2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ハイダイ

はいだい

ゲーム『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の登場するキャラクター。
目次[非表示]

「潮風に あてられても けなげに 咲く お花
「なんて…… かけがえが ないんだい

概要

パルデア地方にあるカラフシティジムリーダー
キャッチコピーは『激流料理人』
みずタイプのジムリーダーで、大ベテランのコックにしてレストラン「ハイダイ倶楽部」の店主。
一人称は『オイラ』。

見た目は超大柄で、荒波を思わせるような豪快な眉と髭を持つスキンヘッドで長身の中年男性。
そんな厳つい風貌とは裏腹に、結構お茶目で愛嬌のある性格。意外とドジなのか、競りに遅刻して慌てるあまり財布を忘れることまである。ちなみに当の財布はコンパン柄のものを愛用している。

見た目通りに体力は凄まじいレベルで、マリナードタウンの市場へ食材の仕入れを目的に、砂嵐すら吹きすさぶ時期はおろか夜は氷点下、昼間は熱砂の大砂漠を徒歩で越えて毎日行き来している。

親分派な気質で面倒見が良く、ジムトレーナーは勿論、街の住民達にも老若男女問わず慕われており、ジムバトルが始まればあちこちから住民達が観戦しようと駆けつける。しかしそんな愛されぶりに反して、マップの紹介文によればジムテストは厳しめにされているという。

ちなみに、彼に財布を届ける道中の近くに、レジェンドルートの1つがあるのだが、難易度の差が段違いなので「ついでにこっちもやるか」と軽い気持ちで向かって痛い目にあうことも

彼に関する試練は競りの駆け引きで目当ての食材を限られた資金でゲットする事だが、弟子との一悶着のとばっちりでいきなり弟子とバトルする羽目になる。相性とレベルを考え会話するべし。
なお、競りはジムテスト終了後に利用可能となり、様々なアイテムが競売にかけられるようになる。ロトムをフォルムチェンジさせるのに必要な「カタログ」や、ガンテツボールドリームボールといった貴重なアイテムが売られていることも。ゲーム内時間で1日経過で品物が変わるため要チェック。

なお「ヘイ ラッシャイ」が口癖だが、こいつは手持ちにいなかったりする。

セルクルシティのパティシエであるカエデは(料理の)弟子であるらしい。
事実、彼の店にはドウファーという品名のスイーツがあり、どうやらお菓子作りの心得もある模様。

名前の由来はおそらく、中国語で昆布を表す「海带(ハイダイ)」からだと思われる。

使用ポケモン

1戦目/カラフジム


彼が繰り出すみずタイプポケモンは低レベルだと一撃で沈められる猛者ばかりである。
ミガルーサはついばむでくさタイプに対抗してくるし、ウミトリオはほぼ先手を取りながらずつきでひるみを狙ってくる。
エースのケケンカニはテラスタルによって隙の一つである弱点の多さを解消しつつ、この時点では破格の攻撃力から物理技を放ってくるので要注意。
なお、どうやらこのケケンカニは氷タイプの技を習得していないらしく、また重量級の陸ガニ故に技マシンで多彩な地面技も習得するのだがこちらも採用されていない。他のジムにそういう傾向があることもあって、一見すると草や電気に対するメタとして採用しているようにも見えるがそう言った心配はないので、高い攻撃力に気をつけて冷静に対処すれば然程苦も無く攻略できるだろう。
なお、地域上ジム戦中に砂嵐が起こる可能性もあるので、砂嵐ダメージおよびエンコ殺しに注意。雨が降ってみずタイプ技が強化される可能性もなくはない

ポケモンのタイプ自体はみず単タイプで固められているので、タイカイデンなどウミトリオ以上のすばやさを持ちつつ弱点を突けるポケモンを連れていきたいところ。

2戦目/カラフジム(クリア後)

「素材そのまま とくと 味わえ これが 本当のハイダイだい!」


関連タグ

ポケモンSV ジムリーダー(パルデア)
みずタイプ

ジュン(トレーナー):彼にも本編にて忘れ物を届けるイベントがある。フローゼルを連れているが、ジムトレーナー(ハイダイのところの)であるミズキもフローゼルを連れている。

他のみずタイプの使い手
カスミ(トレーナー) ミクリ(トレーナー) アダン(トレーナー) マキシ(ポケモン) コーン(トレーナー) シズイ ズミ スイレン(トレーナー) ルリナ
このうち、コーンとズミは彼同様料理人である。

関連記事

親記事

ジムリーダー(パルデア) じむりーだーぱるであ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1322

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました