ピクシブ百科事典

グライガー

ぐらいがー

グライガーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.207
英語名Gligar
ぶんるいとびさそりポケモン
タイプじめん / ひこう
たかさ1.1m
おもさ64.8kg
とくせいかいりきバサミ/すながくれ/めんえき(隠れ特性)


進化

グライガーグライオン(「するどいキバ」を持たせて夜間にレベルアップ)

ぐ~らぐらいっ!



概要

飛膜が生えたサソリに似たポケモン。むしタイプではないが、タマゴグループはきちんと『むし』に分類されている。
名前の由来は、グライダー(滑空する動作)と思われる。ガーが何を意味するのかは不明だが、進化系の名前に『ライオン』が入っているのでライガーというネコ科動物から取ったという説や、欧州のモンスターガーゴイルから取ったという説がある。

初登場は第2世代。金のみで出現した。
じめん/ひこうという珍しい組み合わせを持つポケモン。登場当時は唯一だった。
防御が高いのだが、登場当時は「じしん」を覚えるにはポケモンスタジアム金銀でかなり厳しい条件をクリアしないといけなかった為火力不足感が否めなかった。

じしんは第3世代以降わざマシンで習得可能になった他、ひこう技も「つばめがえし」が加入。
更に研究が進みかくとうタイプへの対抗手段兼一撃必殺持ちとして見出され、能力が低いもののバトルで採用されることが時々あった。

そんな中で第4世代にてグライオンへと進化できるようになった。先の戦術がそのまま活用でき、物理の壁として活躍を始めた。
続く5世代で登場した「しんかのきせき」でグライガーも耐久が底上げされ、前線に復帰した。
第5世代で得た隠れ特性の「めんえき」は、進化すると「ポイズンヒール」になる。グライガーの場合持ち物の制約があるため、状態異常を1つ打ち消せる効果は大きい。

なお、第3世代の教え技でのみ何故かゆめくいを覚えられる。
相手を眠らせる技がないので一切活用はできず、続く第4世代以降の技マシンではこの技を覚えなくなっている。

アニポケでは

無印編138話にて「グライガーマン」なる謎のヒーローが登場している。バットマンのパロディと思われる。
ちなみに作中にて彼の娘が「グライガール」として二代目を名乗った。

関連イラスト

[207]グライガー「すなかけ」
親分と子分



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧
グライオン スコルピ ドラピオン
J9 ブライガー バクシンガー サスライガー

pixivに投稿された作品 pixivで「グライガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117963

コメント