ピクシブ百科事典

スーパーマサラ人

すーぱーまさらじん

スーパーマサラ人は、アニメ「ポケットモンスター」シリーズの主人公サトシが、超人的な能力を発揮する場面で発言されるネットスラング。マサラタウンより生まれし、人間を超えた人間・サトシの事を意味する。
目次[非表示]

概要

アニメ『ポケットモンスター』における主人公・サトシの持つ人並み外れた運動神経と想像を絶する耐久性から、人は彼をこう呼んだ…

「スーパーマサラ人」と。

元ネタはおそらく→スーパーサイヤ人

主にマサラタウン出身者の超人的能力を発揮したイラストに使用され、それ以外だと主にタイプ:ワイルドが使われる。

アニポケ世界の身体能力について

(インドぞうも参照。)

ポケモンの世界では、人間以外の生物であるポケモンがみなトンデモない能力を秘めており(インドぞうを気絶させたりナパームだんをぶつけても壊れなかったり東京タワーも一跳びだったりetc)、それらを扱う人間もそれ相応の運動神経や耐久性などを持ち合わせていなければとても生きていける世界ではない。

ポケモン世界の人間達も、ポケモンの一種または別系統の発展種族である可能性がある(強力な生物がたくさん存在する生態系の中で生存・発展してきたことを考えると、極めて納得の行く答えである)。ホモ・サピエンスがそうだったように、他の人種を淘汰・吸収してきたり、実は人間のニッチを埋めたポケモンである(テレパスや直接会話できる、身振りで相手の伝えたいことが理解できる、サトシ含めポケモンの言葉を理解できる節があるなど、交流手段がある事も説を後押ししている)、小説版のポケモンの設定同様、ある日突然それまでの生物とすり代わり現れた存在、などと考察が捗っている(ウルトラビースト同様、異次元の存在説もある)。

少数ではあるが、インド象秋刀魚、カントー編でカブトプスの餌食になっていた巨大魚やサトシが眺めていた魚、他媒体も含めれば夏祭りの犬、食卓に出る肉や卵など通常の生物もいるようではあるが(少なくともコイキングは食用にされている)…詳しいことはわからないままである。少なくとも、「東京」や「インド」という名詞または人物名や地名、または形容詞がこの世界にも存在するのだろう。
通常の生物が突発的に出現する可能性もないわけではない

そしてついに、食用の一般生物の存在を公式が示唆した(参照)。

ちなみに、よく意外なほど小さな/大きなポケモンが挙げられるが、同じ生態系を構築し、我々の世界の生態系とは異なる構造であることを考えると、人間もポケモンの亜種と考えた上なら尚更だが、種類や個体ごとの大きさのブレが我々の世界よりも少ないのは理に叶っているのかもしれない。

サトシの旅仲間(カスミハルカヒカリアイリスセレナユリーカなどヒロイン勢や解説担当のタケシケンジデント、解説補助のマサト)はほぼもれなく相当のタフさを持ち合わせ、個体値厳選主義者のシンジやポケモン保護に命を懸けるNも優れた運動能力や耐久力を披露し、一応は旅の道連れであるロケット団も、同様に凄まじい能力を体現している。メインキャラクターでこれらの能力に些か欠けるのはシトロンぐらいであるが、背中に発明品「シトロニックギア」を背負っていることを加味すると、実は膂力はかなりのものな可能性がある上に、頻繁に起こる「シトロニックギア」の爆発に耐える耐久力を有している。

