ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

無神論とは「は存在しない」とする哲学形而上学上の態度のこと。
無神論という名であるが、「神の存在は信じないが、悪魔天使精霊妖精妖怪幽霊の存在を信じる」という例はまずない。
無神論とは超自然的な事柄全てを否定する立場、ということができる。ある意味では「神はいないという宗教」であるともいえる。

神は存在するという論のことは「有神論」という。英語のAtheismは有神論を意味するTheismに否定を意味する接頭辞aをつけたもの。
神が存在するかどうかは知りえないとする論は「不可知論」である。

たびたび「無宗教」と同一視されるが、無宗教は無神論や不可知論だけでなく、有神論のある立場(神は存在すると考えるが、特定の宗教の立場には立たない)も含まれる。これは、自身は特定の宗教や信仰を持たないが、他者の宗教や信仰は否定しないという考え方である。
日本は統計上「無宗教だと自負している人」が比較的多いとされる。ただし、生活に根付いた八百万の神などの考え方や、さまざまな宗教行事への日常的な参加(初詣お盆クリスマスなど)を行っていることが多く、「神はいない」という無神論ではなく、多神論に近い環境であるともいえる。(実際には家が寺の檀家であるため仏教を信仰している、というように、本人の信仰心とは別にカウントされている人もいると考えられている)

無神論的

広義には「至高の存在」「世界の中心、上位」としての神を認めない思想を指し、この観点から儒教仏教を無神論、無神論的宗教と呼ぶ事がある。

例えば仏教は神々デーヴァ)の存在を支持し、そのメンバーはヒンドゥー教と共通している。しかし創造主や主宰神という考え方を認めず、ヒンドゥー教義において至高の神とされるシヴァヴィシュヌもまた迷える衆生とみなす。

宗教における扱い

神や超自然を信じるあらゆる立場からすれば虚偽、という事になる。

「(自分達の信じる)神のみわざを信じない」不信心者について言及されることはあるが、明確に理論化され「イズム(論)」の域に至った無神論(アセイズム)が宗教聖典に登場する事はまれである。
後述のアジタ・ケーサカンバリンは仏教聖典に登場するが、たまたま開祖ガウタマ・シッダールタと同時代に活動し、彼とその教団が結果的に記録された事による。

社会における扱い

現代でもイスラム教国など無神論者であることを公言することが法的に制約や処罰の対象となる国々が存在する。
比較的厳格ではないインドネシアでもフェイスブックで「神はいない」と書いた男性が逮捕された。
ただ、トルコのナスレッティン・ホジャの物語では「神の存在をどう証明するのか。自分には信じられない」とモスクで聞いてくるキャラクターが悪役で無いキャラとして登場しており、同じ宗教でも時代と場所によっては無神論的な人物への印象は違ってくる。

前述のアジタ・ケーサカンバリンと弟子たちは当時の社会で存在を認められていたようであり、迫害を受けていたという記述は残されていない。が、現代インドでは物理的な攻撃を受けた例もある。

この項目を見ている人も「日本以外の国、外国では無神論者を名乗るのはまずい」的な文章をネットで見た人もいるかもしれない。
アメリカ合衆国ではセレブを中心に「無神論者」と表明する人も多く、リチャード・ドーキンスの無神論本がベストセラーになる一方、信用できない人物として無神論者をあげる人も多い。
アメリカでも都市部を中心に無宗教化する人々が増え、そこには無神論者も含まれるが、保守的な信仰を守り、無神論に不信感を抱く人もかなりいるということである。
2009年の調査によると、ブラジルでは無神論者が麻薬中毒者並みに嫌われていたという。

「宗教を持たない」という意味での無宗教もそうだが、神(宗教)という道徳の根本を持たない危険人物、と見る人は世界的にはまだ少なくは無い。
ましてや無神論とは、ただの「空白」「ノーコメント」では無く「神の存在を積極的に否定する」ことを意味する。

無神論者への印象が、無神論と重ね合わされる形でついてくる思想(共産主義)などの影響を受ける事も少なくない。
西洋のリベラル由来の思想や社会の変化を無神論と関連づける人もいる。ついでに「共産主義」のラベルがついてくることも。
さらにこの時代にあっては戦闘的な無神論者が悪目立ちしている。よって、伝統宗教の信徒であることを表明するのと違い、要らぬ誤解を受けやすい。

無神論である思想

・古代の無神論
ギリシャにはデモクリトスやエピクロス、インドにはアジタ・ケーサカンバリンといった無神論者が存在した。
マルクス主義、共産主義
共産主義の始祖カール・マルクスの思想には政治・経済における主張や階級闘争だけでなく、超自然的なものを否定する無神論も含まれる。
ソビエト連邦をはじめとする共産主義国家においては、強烈な宗教への迫害が繰り広げられた。
だが、無神論・唯物論の部分のみを否定していたり、宗教の信者でも、有神論・宗教否定部分以外にはシンパシーを覚える人もいる。
南米で興ったカトリック系の思想「解放の神学」には共産主義の影響がある。イエズス会士が共産主義のシンボルである「鎌とハンマー」に十字架をドッキングさせたシンボルを作った事も。
日本共産党では現在、宗教を否定しない立場をとり、そのためカトリック等の宗教信徒にも党員がいる。
・新無神論
リチャード・ドーキンスらが掲げる現代の無神論。宗教、とくにアブラハムの宗教に対する強烈な敵対心を持つ。
科学の称揚、女性の人権支持、LGBTへの寛容、動物愛護菜食主義ヴィーガンベジタリアン)を特徴に持ち、宗教をこれらに反する前近代的なものとする。

実在の無神論者

梶浦由記(実際には無神論者に「近い」としている)
カール・マルクス
ジョディ・フォスター
スターリン
スタンリー・キューブリック
ダニエル・ラドクリフ
ニーチェ
マリ・キュリー
マルキ・ド・サド
毛沢東
ブラッド・ピット
フロイト
ホーキング博士
ラヴクラフト
リチャード・ドーキンス
レーニン
ノエル・ギャラガー

架空の無神論者

クラヴィス・シェパード虐殺器官
ジェイムズ・ブッカー戦闘妖精・雪風
ターニャ・デグレチャフ幼女戦記
火村英生作家アリス
藤田玲司ギャラリーフェイク
マイク・バイソンストリートファイターシリーズ
新海ハル (デジモンユニバースアプリモンスターズ)
ナタネ (ポケットモンスター ダイヤモンド・パール)
ヒョウタ (ポケットモンスター ダイヤモンド・パール)
童磨(鬼滅の刃)
エドワード・エルリック (鋼の錬金術師)
メグメグ (#コンパス 戦闘摂理解析システム)

関連タグ

エイシイスト

クリフォト:「ヘルメティック・カバラ」実践者ウィリアム・G・グレイの解説では構成するクリファの一つに無神論を当てはめている。

関連記事

親記事

思想 しそう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「無神論」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10495

コメント