ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

コルサ(トレーナー)

こるさ

コルサ (Brassius)とは、ゲーム『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』に登場するジムリーダーである。
目次 [非表示]

「芸術とは 破壊と 創造! 養分に ならぬよう あがくことだ!」


概要

パルデア地方にあるボウルタウンジムリーダー

キャッチコピーは『ネイチャーアーティスト』

くさタイプの使い手であり、芸術家としても活動している。

ポケモン勝負を作品と言い芸術性を見出している。その為ジムテストではチャレンジャーの審美眼が試される。


一人称は「ワタシ」で、二人称は「キサマ」。口癖はアヴァンギャルド!!


口癖のアヴァンギャルドは本来、美術用語で革新的、前衛的と言う意味で使用される。だがコルサが使用している場面をみると本来の意味とは異なり、感動した、感銘を受けた、インスピレーションを受けたなどの意味で使用している可能性が高い。


彼の代表作は本来であれば可愛らしい印象を受ける筈のキマワリを物憂げに表現した『投げやりのキマワリ』。ボウルタウンの至る所に設置されている。有識者の間では作品の背景や制作者の意図について議論がなされてるらしい。が、当の本人はスランプに陥った際に文字通り「投げやり」になって作りあげたと発言。


四天王アカデミー美術教師であるハッサクとは旧知の仲であり、過去スランプから脱却までの面倒を見て貰ったという経緯から「ハッさん」と呼び慕う。ハッサクに依頼されアカデミーの美術の授業で講師を務める事も。


ボウルジムのジムテストはキマワリ集め。内容は町中に散らばったキマワリを10匹探し集め、指定された広場に連れてくると言うもの。

キマワリの中には逃げる個体もおり、従わせるにはバトルが必要。このバトルに勝つとたいようのいしを入手する事が可能


ジムバトルではバトルコートに隣設されている風車の羽根の上から登場。

主人がジムテストを受けている様子をずっとそこから見ていたらしい。ジムテスト合格後主人公がバトルフィールドにやってくるとそのまま飛び降りてバトルコートに入場。着地のポーズはスーパーヒーロー着地



DLCである藍の円盤では彼を特別講師として招くことができ、意外なキャラクターとの会話を見ることができる。

カエデとの会話では彼女の作るスイーツを賞賛し、くさタイプのポケモンをモチーフにしたスイーツを作ってもらえないかと依頼。

ナンジャモとの会話では彼女からのアヴァンギャルドとは何かとの問いに、その問いがノットアヴァンギャルドと返答。

ハイダイとの会話では彼からコルサ坊と呼ばれている事が判明、食事をたらふく食えば削れる命が増えてもっと芸術に力が入るんじゃないかと提案されている。

グルーシャとの会話では自分は一度芸術家として死んだと発言しており、その時を思えば生きてるだけで儲けものと語る。

ハッサクとの会話では上記の美術の授業に特別講師として出てきた事を感謝されて、教師に向いていると言われたが「思春期どもの相手は少々荷が重すぎる!若い芽の人生まで背負うとはワタシには考えられん重圧だ」と断った。

レホールとの会話では彼女の身に着けている骨董品に歴史的価値を見出しており、手癖が悪そうだと発言し、ワタシの目はごまかせんぞと彼女の骨董品の入手経路を疑い、その経路を推測する一面を見ることが出来る。


容姿

髪:ウェーブがかったショートボブ位の長さ。茨の様な棘が生え(?)ている。

顔:眉無しジト目、瞳の色は白に近いグレー。口角は常に下がっている。蒼白い肌と目の下のクマ、細身の体型からは不健康な印象を受ける。

服装:タイトで胸元のデザインが印象的な服を着ている。ドラゴンフルーツみたい。腰に茨を模したロープを携帯。

性格

内向的で神経質。気難しくマニア気質で上から目線な発言が多い。所々情緒の不安定さが垣間見える。

しかし心を開いた相手には打って変わって明るくフレンドリーに対応、表情も仏頂面から笑顔に変化。

他人の評価には芸術的センスを重視。彼の奇行は芸術性を追い求めている為。

特定の人に対する執着心が強く、ある意味一途な性格とも取れる。


使用ポケモン

1戦目/ボウルジム

「準備は いいな!? 成形…… 開始だ!!」


マップの紹介文では序盤の攻略を推奨されており、公式レベルは下から2番目。


ただ『宝探し』開始時にスパイス集め or スターダスト大作戦を優先して東門から出発した場合は、ヌシポケモンガケガニ)やほのお組に近いということもあり、プレイヤーによっては最初のジムがここということも有り得る。


ホントウキ

切り札はウソッキーで、くさテラスを使用。題して「嘘から出た実(まこと)」。

ウソッキーはテラス前はいわタイプな為、手持ちをくさジム対策としてほのお、ひこう、むしで構成すると苦戦する。

またウソッキーのいわタイプを当てにしてくさ、かくとう、じめん、はがねで挑むと当然だがくさテラスで無効にされる。


勝利すると「くさわけ」のわざマシンが貰える。


2戦目/ボウルジム(クリア後)

「さあ 準備は いいな!? 合作・・・・・・ 開始だ!!」


以前の戦いで主人公を自分と同じアーティストと認識したらしく、再会早々主人公を名前+ギャルドという変な渾名で呼んでくる。ジム巡りでの戦いから主人公との再戦を心待ちにしていたようで、満面の笑みで再会を喜びバトルを「合作」と称して戦いを挑んでくる。