そんな彼らの武勇伝としては、

  • イシツブテ合戦(20kg)が流行っている。
  • 120kgの鋼の塊を投げるタケシ
  • 超音波を聞き分けるタケシ
  • 超絶的な身体能力と耐久性&ポケモンの技を再現する
  • 遠距離からポケモンの力無し?で簡単に対象の察知&追跡。
  • ムサシハブネークみだれひっかきメガトンキックで倒してGET。食いちぎられた髪も自己再生ストライク2名共々モヒカン&逆モヒカンにされた際も次の回までに自己再生していた)
  • マサラ人のオーキドとサトシは共に死亡経験あり
  • ムコニャは電撃の個体差が測れるレベルに
  • 神と呼ばれし特攻お化けりゅうせいぐんを弾くグレッグルのどくづきを超頻度で尻や腹などに受け続け、描写的に確実に毒も回っているタケシ
  • 28kg以上のポケモンを頭に乗せたり、30m程度の滝から落ちても全く大丈夫なハルカ
  • 不良トレーナーのドククラゲ3体の毒針を受け、全身に毒針を浴びても気絶で済むカスミ。自己再生かつ解毒を備えた頑丈さ。
  • 幼女ながらサトシに次ぐスピードで崖を登り、上空から地面に頭から落ちても平気なユリーカ
  • 崖の下の森に落ちるが共に無傷のカスミとマサト(AG144話)
  • 10キロ近い重さがあるフォッコを左肩に乗せた状態で安定飛行したセレナ
  • スーパーソウリュウ人
  • 警戒し踏ん張るギガイアスを上腕よりも持ち上げるアデク
  • ルカリオのはどうだんを素手で弾くスモモ
  • 100m以上の上空(宇宙空間も含む)や滝、崖などから落ちて無傷のムコニャ
  • サン&ムーンでついに得た、(身体能力的な)良きライバル(後述)
など。

また、ヨノワール初登場回(DP90話)では、少女の悪霊が強烈な物理的作用を引き起こしていた。

タケシに関しては、キャラクターだけでなく数々の場面考察から★☆フェアリータイプ説☆★が出されるほど。

……が、サトシのソレは明らかに度を越して超常的である。

超人サトシの行動

マサラタウン出身者全員がスーパーマサラ人になれるわけではない。
ハナコママ、初代ライバルのシゲルはあくまで一般人より上のレベルである。
また、オーキド博士は職業柄、耐久力の面で超人的なものがある。(おまけコーナーポケモン講座で様々なポケモンに度々どつかれる、ロトムのでんきショックを笑って受け止める)

しかし真のスーパーマサラ人であるサトシは、常識を大きく凌駕する身体機能を秘めている。
ここで紹介するのはあくまでもほんの一例である。

割と初期から無茶な行動や被害を被り、圧死に近い形で魂が家出したり石化したりなど事実上死んだり、アクアジェット顔負けの能力を得たり、ホウオウに祝福されているような描写があるなど、細胞が変化したか最初からそういう存在なのか、等々の見方がある。

マサラ・オーキドの転生者という考察もあるとかないとか。

現実世界の物差しの一例
・ポケモンの体重でわかる凄さ。なお現実の中型犬で約15kgあります。
・軍人クラスでトラックの下に張りつけます。

シリーズ共通

  • ピカチュウ10まんボルトボルテッカーを受けてもピンピンしている。それどころか絶好調だと歓喜の声をあげる。
  • ピカチュウと同じく長い付き合いのリザードンのかえんほうしゃを受け黒焦げになっても全く動じず、それどころかコミュニケーションの一環として大いに歓迎している。最早なつき廃人のカテゴリである。
  • 初めてのポケモンで相棒でもあるピカチュウやゲットしたポケモンが、ロケット団やポケモンハンターらにさらわれたりすると、さらに能力がアップする。(崖から転落したり、急流の川に流されてもかすり傷で済む)


無印

  • 12話にて、ニャース気球から落ちた瀕死状態のピカチュウを、崖の上から駆け降りジャンプして救出し、見事着地。これがスーパーマサラ人サトシの超人伝説のはじまりである。
  • 平均体重72kgのヨーギラスを肩に乗せても悠々と歩ける。
  • フシギダネとチコリータの手助けがあったとはいえ平均体重122kgのミュウツーを背負って歩き、挙句5m程(泉に)ぶん投げ、崖から落ちかけた平均体重220kgのラプラス軽トラックごと引き上げる。


