卑怯」と悪評されることが少なくないが、「敵の物資を奪い、武器鹵獲する作戦は孫子の兵法に適う」と評価する者もいる(読書家の毛沢東は孫子の愛読者であり、逆に蒋介石は「時代遅れ」と軽視していた)。

毛沢東は共産党軍(八路軍、新四軍その他)内での厳格な規律を守らせ(三大規律八項注意)、このお陰で国民党の軍隊である国民革命軍などと比べて礼儀正しく、中国国民の支持を集めた。

また、工作腐敗により国民党やその軍から寝返る者が少なくなく、さらに国民党政権の内政上の失策(戦中及び内戦中に発行した法幣によるインフレ対策を通貨切り替えにより対処しようとしたが失敗)・士気の差・そしてアメリカ合衆国のバックアップの減少などもあって、中国本土では中華民国は滅亡したとされている。

こうして1949年10月1日に中華人民共和国を建国してその最高指導者となった。しかし彼も革命家軍人としての能力には長けていたものの、政治家の才能はそれらと異なるものであった。

新超絶暴君の誕生

中華人民共和国の建国当初は、社会主義を指向しつつも民主主義も尊重する比較的穏健な政策を進めていたが、1952年に突如として急進的な政策に走るようになり、反対派の粛清を進め、中国は毛主導の独裁国家に変貌した。

これに関して、はなから毛は民主的な国家を作るつもりなど毛頭無く、自身を頂点とした共産党人民共和国的帝国イコール『俺の帝国』の達成を目指し、自身の野望を邪魔するものは今まで協力してきた人間をことごとく監獄・拷問・思想改造所に落とし入れ、多数の命を奪った。

一人民の名前を『番号』で呼ばせるなど、人間を『機械人形』か『歯車』にまで貶めた。しかし自身は皇帝のような生活をしなければ気が済まなかった。経済の大発展を狙って実施した「大躍進政策」は、最大で1億人の死者を出す惨憺たる結果に終わった。これにより、毛は自己批判に追い込まれて国家首席の地位を降りるが、権力奪還を策して、全ての国民を巻き込んだクーデターである文化大革命(文革)を発動する。

大躍進の内容

  • 人民の名前を『番号』で呼ぶことの強要。
  • 人を『機械人形』か『歯車』のような生活の強要。
    • 人によっては原始共産制の再現などと解釈する。
  • 害鳥として雀の殺害を奨励した。雀が行っていた害虫駆除が無くなり、飢饉に陥る農家も現れた。
    • 一説によると毛沢東は夜型の生活を行っていたため、自分が寝る時うるさいから雀を駆除させたとも言われる。
  • 人民公社の設立
    • 一郷一社の規模を基本単位とし、産業及び生活の全ての機能を組み込んだ組織であるが、組織の貧富の差による貧困と悪平等主義による生産力低下が目立ったとされる。
  • 鋼鉄の生産量が国家の勢力のバロメーターであるとして、村単位で鉄製品を回収して製鉄した。
    • 大日本帝国における金属回収政策に似るが、実際にはクズ鉄しか生み出さず、さらに原料とされた鉄製品の喪失や生産のための自然や遺産の破壊が発生するなどの悪影響のみがあったとされる。


文化大革命の内容

紅衛兵


  • 紅衛兵の視点から非革命的な家族や他人を『反革命者』として糾弾することの奨励。毛主席語録を聖書の如く持ち歩き、毛の言葉を暗唱に語る彼らは集団で『紅衛兵』を名乗った
  • 革命的とされる原始共産主義的な生活環境の奨励(これはギャグではない)。
  • 民国時代に築いた多少公平な資本主義的秩序の破壊の奨励。
  • 革命に非協力的とされる公務員学校教師・共産党員などの見せしめ裁判と糾弾の奨励。
  • 知識人(作家記者など)の糾弾の奨励。
  • 共産党の横暴に気づいた農家の糾弾奨励。
  • 伝統的な芸能人京劇役者など)の見せしめ糾弾。
  • 伝統的な芸術作品や皇帝の遺品の破壊の奨励。
  • これらの伝統・古典破壊の一方で、女性の権利の否定・結婚前の性交渉の厳罰化など、旧来の倫理観は強く残された。

独裁の終結

人間を『機械人形』か『歯車』の如く扱う文化大革命は1976年に毛が死去してしばらくは続き、犠牲者は2000万以上を出したと言われ、中国社会に前代未聞の大混乱と人心の荒廃をもたらした毛の死後、中国共産党は文化大革命での迫害から復権した鄧小平らが実権を握り、中国は毛の路線とは正反対の「改革・開放」路線へと突き進んでいく。

この人物の野望の犠牲になった人々の総計は5000万は上るとされ、20世紀を代表する悪しき独裁者の1人と見なされることもあるが、一連の虐殺隠蔽されている中国では「建国の父」であり、国民党及び蒋介石を打ち負かした偉大なカリスマとしての評価も根強く洗脳が行き渡っており、21世紀になって尚も天安門広場に肖像画が飾られている。

性格

廬山会議


  • この人物はかなりの英知を見せている。
    • 読書家であるとされる。
    • 大衆操作的な演説文章共産主義を解した世界制覇的な論理展開の才能は天才的。
    • 軍事的・革命家的な才覚は多分にある(無ければあそこまで行かない)。
    • 漢詩をよくするなど文才もあり。
  • こういった旺盛な才能の一方、サイコパス(反社会的人格)とサディスト(虐待気質)を隠さない性格があったとされる。
    • 優位に立つためには平気で嘘をつき、自分で招いたいざこざを非法律的手段をとってでも解決できるほど狡猾であった。
    • 人が数億死のうが平気だと言ってのけ、実際自分の政策の失敗で人が数千万死のうが気を病まなかった。
    • 目的の達成のために人を陥れ殺すことにも躊躇いが無く、世界が滅びつくすところまで侵略の限りを尽くす事すら望んでいたとされる。
      • 当時の中国軍の武装と兵士の思考回路では無茶苦茶無理だったが、現在の中国軍の整った武装ではかなり脅威と思われる
      自身を神か歴代皇帝のように扱われるのが大好きであり、自身が法律だと確信していた。
      • これは歴代の皇帝を敬うのではなく、自身が自らの国のものをどう取り扱おうが勝手という意味での皇帝であり、彼自身が興味の無い皇帝の遺品や芸術品は片っ端から破壊した
    • もし朝鮮戦争の時代に核兵器を所有していたら、躊躇い無く使用していたと思われる。
    • 中越戦争の際彼が生きていたらどうなっていたか見ものである。
  • 大勢の人間に全裸を見せても、何も感じなかったようだ。
  • また水泳が大好きであり、どこでも泳いだとされる。
    • 人々の人気取りのために大便が流れる川の中を悠然と泳いだことも。
    • また泳げないことで知られるフルシチョフの前で水泳を行うというなかなか根性の座ったことも行ったといわれる
  • 歯を生涯に渡って磨くことは無く、さらに喫煙の影響もあり黒ずんでいた( 証拠写真あり )
    • ただし別の資料では練り歯磨きではなく「歯磨き粉」を愛用しており、彼一人のためにそれを生産していたという話がある。
    ただし近代国家以前の中国では風呂身だしなみ清潔にするという習慣や裸を恥ずかしがる習慣が希薄だった可能性がある。
  • 性欲が強く、年を取ってからも若い女性を侍らせていたといわれることがある。

【PFW&K】延安戦神毛潤之【剣の陣営】


  • 上記に書いた如く悪く評価する者の他、『徳や英知を備えた偉人』として評価する人物もいる。
    • これに関しては資料の不足や側近が記録を残さなかったためとも言われる。
    • 妖怪の如く悪運が強い生涯を送り、好き嫌いが明確に分かれる人物となっている。
  • 晩年はパーキンソン病又は筋萎縮性側索硬化症を患っていたという。
  • 家族に関しては以下の通りである。
    • 最初の妻は羅一秀であり、数年で病死している。
    • 2番目の妻は楊開慧であり、3人の子をもうけた。国民革命軍により処刑された。
    • 3番目の妻は賀子珍であり、この人物とは潜伏中に結婚しているようであり、6人の子をもうけたとされるが、確認されるのは女性1名のみである。ちなみに離婚したとされる。
    • 4番目の妻は江青であり、女性1名が存在する。この人も残忍伝説が存在し、文化大革命での美術部門を実質的に担当した。文化大革命終了後に「四人組」の1人として死刑判決を受ける。その後無期懲役に減刑されるが、1991年に自殺した。
    • 朝鮮戦争長男戦死してなければ(次男も存在したが、統合失調症を患っている)世襲による政治を行っていたとも言われる。

参考文献

wikipedia:同項目
・イラスト


関連タグ

独裁者 革命家 指導者 暴君 悪魔( 妖怪 ) 無神論

共和国関連

蒋介石・・・中華民国総統、国民党主席の独裁者。しかし毛ほど凄まじかったのだろうか、国共内戦に敗れて台湾に逃げたが、228事件など台湾人を虐殺したことでも有名である
劉少奇・・・第2代国家主席。社会主義市場経済に向かって政治を行ったが、毛の逆鱗に触れて紅衛兵に嬲り殺させた。おそらく「メンツをつぶされた」とでも思ったのだろう
周恩来鄧小平・・・毛の子分、特に周は聖人政治家のごとく語られ、鄧は起き上がり小法師に例えられるぐらい復活を繰り返している。
スターリン・・・第2代ソビエト連邦最高指導者。赤い皇帝。毛に匹敵する冷酷漢。毛の上司的存在であるが、核戦争(ハルマゲドン)を起こすところまで険悪になる。その後スターリンや後継者のフルシチョフが亡くなり、毛自身が死ぬまでいつ最終戦争が起きるか冷や冷やしたという。
毛主席語録・・・彼の語録
赤いPixiv

関連記事

親記事

中国共産党 ちゅうごくきょうさんとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「毛沢東」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「毛沢東」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 719182

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました