ピクシブ百科事典

ルギア爆誕

るぎあばくたん

1999年7月に公開されたアニメ『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』のこと。
目次[非表示]

「私は誰だ?」←「私は私だ!」

概要

ルギア爆誕(ルギアばくたん)とは、劇場版ポケットモンスター第2作目『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』のことである。1999年7月17日公開。
同時上映は『ピカチュウたんけんたい』。

前作の『ミュウツーの逆襲』での「私は誰だ?」に対する、「私は私だ!」をコンセプトとしてそれぞれの世界をテーマに、深海で世界のためとして己を捨てて生涯を深層海流の管理に捧げる「海の神」ルギアや、世界など関係なく己のコレクターとしての世界を追求し続けるジラルダンらが登場する。

当初は「伝説のポケモン X爆誕」というタイトルで、Xが何なのかは伏せられていた。
後にルギアであることが判明するのだが、正確には仮タイトルの時点ではポケモンの名前がまだ決まっていなかった。

キャッチコピーは「命をかけて、かかってこい!!」
CMでルギアの台詞として使われているが、本編中の台詞や展開としては全くない。
後に『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』でボスとして登場するルギアの台詞として使われた。

興行収入は前作の約半分だが、1999年公開の邦画の中では第1位。歴代ポケモン映画としても第2位を記録している。

あらすじ

オレンジ諸島で旅を続けるサトシたちは、船に乗って移動している途中、突然の嵐に見舞われ、「アーシア島」に到着する。
そこでは祭りの真っ最中。歓迎されたサトシは、「優れたる操り人」(ポケモントレーナー)として祭りの儀式に参加することになる。
儀式といっても3つの島に奉納されている宝を運び、海の神の祭壇に安置するだけ。
その後、巫女フルーラが祭壇の前で笛を奉納することで終わる、簡単な儀式のはずであった。

しかし、神と呼ばれるポケモンのサンダーとフリーザーが怒り狂って暴れ、嵐が巻き起こってしまい事態は難航する。
実はアーシア島の周辺には世界の天候を左右する深層海流の拠点があり、それを司っているのが海の神ルギアと、3つの島をそれぞれ縄張りとする火の神ファイヤー、雷の神サンダー、氷の神フリーザーであった。

この4体のポケモンがいることでバランスが保たれていたのだが、ポケモンコレクターのジラルダンによってファイヤーが捕らえられてしまう。
それも、ジラルダンにとってはルギアをコレクションに加えるための一手に過ぎなかった。

急激な天候異変とポケモンの異常行動はアーシア島周辺のみならず、全世界中で巻き起こる。
海の神の祭壇で待つ、人語を話すヤドキングは告げる。
「優れたる操り人現れ 神々の怒り鎮めんかぎり…」
世界の命運はサトシ達が宝を集め、神の怒りを鎮められるかどうかにかかっていた。

登場人物

レギュラーキャラクター

ゲストキャラクター

ゲストポケモン


主題歌

オープニングテーマ
ライバル!
作詞 - 戸田昭吾 / 作曲・編曲 - たなかひろかず / 歌 - 松本梨香

エンディングテーマ
「toi et moi」
作詞 - MARC&TK / 作曲・編曲 - 小室哲哉 / 歌 - 安室奈美恵

イメージソング
『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』オリジナルミュージックコレクションに収録されている。

我はコレクター
作詞 - 湯山邦彦 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 宮崎慎二 / 歌 - 鹿賀丈史

はてしない世界
作詞 - 湯山邦彦 / 作曲 - 宮崎慎二 / 歌 - 平松晶子
原曲はフルーラが笛で演奏する曲である。元々はエンディングで使うために用意されていた。

みんながいたから
作詞 - 吉川兆二 / 作曲 - 貴三優大 / 歌 - 松本梨香

関連イラスト

フルーラ
海の神


私が欲しいのは・・・
ありがとう



外部リンク

脚本の首藤氏は本作のエンディング曲に納得していないようで、かなり辛辣な意見を書いている。


関連タグ


『爆誕』関係

関連記事

親記事

劇場版ポケットモンスター げきじょうばんぽけっともんすたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルギア爆誕」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240262

コメント