AG

  • EDで、約80kgのコータスを肩に乗せても平然としている。
  • タケシと共にこうそくいどうを繰り出し、ハルカのフシギダネが乗ったトラックに追いつく。


DP

  • ロケット団に捕らわれたピカチュウを助けるため、ジャンプでロケット団のマシンにしがみつく。
  • ヒコザルのかえんほうしゃや暴走したもうかをもろに食らっても無傷。のちに進化したモウカザルとともに火達磨になるもちょっと顔をしかめただけ。
  • 特訓の邪魔をしてしまい怒ったブイゼルのソニックブームをくらって、「そのパワー、ジム戦にぶつけよう」と発言。
  • 50kgのヒポポタスを頭に乗せる。(流石に少し重かったようだが)
  • ドラピオンに襲われ上半身を締め上げられるも躊躇なく目を狙い脱出。
  • ロケット団に攫われたフカマルを救うため前人未到の大ジャンプを披露


BW、BW2

  • 55.5kgのチャオブーを普通に持ち上げた。
  • ピカチュウの電気技の調子が元に戻った際に、ピカチュウの10万ボルトやボルテッカーの標的として、自分を指定している。
  • 女の子とはいえ田舎育ちでかなり高い運動神経のアイリスに引けをとらない木登り&つた渡り技術。
  • OPで他レギュラー&準レギュラー共々足から光線を放ちながら大空を飛ぶ。


XY、XY&Z

  • プリズムタワーで暴走したガブリアスに真っ向から挑む。(2話)進化前のフカマルをゲットしてるから経験あるのか?
  • ロケット団の操縦するトレーラーの後ろのドアに取りつき、走行中も振り落とされることなくくっつきつづけた(13話)。
  • ケロマツを鍛えるため、忍者サンペイにお願いしてケロマツだけでなく自分も忍者の特訓をする(17話)。
  • カラマネロの洗脳を防ぐため、ニャースに「みだれひっかき」を自ら頼む。(19話)
  • 炎ポケモン用のポフレを食べてしまい、その辛さからかえんほうしゃ。(25話)
  • ロケット団の掃除機ロボットに吸い込まれるポケモンを助けるべく、自ら体を張って掃除機に吸い込ませる。(25話)
    • しかもこの時に竜巻注意報が流れた。(関西地区。参考ツイート


  • 必殺技フライングプレスの特訓に励むルチャブルを見て熱くなり、「そのフライングプレス、受けさせてくれないか?その技を一緒に作り上げたいんだ」と頼む。実際には木をサンドバッグ代わりに受けていたが、受け止めている時点で何かがおかしい(34話)
  • 16.0kgのヒノヤコマを平然と腕に乗せる(35話)。
  • 特訓中、なぞの蔓に引っ張られ明らかに100m以上引きずられる。そして引きずられた後の一言が「誰だ、いたずらするのは?」。更に自分のポケモン達をかばってオーロットの鬼火を受けるも耐えきり、「それ以上やるなら俺が相手だ!俺の仲間は俺が守る!」。(37話)
  • サマーキャンプでユリーカを背負ったまま、マリオの如くフワライドの上をジャンプする。
  • サトシが珍しく足を捻挫してセレナの介護を受けたのち、次の週の回では完全回復している。(39話)
    • 因みに歩けないレベル捻挫は完治に最低一か月(目安)位かかるとされているが、サトシはコレを2日(39話が3日目で40話が5日目とナレーションで紹介されている)で完治させている。

  • スーパーポケモンバトルの演技の為の練習でサトシがルチャブルからてチョップをしている(しかも結構効いていた。いっておくがひこうタイプかくとうタイプいまひとつである。そしてからてチョップのいりょくはたったの50のはずである)。(51話)
  • 脱水状態で元気がなくなっていたヌメラを水場に連れていく為、サトシがピカチュウを肩に乗せてヌメラを両手で前側に抱っこしながらかなり急な下り坂を物凄いスピードで駆け降りる。(55話)

  • ロケット団が搭乗した巨大輸送機に飛び乗るため「俺を投げろ!」とヌメルゴンに指示、ヌメルゴンの投擲によって飛び乗った。(70話)
    • 因みにヌメルゴン自身もサトシの後を追う為に、りゅうのはどうの反動を用いたジャンプで巨大輸送機に飛び乗っている。

  • ファイヤーとのバトルで攻撃を受け、活火山の噴火口に落ちるファイアローを助けるため、自ら噴火口へ飛び込む。ゲコガシラのケロムースが無かったら、溶岩の中に飲まれてしまう一歩手前だった。(そもそもの話火口付近ならともかく溶岩寸前の部分は可燃性の物はモノによっては自然発火するほど熱く、殆どの場合火山性ガスが溜まっているため特殊な訓練や器具無しでは一呼吸で気絶、場合によっては中毒死する可能性がある)こればかりは一行だけでなくピカチュウからもお叱りの声があがった。(86話)

  • 熱を出して寝込んだ際、薬を飲んでからわずか3分前後で回復(シトロンも「普通1日で治るものじゃありませんよ!!」と突っ込んでいた)。(22話)
  • 謎の進化「サトシゲッコウガ」をものにするため、ゲッコウガと共に同じトレーニングを行う。(25話)

  • ジガルデを洗脳した光線を大量に浴びたにもかかわらず、ゲッコウガとの強い絆の力ではね除けた。(40話)

サン&ムーン

  • 水中を最高時速120kmで泳ぐサメハダーを乗りこなし、ドルフィンジャンプ等のアクションをしても全く痛がる様子もなく、鮫肌ながら傷ついた様子もない。(1話)
    • ただしこの場合、文字通り「きょうぼうポケモン」のサメハダーをジェットスキー用の海ライドポケモンとして提供しているアローラ地方自体がスーパーと言えるかもしれない。また、サメハダーは気に入った相手に鮫肌を立てないというアニメ設定がある。


  • 砂浜での競走及びキテルグマからの逃走の際、四足歩行のピカチュウとほぼ同スピードで走っていた。(1話)
    • ちなみにこの時サトシを追いかけていたキテルグマは、5話で水上を走り、一瞬で地平線の向こうから現れる走力を見せ、以降も超獣ぶりを発揮する。

  • マオを乗せて全速力で走るケンタロス(88.4kg)に轢かれた(蹄の跡が顔面を含め身体中に残っていたため、間違いなく踏まれている)後、何事もなかったかのように笑顔で立ち上がる。「オレさ、ケンタロスには慣れてるんだ!」(1話)
    • 30話でも驚いたケンタロスに吹っ飛ばされたが、衝突ダメージはあるものの、傷は無い。42話でカントーへ戻りオーキド研究所で待っていた手持ちのケンタロス達30頭と再会するも、主を見た途端に目を潤ませて突進、星にされた。

  • 凄まじいスピードで飛行するカプ・コケコをジャングルまで追いかけたにもかかわらず、一切息切れせずそのままバトルに移行。(2話)
    • この時は他のメンバーも同ペースで追跡(陸上が得意ではないはずのアシマリを含める)。サトシに追いついた後、息を切らしていたのはマーマネだけだった。

  • 162.0kg程あるミロカロスに激突され吹っ飛ばされても無事。(5話)
  • イワンコの特訓を手伝い、自分を「いわおとし」の標的にさせる。(15話)
    • この様子を見守っていたクラスメートの面々からは、口々に「無茶し過ぎ」「痛くないのか」とツッコまれていた。

  • マーマネの実家で走力の強化特訓を行うが、ピカチュウと共に計測限界数値を遥かに超えてしまい装置を破壊する(19話)。
  • 巨大化したシロデスナに飲み込まれ、窓のような穴から顔を出すために某スポーツエンターテイメント番組そり立つ壁よろしく砂の壁(しかも結構柔らかい、砂のような流体を駆け上がるのは当然同斜度の坂を駆け上がるよりも難易度が高い)を駆け上がる。(22話)
    • リーリエアローラロコン(シロン)が「こなゆき」でシロデスナを凍らせた後も、氷の壁を駆け上がっている。ちなみに脱出してシロデスナの頭に刺したロトム図鑑を引っこ抜く際、滑り落ちそうになるほどツルツルに凍っていた。もちろん滑り止めなんて都合のいい物なんか持ち合わせていない。

  • ポケベース回にて、バクガメストラップシェルが直撃しても髪の毛がアフロになる程度で済む。ちなみにトラップシェルは威力150ブラストバーン並である。(28話)
  • 人やポケモンから光る胞子を放って眠らせエネルギーを痩せ細るまで吸い取るネマシュに対し、吸い取られると同時にカレーを食べまくり即時にエネルギーを補給、満腹になるまで続き、結果ドローとする驚異的なエネルギー吸収効率。(29話)

  • エーテルパラダイスにて999.9kgコスモウムを床から軽々と持ち上げる。しかもそれを家までずっと持ち歩き、翌日はポケモンスクール→リリィタウン→日輪の祭壇というルートを移動する間ずっと持ち歩いていた。(51話)
    • また、サトシはコスモウムを持ったまま小型ジェット機、乗用車、クルーザー型モーターボートに乗っているが、999.9kgもの重量物を積載した場合、通常これらの乗り物は過積載で動かせなくなる。
    • リリィタウンではピカチュウもコスモウムを持っており、なんなら不思議そうに揺すっている。
    • というか流石にこれは今までの例から言ってもぶっ飛びすぎており、コスモウムは真っ当に重力の影響を受けていない描写が見られる(落下速度が異様に遅い)ため、重さを緩和するなんらかの力が働いていた、或いはそもそも999.9kgという値そのものが測定不可を意味していると考えるべきだろう。

  • ナゲツケサルに成りきり、リーリエ達にメイクを含む変装でメレメレ島のメレメレグリーンズ群れに飛び込み苦心の末にアーカラ島の集団レッドバンズを追い返す事に成功するが、新たなボスに迎えられてしまう(64話)。
  • カプ・ブルルが居る実りの遺跡へと赴くが、遺跡があるのは砂漠を越えた場所かつ何時も居るのは崖の上。ピカチュウ達が余裕で登っているので目を燃え上がらせて素早く頂上へと到達するが、鍛練を怠ったのか疲労してしまっていた(75話)。
  • バトルでハウフクスローに敗れたモクローのため、原点回帰としてモクローが育ったポケモンスクール裏の森へ行く。ドデカバシケララッパと共に「タネばくだん」の修行に付き合い、自身も果物の種を勢いよく吐き出し目標に命中させている(96話)。
  • フライパンを真っ二つにするピカチュウのアイアンテールを顔で受け止める(115話)。
  • なんか普通に遁術を使う(118話次回予告)。
  • マーマネのZワザ特訓に付き合い、崖上りや、滝に打たれ、障害物を避けるが、75話と同様、常時目から炎を燃やしている。
  • エキシビションマッチで、カプ・コケコと互いに最強のZワザを繰り出す途中でニュータイプ空間感覚になってピカチュウと会話。アローラの力を感じながら最後の動作をかめはめ波に似た構えをとって勝利する(144話)。
  • またこの世代ではカキスイレンというサトシにも勝るとも劣らない怪物級の身体能力のレギュラーが登場している。カキはガラガラ(34.0kg)とバクガメス(212.0kg)まとめて背負い上げた状態で、地中ですら時速80km/h出すというイワークから走って逃げおおせ(42話)、スイレンは様々なスポーツ万能な描写に加えて、腕力でもカイオーガ(352.0kg)を釣り竿一本で釣り上げている(120話)。その他様々な描写からも(28話,107話,118話など)、カキは間違いなくサトシと同等レベルの身体能力を有しており、スイレンはそんな2人を含めたアローラレギュラーの中でも最も運動神経が良いようだ。(なおこの3人以外は運動音痴である)

