ピクシブ百科事典

サイホーン

さいほーん

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.111
英語名Rhyhorn
ぶんるいとげとげポケモン
タイプじめん / いわ
たかさ1.0m
おもさ115.0kg
とくせいひらいしん / いしあたま / すてみ(夢特性


※ひらいしん:ダブルバトルで相手がでんきタイプの技を使ったとき、その攻撃対象に関わらず自分が技を受ける。
※いしあたま:すてみタックルやとっしんなどの反動を受ける技を使用しても反動を受けない。
※すてみ:反動を受ける技、外すと自分がダメージを受ける技の威力が1.2倍になる。

進化

サイホーン → サイドン → ドサイドン

犀



概要

体を固い鎧で覆われた、サイに似た姿をしているポケモン。足が短いのでサイより頭が低い。
草原に生息。全身に先の丸いとげが生え、鼻の位置に一本の角を有す。
キャラデザインは灰色の単色で、かなり複雑な造形。イラストで描く時は、全身にちりばめられたパーツの形をそれぞれ記憶するといいだろう。


強固な防御力と強靭な肉体を誇り、突進で高層ビルをコナゴナに粉砕、大型トレーラーも吹っ飛ばしてしまう。硬い皮膚で覆われ、骨も丈夫で人間の1000倍硬い。
ただし単細胞で脳みそが小さく、ひとつの事しか覚えられない頭が悪いポケモンとして有名。
突進を始めるとその目的はどうでもよくなりすぐ忘れてしまうので、眠るまで止まらない。4本の足は短くてうまく曲がれないのでひたすらに進むだけ。自分の進んでいる方向に何があろうと気にせず、全部突進で壊す。鋼鉄の塊にぶつかると1日後にたまに少し痛みを感じる。
Pt・BW・BW2の図鑑では「人の仕事を手伝うのは無理。」と断言されている。

こんな風にポケモン図鑑でこき下ろされまくっているサイホーンだが、
ポケモンXYでは、「サイホーンレース」という名の人間がサイホーンに騎乗するレース競技がカロス地方で人気とされており、その影響で主人公がサイホーンを操作して荒れた山地を踏破する道路がある、と言う風に、人間と親しいポケモンとして扱われている。

ゲーム

赤緑およびFRLGでは、セキチクシティサファリゾーンにのみ野生の個体が出現する。
それ以降のシリーズでは、ハナダのどうくつ(ピカチュウ版)、チャンピオンロード(GSC、HGSS)、サファリゾーン(RSE、ORAS)、ハードマウンテン(DP)、ホワイトフォレスト(W)、かがやきのどうくつ(サファリゾーン)、ホテリ山で島スキャン(SM、USUM)など。中盤から後半の洞窟に出現しやすい。

ポケモンXYでは普段主人公家の玄関前に佇んでいるポケモンで、主人公とも昔から仲がいいポケモンとして登場。主人公の母サキが有名な元サイホーンレーサーというのが登場理由である。

アニメ

XY編でもゲームと同様セレナの家にいる。セレナはサイホーンレースの練習にあまり乗り気ではなかったが、世話はちゃんとしていたので普通に懐いている。
セレナはレースの手解きも幼い頃から習わされた為、騎乗の仕方も徹底的に指導されていた様で、後方から不用意に近付くと暴れるか、蹴りあげられる行動をとる習性があり、前方から近寄る事で安心感を与えれば良いとサトシにアドバイスをしている。

ポケモンGO

ポケモンGOでは初期から実装されている。平地でも時おり出現する。
サイドン、ドサイドンが両方とも、いわタイプとしてもじめんタイプとしても非常に強力な技を撃てるポケモンなので、サイドンのCP上昇後とドサイドンへの進化実装後は特に出現するとありがたい存在となっている。
捕獲難易度が高めで、捕獲時の位置も遠いのと、ボールを弾く行動が多いのが難点か。

関連イラスト

あ!やせいのポケモンがあらわれた!


180425n



関連タグ

ポケモン 赤緑 FRLG ポケモン一覧
リザードン(第5世代までは鳴き声がほぼ同じ)

ゾロ目
サニーゴ チルット ガバイト ヒヒダルマ ビビヨン トゲデマル

関連記事

親記事

じめんタイプ じめんたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイホーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 437053

コメント