ピクシブ百科事典

ヒポポタス

ひぽぽたす

ヒポポタスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

名前の由来は、「Hippopotamus(英語でカバの意味)」。

基礎データ

ずかん No.449
英語名 Hippopotas
ぶんるい カバポケモン
タイプ じめん
たかさ 0.8m
おもさ 49.5kg
とくせい すなおこし


進化

ヒポポタスカバルドン(レベル34)

こんにちは



概要

迷彩のカバの姿をしたポケモン。川や池にはおらず砂地にいるのがいかにもポケモンらしい。
体中に砂をまとうことでばい菌から身を守っているようだ。乾燥した土地に10匹程度の群れで暮らす。(その割に初登場した地方が砂漠ではなく、北国である。確かに空気が乾燥してはいるが。)
アラビアのロレンスが言うように砂漠は清潔だ、ついでに言えば砂漠では用を足した後砂で拭く。
背中には砂を出すための噴気孔らしきものも見受けられる。
現実のカバよろしく、口を大きく開けることが出来、口の中は合計六本の歯がある。アニメ版の描写では口を少しだけ開いたり、細めたりと細かな動作が出来る模様。鼻の穴を閉じて砂の中に潜り、歩くように移動する。目が突き出ている辺り、潜望鏡のような使い方をするのだろう。

名前の由来が英語のためか英語名も珍しくそのまんまである。
アニメでは50kg近いその体でサトシの頭に平気で乗っていた気もするが、
彼は第一形態で72kgもあるアイツも汗ひとつかかず持ち上げる様な奴なので突っ込んではいけない。
薬局のあのうがい薬のカバにも似ているとの指摘もある。

ポケモンレンジャーバトナージではパートナーポケモンのじめんタイプ担当として登場。何があったのか、カバルドン神殿の鼻部分から落っこちそうになった所を主人公に救われた。

ゲームにおける特徴

初登場は「ダイヤモンド・パール」。♂と♀で体色自体が全く違う(というか反転している)。
トバリシティを下に抜けた道路の途中で遺跡マニアが穴を掘っており、そこで入手できる。
ここから丁度逆方面にある遺跡で違う種類のアンノーンを集めていくと、トンネルの奥行きも深くなり、出現率も上昇する。
ステータスはHP・こうげき・ぼうぎょの上半分は進化前にしてはなかなかのモノだが、下半分はイマイチ。
いかにもごつい地面タイプらしいステータスと言われれば確かにそうかもしれない。

バンギラス以外に特性すなおこしをもつポケモンで、進化系が砂パに組まれることも多い。
なお、バンギラスと比べ弱点も比較的少ないことから安定性ではこちらの方が上回る。
レベルアップで覚える技もタマゴ技もいい物揃いなので、地面タイプとしては割と優秀な方である。

関連イラスト

歯磨き



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧 カバ
メグロコ:元ネタが水辺の生物。でも砂漠生息しているという妙な共通点を持つ。

関連記事

親記事

じめんタイプ じめんたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒポポタス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23519

コメント