バトル前のイベントでは、初戦時に見せた風車からの飛び降りが意図した演出であったことを明かす。曰く戦いに、より深みが増すとのこと。なお着地の際の衝撃でしっかりと足を痛めているらしい。

やはり1戦目同様ウソッキーを切り札にしているが、使う技も「くさわけ」のまま。特性が「がんじょう」な為、反動ダメージのある「ウッドハンマー」を採用しづらかったのかもしれない。

そのくせ何故か「ほのおのパンチ」と「れいとうパンチ」を採用しており、くさタイプへの殺意が高い。くさの弱点補完にしてもひこうとこおりは「ストーンエッジ」で対策できているのだが何故だろうか。


3戦目/ブルーベリー学園藍の円盤




アニメ版

アニポケ第8シリーズ

正しいコルさんと妄想のコルさん

CV:中井和哉


初登場は『リコとロイの旅立ち』第10話「ネモとコルサと」。

リコの父であるアレックスとは知人の関係。

アトリエに籠りっきりになりジムを閉鎖しており、心配したネモが様子を見に来ていただけでなく、近所の子供たちも「笑顔になれるように」とキマワリを集めていた。

最初はリコがアレックスの娘と知って手製のマグカップや彫刻で歓迎するものの、黒いレックウザが目的と聞いた瞬間「NOT アヴァンギャルド!!」と急に機嫌を損ねて部屋を出て行ってしまう。その後気分転換がてらに散歩していたところ、大量のキマワリをつれたリコたちに出くわし、その熱意とオリーニョの叱責に根負けしてジムを閉めた事情を話す。


アレックスの作品にインスピレーションを受けた「黒龍に睨まれたキマワリ」を制作していたある日の夜のこと、町はずれの森で本物の黒いレックウザを目撃し、その存在感に圧倒されてスランプに陥ってしまった。事情を聞いたロイから製作途中のレックウザの彫刻を「本物にも全然負けてない」と褒められ、更にはレックウザを始まりの一歩として追いかけようとする彼の情熱を見て、ジムリーダーとして彼にレックウザに挑むだけの実力があるかをテストする。


ロイとのバトル後、新技も覚えて成長したホゲータとのバトルを「良い作品になったな」と称え、森に生息するオリーヴァがレックウザが現れたと同時に共鳴するように輝いたことを話した。


15話では直接でなく名前のみ登場し、ロイにいなくなってしまったリコの行方を聞かれていた模様。







余談

  • 名前の由来は恐らくcolza(西:セイヨウアブラナ)から。
  • 職業は芸術家とのことだが、パルデア地方のモデルであるスペインガウディダリピカソといった名だたる芸術家を生み出してきた歴史を持つ。なお、ひまわりと芸術家の組み合わせといえばゴッホを連想しがちだが、ゴッホはオランダ生まれでフランスで活躍した画家である。ではスペインの芸術家がひまわりと関係がないかと聞かれれば、そうではない。先述したガウディはスペイン北部の町「コミージャス」に"エル・カプリチョ"なるひまわりのレリーフで彩られた建築物を建てている。
  • 左腰に装着しているリールは、ポケモンセンター特典のオリジナルアートブックの資料によると「イバラ型のロープ」であり、作品の一部として装飾したりパーツ同士を繋げているという。なお発売前はファンからホースではないかと予想されていた。
  • 因みに『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット 公式ガイドブック 完全ストーリー攻略』p435に掲載された設定資料によると、悩み過ぎて頭痛がひどいとのこと。

  • アニメ版声優の中井和哉氏は、前「サトシの旅シリーズ」においてナオシを演じた。彼の手持ちにキマワリがいたりと関連性が多い。
  • 現時点でのアニポケにおける関係性もゲームと同じかは不明だが、原作ゲーム「ポケモンSV」では、アカデミーの教師でドラゴン使いのが恩師である。実はリコの母親も「オレンジアカデミー」の関係者であり前話となる8話では父・アレックスが「課外授業で忙しい」と言っていた事から恩師である彼も忙しくて、レックウザやらスランプやら相談できなかったのでは?とも考察できる。


関連イラスト

あなたコルサさんって言うのね!らくがきコルサさん

くさタイプジムリーダーのコルサさんコルサ

コルサさんSVマトメ


関連タグ

ポケモン ポケモンSV

ポケモントレーナー ジムリーダー ジムリーダー(パルデア)

チャンピオンロード チャンピオンロード(ポケモンSV)

くさタイプ

アーティスト 芸術家 彫刻家


アーティマツリカ(ポケモン)サザンカ(ポケモン):同じく芸術家。アーティに関しては藍の円盤にて彼のアトリエ(ヒウンジム)に行ったらしくジムのギミックを堪能していた模様。

ヒューベルト=フォン=ベストラカップやきそば現象の見た目や雰囲気が似ていると話題になった人物。なお担当声優アニメポケモンではグレッグル等を演じている。

ペイント・ロイミュード:同じく「アヴァンギャルド」が口癖な芸術家キャラ。


ナオシ…アニメ版と同じ声優繋がり。ダイヤモンド&パール編で登場した吟遊詩人でこちらもくさタイプのポケモンを好んで使う。


その他のくさタイプの使い手

エリカ(トレーナー) ナタネ デント フクジ マオ(トレーナー) ヤロー(トレーナー)

関連記事

親記事

ジムリーダー(パルデア) じむりーだーぱるであ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6270582

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました