ピクシブ百科事典

ジャービス

じゃーびす

ジャービスとは映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「人間もポケモンも、大切なものを失うと心が壊れます」
声:山寺宏一

曖昧さ回避


概要

映画『ボルケニオンと機巧のマギアナ』に登場する悪役。

500年前に存命していた発明家エリファスの神秘科学によって発展したカラクリ都市国家『アゾット王国』の大臣。
部下はドーガ(声:加瀬康之)とイーサ(声:東條加那子)。

とある目的のためにマギアナ、ひいてはその魂であるソウルハートを狙う。

彼が考案した神秘科学を元にネオ神秘科学の技術を編み出した天才科学者でもあり、力で破壊することは極めて困難な拘束具キャプチャーカフスや、何匹ものポケモン達を操り更には強制的にメガシンカさせることが可能なメガウェーブを開発している。
彼の持っている杖はメガウェーブでポケモンを操るための道具だが、子機の腕輪を用いての連動も可能である。

国王から信頼され、ラケル王子に神秘科学を教え、ラケルからも信頼を勝ち取ってはいるが、その性格は慇懃無礼そのもので、ラケルですら自分の目的のために利用する道具としてしか見ていない。

特にポケモンの事は「ちっぽけな存在」と見下しており、目的のため無垢なポケモン達を蹂躙する事に何の罪悪感も抱かないどころか、むしろその行為に愉悦感すら感じている節があるド外道。
それ故に自らポケモンを扱う実力は皆無であり、彼らの持つ力を大いに侮っていた事が劇中の敗北へと繋がっていった。

その悪行

彼の目的は、マギアナのソウルハートを用いエリファスが発明した空中要塞を甦らせ『私の理想の』アゾット王国のために使うこと。

その手段の苛烈さたるやかなりのもので、

  • サトシ一行のポケモンほぼ全員を拘束し、痛めつけて人質にする
  • マギアナを手に入れたのち、マギアナの本体ともいえるソウルハートを抜き取った抜け殻の身体だけをボルケニオンに向けて捨てる
  • サトシ達に向けてどこぞのチャンピオンのごとく、しかし彼とは違って明確な殺意を持ったうえではかいこうせんの一斉射を浴びせる
  • 計画を遂行する上で邪魔になるマギアナの心を壊すために、マギアナ自身の力で動く要塞の主砲で、マギアナ達が守ってきたポケモンのいるネーベル高原を焼き払おうとする
といった外道行為をいくつも実行している。

サトシ達との戦いの末、メガウェーブを司る杖を壊されソウルハートも奪還され、計画は完全に阻止された。だがそれでも彼は悪意を燃やし、ネーベル高原を道連れにせんと空中要塞をネーベル高原への落下コースに乗せたうえで制御機能を破壊
そのうえで挑発と共に脱出装置を使い、再起を図るべく1人で逃走を試みる。が、サトシゲッコウガのみずしゅりけんで脱出装置を破壊され森の中へと墜落していった。

本編での出番はここまでだが、エンドロールにて木に引っ掛かっていたところをキミアに連行されたことが明かされている。その時も逃亡を試みていたが、サトシとボルケニオンを繋いだキャプチャーカフスで飛行艇と繋がれていた為に失敗。ここで彼の命運も尽きたと思われる。

公式サイトの感想コーナーにおいて、彼の画像には『ポケモン映画史上最凶最悪!』という謳い文句が付いている。
事実、ジャービスの性格の悪さと外道行為はアニポケのみならずポケモンのメディアミックス作品全てを見渡しても上位に入るレベルといっても過言ではない。
謳い文句は誇張でもなんでもない純然たる事実であるといえよう。

所有ポケモン

メガウェーブによって白いメガゲンガーへと変わる。
ジャービスの性根とポケモンに対する思想故に信頼関係は皆無で、与えられたメガウェーブの力が無くなるや否や彼を見捨て、自分だけさっさと逃げてしまった。

関連タグ

ボルケニオンと機巧のマギアナ 吐き気を催す邪悪

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャービス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41785

コメント