ピクシブ百科事典

メガハガネール

めがはがねーる

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するメガポケモンの一種。ハガネールが「メガシンカ」を遂げた姿。
目次[非表示]

データ

ずかんNo.208
ぶんるいてつへびポケモン
タイプはがね/じめん
たかさ10.5m
おもさ740.0kg
とくせいすなのちから


概要

てつへびポケモン・ハガネールがメガシンカした姿。

胴体の側面及び突起と、尻尾の先端部分の金属が剥がれ、内部からメガシンカエネルギーの影響でより強固な結晶体と化した組織が現れるようになった。剥がれた金属片は首回りをエリマキのように浮遊回転するようになり、特徴的だったしゃくれ顎もさらに大型化してショベルのような形状に変化している。

どんな鉱物よりも硬く、どんな高温にも耐えうる身体を手に入れたことで、動作が遅いデメリットを気にせずに攻撃を仕掛ける事が出来る。
また、(元からなのだが)顎の形状が「モンスターハンター」のウカムルバスによく似ている。

コロコロコミックに付録されているORAS体験版の1回目のクリア時に、ハガネールナイト持ちのハガネールを入手できる。
これをORAS本編に送る事で本格的に使用できるようになるが、本編中でも入手できるのでご安心を。

ゲーム上での性能

HABCDS合計
ハガネール7585200556530510
メガハガネール75125230559530610
メガシンカ前との比較±0+40+30±0+30±0+100


攻撃・防御・特防が大きく上昇する。
反面、特攻と素早さは一切上がらないと言うメガクチートに似た能力変化をする。
公式では「動作は極めて遅い」とあるが、素早さが下がる事は無い。
また、「どんな高温にも耐えうる」ともあるがほのおタイプには弱いので注意(公開前は、多くのファンが「たいねつ」を習得すると期待していたが、見事にゲーフリの拳の上で踊らされていたのであった・・・)。

特性はたいねつ…ではなくすなのちからに変化する。
ハガネールははがね・じめんタイプ故に一致技に特性が乗る
その為、自身の攻撃面の不足を補う事が出来る面では相性が良い特性と言える。

欠点としては、すなおこしのターンが制限された事と、ハガネール自身のタイプのせいですなあらしの特防補正が得られない事が挙げられる。
また、優秀な特性であるがんじょうも捨てねばならない。
とは言え4倍弱点もなく素の耐久も上昇する為、あまり気にしなくても良いだろう。

同じ「すなあらし」の影響を受けるメガシンカにはメガガブリアスメガバンギラス、タイプ上メガプテラがいるものの、ガブリアスバンギラスもメガシンカに頼らなくても強いポケモンでありプテラも砂パに入ることはあまりないため砂パのメガシンカ枠の競合はあまり気にしなくても良いだろう。

ただ、ガチの対戦環境としてはかなり厳しい。
前述の通り同じすなあらしの影響を受ける同特性のメガガブリアスが既に存在し、はがねタイプの耐久型のメガシンカには特性・フィルターのメガボスゴドラが既に存在してしまっている。
さすがにタイプが完全に一致しているわけではない為優劣はつけ難いものの、さすがに二番煎じになってしまっている感は否めない(なお、砂パ内ではボスゴドラは恩恵を潰すことになるメガシンカを使用しないことが多いので共存は実は上手いこと出来ている)。
その肝心の特性も、第5世代から天候特性に5ターンの制限がかかってしまった為使いづらい。

ハガネール同様、「とぐろをまく」を会得できれば、持ち前のタイプとアイコン的な技である「アイアンテール」および「ジャイロボール」の有効性が大幅に増すのだが・・・やはり不遇な部分が残る

とは言えアタッカーとしては必要な能力が上昇しており、耐久の数値自体は上昇している為全く埋もれた存在であるかと言うとそうでもなかったりする。
メガシンカとしては低めとは言え攻撃力は立ち回るだけなら十分な数値はあり、物理耐久自体もHP振りだけで不一致弱点程度ならば確定2~3発に抑える程の高さを誇る。
また、メガシンカの中でもとりわけ遅い(メガハガネールより遅いのはメガヤミラミのみ)事を利用したトリックルーム構築におけるメガシンカとしても候補に挙げられる。

