ピクシブ百科事典

ボルケニオンと機巧のマギアナ

ぼるけにおんとからくりのまぎあな

2016年7月16日公開のポケモン・ザ・ムービーシリーズ第19作目の作品。
目次[非表示]

泣けるポケモン映画!!ポケモン史上最高の感動が君を待っている!
2016年7月15日読売新聞朝刊の広告から引用)

概要

ポケモン映画(ポケモン・ザ・ムービーシリーズ)第19作目の作品。
幻のポケモンボルケニオンマギアナが主役である。
また、ジガルデ10%フォルム、パーフェクトフォルムも『サン・ムーン』に先駆けて登場する。
『X・Y』ゲーム本編、人間によって傷つけられたポケモン達が暮らす『ポケモンの森』とORASの『ムゲンダイエナジー』の設定をベースにした物語である。

前売り券特典はボルケニオンとなっているが、劇場配信はポケモン総選挙で1位に輝いたゲッコウガになっている。
入場者特典は筐体ゲームポケモンガオーレディスク「マギアナ」。『サン・ムーン』にQRコードを読み込ませるとマギアナを仲間にして冒険を共にできる。

登場キャラクター

今作の幻のポケモン。人間を信用していない。特殊な器具を取り付けられてしまい離れなくなったサトシと仕方なく同行することに。「ぶっ飛ばす」が口癖。
アームから水鉄砲や水蒸気を発射でき、それを使って飛行すること可能。しかし、水切れを起こすとア ームの模様が赤く変化し、大量の水を供給しなければならない。

500年前、天才科学者エリファスの手により作り出された世界に一体しか存在しない人造ポケモン。

アゾット王国王子。年齢は14歳。神秘科学に傾倒しており、自分にその技術を詳しく教えてくれたジャービスを信頼している。手持ちはペロリーム

  • キミア (CV:松岡茉優(ゲスト声優))
アゾット王国王女。ラケルの姉。神秘科学でつくられたバイクで空を飛び回るなど快活かつお転婆な性格。内向きな性格の弟を心配し、大臣のジャービスを警戒している。手持ちは色違いのサーナイトで、メガサーナイトへメガシンカできる。

アゾット王国大臣。マギアナの魂であるソウルハートを手に入れ、あることを目論んでいる。
神秘科学を元にネオ神秘科学を作り出し、ポケモンと操って強制的にメガシンカさせるメガウェーブなる発明もしている。性格は残忍で、ポケモンを「ちっぽけな存在」としか見ていない。手持ちは色違いのゲンガー

ジャービスの持つポケモンの一体。メガウェーブでメガオニゴーリへと強制メガシンカする。

500年前の神秘科学者であり、ポケモンと人が幸せに暮らせる世界を目指し、ポケモンと共に様々な発明品を生み出した。彼の存在はシトロンにとって憧れであり目標である。
その技術を生かしてかつてマギアナを作り上げた。

予告編

  • 特報1


  • 特報2

  • 特報3

  • 予告編1

  • 予告編2


余談

再び短編映画の廃止

今作は『キュレムVS聖剣士ケルディオ』以降復活していた短編映画が再び廃止された。エグゼクティブプロデューサーの岡本順哉によれば、「短編の有無について規則性みたいなものはなく、昨年の段階でのスタッフの協議により、『ピカチュウとポケモンおんがくたい』がかなり実験的かつ挑戦の多かった作品だったので監督もスタッフもやり切った感があったと思い、一旦おやすみすることを決定した」。これにより本作は、ドラマをより厚くし、力を注いだものとなったと語っている。

余談だが、『キュレムVS聖剣士ケルディオ』・『神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒』・『光輪の超魔神フーパ』など同時上映のある一部の作品は、時間の都合上、本編の尺が70分程度。
その中でサトシ達・ゲストキャラ・ゲストポケモンの活躍を描かなければならない都合上、ストーリーが駆け足であったりサトシ達の出番・活躍が少ない、ゲストキャラクターの掘り下げが少なくなるといったことがあったため、そのあたりの事情を鑑みたのかもしれない。

興業収入

内容の評価に対して、興業収入は約21億円。
前作の26億円よりも更に落ち込み、歴代最低記録を更新するという苦杯を喫した。

大幅に下がった理由としては、前年同様『妖怪ウォッチ』などライバル作品の存在による児童層の人気の変化、公開同時期に『シン・ゴジラ』『ONE PIECE FILM GOLD』、『君の名は。』といったモンスター映画が上映され、話題を完全にさらわれたこと、
劇場版での配布ポケモンがとくせい:へんげんじざいとはいえ単にハッピータイムを覚えたゲッコウガLv100である・・・という魅力の低さ(公開直前、サトシゲッコウガ人気もあって1位を獲得した面もあるため)等が考えられる。

また、シリーズとしてもベストウィッシュ期以降、興業収入が下がり続けており、
加えて「幻のポケモン配布」による集客を行い続け、反面エンターテインメント性が高いとは言えない作品を多く上映し続けてきたこと、
その結果としての「幻のポケモン配布のためだけの映画」「ストーリー面は評価できない」
の、内容への不支持や低評価、期待度の低さを払拭してこなかったツケが、
配布ポケモンで集客・リピーターが期待できなかった事と重なって噴出したと思われる。

映画の興行収入の低下傾向を受けてか、次回作は『劇場版サン&ムーン』ではなく、
20周年記念作品(そして、同時に原点回帰の意味も込めて)として、
初期シリーズを下敷きとする劇場オリジナル作品、『キミにきめた!』となった。
同作は公開4週目で22億円超と本作の興行収入を突破。5年連続で続いた興行成績の低下傾向に、一旦歯止めをかけることに成功している。

関連イラスト

関連タグ

劇場版ポケットモンスター ポケモンXY&Z アニポケ
ボルケニオン マギアナ
メガシンカポケモン

ジガルデ パーフェクトフォルム

光輪の超魔神フーパ→今作→キミにきめた!

外部リンク


pixivに投稿された作品 pixivで「ボルケニオンと機巧のマギアナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306709

コメント