新無印

  • 飛び立とうとするルギアに向かって数メートルは大ジャンプし足に掴まったあと自力で背中に登り、尻尾の下側で落ちそうになっていたゴウを引っ張り上げる。(2話。歴代でもダイナミックすぎる出会いである)
  • 建設途中のポケモンジムに残された鉄柱や壁の凹凸を容易く登る。また腕力不足でついていけないゴウを片手で引っ張り上げ、足場同士が離れすぎている場所ではリュックに捕まらせながら屋上までさほど疲れた様子もなく到達した(3話)。
  • キョダイマックスしたカビゴンを列車の線路から退けるために、巨大化したカビゴンの体を軽々とよじ登る(5話)。
  • 飛べないハクリューに飛ぶ方法を教え、特訓を施す為にピカチュウのエレキネットをトランポリン替わりに利用して、りゅうのまいを繰り出す(10話)。
  • 『ポケモン・ワールド・チャンピオンシップ』決勝戦を観戦しにガラルへ飛行機で赴いた際に雲海を泳ぐムゲンダイナの気配をピカチュウと機内から感知し、臨戦態勢を採っている(12話)。
  • リオルが卵の中から発した波紋を肌で感じ取り、近くのポケモンセンターに来た際にその波紋の発信元を探り当てる。その後、卵から生まれたリオルにしんくうはを直撃され数メートル吹っ飛ばされるも、無傷。それどころか、リオルがしんくうはを使える事を褒める。また、その後逃げだしたリオルを追って、リオルですら登るのが結構しんどそうな崖を何食わぬ顔で登って追いついた(21話)。
  • ブクブクに太ったゴウのコイキングに跳ねるマスターであるカスキング直伝の筋トレ動画を一緒に挑戦。結果、真の超マサラ人と言える見事な6パックのムキムキ筋肉質をゴウやピカチュウ共々手に入れた(26話)。ある意味不気味と言えるが…
  • ロケット団のガチャポケモンチラーミィとリアルファイトをする。野生ポケモンとリアルファイトをするケースはこれまでにもあったが、トレーナーのポケモンとリアルファイトをするというのは、おそらく初めて。もちろんチラーミィはサトシより小さいが、どういう訳かこの回はリオルやゲンガーなど他の手持ちポケモンは出さなかった(35話)。


劇場版

  • 何度も死にかけるも奇跡の生還を遂げたりしている。(しかも伝説ポケモンを味方に付けたり、馬鹿呼ばわり出来るほどの度胸の持ち主)
  • 不意打ちとはいえルカリオを川に落とす。返り討ちさされるも目立った怪我は無し。終盤では波動を使っている。
  • 追っ手から逃げるために先行してサイホーンを飛ばしていた仲間たちに徒歩で追いつく。
  • 超大型のポケモンのほとんど回避不能な「」を超至近距離からすべてかわす(しかも数発は気配だけで)。
    • また、手持ちでもない伝説のポケモンを使いこなし操られた伝説のポケモン達との戦いを繰り広げた。(しかも、圧倒的なスピードで飛行するラティアスとラティオスに乗り続ける)。


「おはスタ」にて(まさかの公式

テレ東系列放送「おはスタ」2016年2月4日放送分において、「おはスタポケモン部 山本部長の勝手にポケモンランキング」のコーナーで「実はサトシが超人かもしれないランキング ベスト3」と特集が組まれた。
ちなみに無印以外の全シリーズの映像が流された。公式が病気という物だが、一応はアニメ放映20年目を記念した企画である。その内容は…

3位「実はサトシ怪力超人!?」
DP44話「迷子のヒポポタスを助けろ!」

  • 崖で身動きの取れないヒポポタス(49.5kg。番組曰く大人の女性とほぼ同じ)を頭にピカチュウをのせたまま片手で救出する。その後頭にものせている。
番組内で「10才の怪力少年サトシ!」「怪力中の怪力」と評された。なおこのことは以前にポケモンスマッシュでもロバートによって取り上げられている。

2位「実はサトシジャンプ超人!?」
BWシーズン2 46話「サトシとバタフリー! また会う日まで!!」
  • ロケット団に捕らわれたピカチュウとトランセルを救うため、ロケット団の気球に大ジャンプして乗り移る。
    • 番組内では推定5m以上跳んだと評された。この時に参考記録として紹介されたのが、走り高跳びの世界記録2m45cm
    これと同様にDP編の157話「フカマル!!ゲットだぜ」でもロケット団に捕まったフカマルを助けるため、ピカチュウを肩に乗せて崖を飛び越えようとしている。
「サトシはオリンピック選手を目指した方がいいかもしれない…」(ナレーター)

1位「実はサトシ格闘超人!?」
XY61話「荒野の決闘! 戦えヌメラ!!」
  • ロケット団の鉄の檻を一人タックルで破壊。その後ブーピッグの攻撃を身体で受け止めた。
    • 出演者からは「ポケモン出せ」「ピカチュウに頼めないのかい」と突っ込まれている。
    • その後ものともせずヌメラに対して「俺が守ってやる!」と言うサトシ。イケメン。

AG163話「ジュカイン! 復活の夜明け!!」
「何だこのサトシが頑張る回!」

そんなサトシの超人っぷりを見た出演者のロバートは何度も「凄い」と言っていた。

まとめ

このことからサトシは(主にニコニコ動画で)「スーパーマサラ人」「タイプ:ワイルド」と呼ばれたり、サトシ=ポケモン説(一度死亡し石化から蘇った事でサトシの父親はホウオウ説)が浮上したりする(ちなみに一度だけ本当にポケモンになったことがある)←オレンの実を喜んで生食した事もこの説に拍車を掛けている。年を取らないため、不死身どころか不老不死とも言われている。
さらにXY21話の「ポケビジョン回」で、過去に仲良くなったビクティニ並の経験値をもっていることが明らかになった。詳細はビクティニ道場に記載。

一言で顕すととにかく凄い。
サトシはもうポケモントレーナーよりも、ポケモン救助を目的としたスーパーマンを目指した方がいいのかもしれない。
ついでに言うと、スマブラの世界でもマリオカービィ達と同等に戦えると思われる。実際、最新作自身は戦闘とは無縁な作品から参戦したキャラもいるし。
「もうポケモンいらねーじゃん」とかそんなツッコミは言ってはいけない。

だがそれでもサトシは他の人間(こっちも大概だが)やポケモンと同じ一つの生物である。ハピナスに背中をデッキブラシで擦られて痛がり、オーロットのあやしいひかりや上空から落下するポケモンと衝突して気絶し、ラフレシアの粉で麻痺もすれば、フシデのどくのトゲで猛毒に侵され、セレナを助けようと崖下に転落し右足を痛め、川の水を浴びて風邪を引いた。怪我もすれば病気にもなる。
かの人も言っている、「スーパーサイヤ人だって痛てぇもんは痛てぇんだ!」と。
どこの地域から来ようとも、いったい物はいった~~い!!

最近は昔よりも弱体化してるのでは?という疑惑も上がっており、AG編では丸太をぶん投げていたのに対し、SM編や新無印編では丸太を持ち上げられない素振りを見せており、よく議論のネタになる。しかし、それでも尚、弱体化していないと感じるのはやはり、シリーズを重ねるごとにそんな些細な事が気にならないぐらいの超人的能力を発揮するからだろう。

関連イラスト

戦う男 『サトシ』
ポケアニBW第48話パロ漫画
10年後のポケットモンスターを大予想!!!!!!!!



外部リンク

スーパーマサラ人アニヲタwiki

関連タグ

ポケモン アニポケ サトシ
超人サトシ お前ら人間じゃねぇ!! 公式が病気/公式が末期 凄まじき戦士 優れたりし操り人

MONSTERBALL
デデーンネ ヤムチャム 闇オーキド
おい、ポケモンバトルしろよ

亜種

関連記事

親記事

ポケモンネタ化 ぽけもんねたか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーマサラ人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2338886

コメント