つまり、言葉通り「動作が遅いデメリットを気にせずに攻める」のがメガハガネールの戦法である。
ハガネールの持ち物第1位はハガネールナイトであり、愛用者は結構多い。
上手く他のメンバーでサポートしながら、その性能を活かせるようにすべきである。

第7世代では当初こそ解禁されていなかった物の、大会の商品やシリアルコードによって解禁。前作に比べより強力なフェアリータイプが増えたのはメガハガネールにとっては好都合である。特に新規フェアリーの筆頭格とも言えるミミッキュには滅法強い。ただし呪い型には突破される恐れがあるので注意が必要。
カプ・コケコにも有利を取る事が可能でこちらはほぼ完全に有利を取って行けるので安心して相手出来る他、フェアリータイプではない物の7世代で大幅強化された同じ鋼のメガシンカポケモンであるメガメタグロスにはタイプの関係上有利に立ち回れる。上記のミミッキュ、カプ・コケコとよく組まれる事も多く1匹で詰ませる事も出来るので相対的に評価は上がっていると言える。

一方カプ・テテフはメインウェポンこそ半減可能ではあるが、サブウェポンが豊富な上フィールド補正の掛かった並外れた火力によるメインのエスパー技で突破される可能性もあるので安心して相手する事は出来ず、カプ・レヒレアシレーヌ相手はタイプ相性の関係で不利。
また、テッカグヤ等の強力な鋼タイプの出現により以前にも増して炎タイプの技の需要も上がっているので相手を非常に選ぶという事には変わりがない。新しく登場したZワザによる予想外の役割破壊も気になる所。なので以前よりもより慎重に相手を選びつつ、役割対象の出現により強化されたタイプと種族値による強みを活かしていきたい所だ。

ハガネールナイト

ハガネールは前述の通り特別体験版で入手できる。しかしハガネールはともかく、ハガネールナイトはある問題を抱えていたのである。

体験版で入手できるハガネールはレベル40なので、言う事を聞くようになるのは何故か自身が有利に戦えるテッセン戦後なのは仕方が無い。
それでも言う事さえ聞くようになれば、さすがに高レベルのはがねタイプだけあって極端に足を引っ張る事はない。というかバッジが少ない時点でこのスペックはある意味破格。
…もっともこの先のハジツゲタウンにたどり着けばメタルコートの入手に困らなくなるので、
イワークのタマゴを孵す→カロス地方で育ててくる→育てた個体を戻す
という手も出てきてしまうが。(※カロス地方のほうがレベルが上げやすい上に命令を無視しないボーダーラインが高い)

最大の難点はずばりハガネールナイトを入手できるタイミングである。
実はハガネールナイトが落ちているのはいしのどうくつ・地下2階。
ORASでは仕様変更によってじてんしゃを入手しなければ地下2階には行くことが出来ない。じてんしゃを入手しなければ
じてんしゃを入手できるのは前述のキンセツシティである。つまりこの時点でいしのどうくつに戻ればハガネールナイトを入手できる
「体験版で入手できるのだからさぞかしレアなメガストーンなんだな」と考えていたトレーナーは、盛大に肩透かしを喰らう羽目になってしまったのである…。

メガハガネールX抗体 他


りゅうのいぶき」をレベルアップで覚えることなどから、もしかしたらドラゴンタイプになる道もあったかもしれない…。

アニメのメガハガネール

劇場版のメガハガネール

劇場版『ボルケニオンと機巧のマギアナ』における悪役・ジャービスがメガウェーブで無理やり操ったメガシンカポケモンの1体として登場。
他の操られたメガシンカポケモン達と共に、マギアナを取り戻すべく拠点に乗り込んできたボルケニオンサトシ達に襲い掛かった。

タケシのメガハガネール

「俺は強くて硬い石の男!行くぞ、メガシンカ!」
サン&ムーン43話ではタケシのハガネールがメガシンカ。
カキバクガメスが繰り出したZ技「ダイナミックフルフレイム」を真正面から受け止めて大ダメージを受けるも耐え切り、「ストーンエッジ」でバクガメスを撃破し勝利した。

関連イラスト

ハガネール
シャッッキーン!!


めがねーる
ポケモン詰め



関連タグ

ハガネール メガシンカ メガシンカポケモン

pixivに投稿された作品 pixivで「メガハガネール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122260

コメント