ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 1977年9月20日-、沖縄県出身。愛称は安室ちゃん。所属事務所はstella 88。所属レコード会社はエイベックス、所属レーベルはDimension Point。

どうして私もこうならない



来歴

 小学生時代、友人の付き添いで訪れた沖縄アクターズスクールの校長に見いだされ、特待生としてスカウトされレッスンを受ける。

 1991年にスクール内グループ『スーパーモンキーズスペシャル』の一員となる。翌年9月、『SUPER MONKEY'S』に改名し東芝EMIより『ミスターU.S.A.』でメジャーデビュー。初期のSUPER MONKEY'Sのメンバーには、後に振付師として有名になった牧野アンナ仲宗根梨乃がいる。
 その後暫くはヒットに恵まれず、1993年4月に牧野アンナが安室の才能に圧倒され、アイドルの道を諦め脱退し『SUPER MONKEY'S 4』に改名。翌年7月には『安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S』と改名する。

 1994年、当時所属していたライジングプロダクションの社長からエイベックスの専務(当時)MAX松浦を紹介され、翌1995年1月25日のシングル『TRY ME 〜私を信じて〜』をプロデュースされ70万枚売り上げるヒットとなる。同年4月26日に発売されたシングル『太陽のSEASON』安室奈美恵単独名義となりソロデビュー(諸説ある。後述)を果たす。但し以降も歌番組やライブなどでは他のメンバーと一緒に出演していた。

 1995年10月、それまでの総決算としてSUPER MONKEY'S時代の楽曲を含めた1stアルバム『DANCE TRACKS VOL.1』を発売、出荷ベースで初のミリオンセラーを記録しオリコンで初の首位を獲得する。小室哲哉のプロデュースに入り、10月25日avex traxより『Body Feels EXIT』を発売。これ以前は主にユーロビートのカバー曲でヒットを出していたが、同曲のヒットにより一気にスターダムにのし上がっていく事になる。12月4日『Chase the Chance』をリリースしシングルで初のミリオンセラーを記録。この曲で同年の紅白歌合戦に初出場する。また、名義変更後も一緒に活動していた旧SUPER MONKEY'Sと分離して完全にソロとなる(他のメンバーは後にMAXとなった)。

 1996年『Don't wanna cry』****『You're my sunshine』と前年から三作連続ミリオンセラーとなる。そして7月22日にリリースされた2ndアルバム『SWEET 19 BLUES』初動でダブルミリオン、最終的にトリプルミリオンを記録し当時のアルバム初動、歴代売上(女性ソロ部門)共に歴代最高を記録、更に『Don't wanna cry』で日本レコード大賞を当時最年少で受賞し名実ともにトップアーティストとなる。
時期を同じくして、現在も黒ギャルとして残るコギャル日焼けさせたファッションリーダーとなり、90年代後半頃「アムラー」と呼ばれる彼女のスタイルを真似した少女達が大量発生していた。

 1997年に発売されたシングルCAN_YOU_CELEBRATE?は250万枚以上を売り上げ、現在も破られていない日本歴代女性ソロアーティストシングル売上枚数一位を記録、更に同曲で二年連続レコード大賞を受賞する。10月22日、TRFのメンバーSAMと結婚及び妊娠3ヶ月であることを発表する。12月31日、紅白歌合戦に紅組トリとして『CAN_YOU_CELEBRATE?』を熱唱。

 1998年12月、復帰シングル『I HAVE NEVER SEEN』を発売。同月31日の紅白歌合戦に昨年と同じく『CAN_YOU_CELEBRATE?』を披露、その最中の23:30分に64.9%という同番組最高瞬間視聴率を記録した。

 1999年、復帰後二枚目となるシングル『RESPECT the POWER OF LOVE』の発売日に実母が親族間のトラブルで殺害される悲劇に見舞われる。

 その後、次第にR&B・HIP HOP色を強めていくようになる。2001年に小室プロデュースを離れ、2002年にはSAMと離婚。

 その後は海外へも活動範囲を広げて行く。

 2017年9月20日、翌年の2018年9月16日を持って、26年の活動に終止符を打ち芸能界引退することを表明した。

ディスコグラフィ

シングル

CDシングル

東芝EMI

#発売日タイトル販売形態収録アルバム備考
1992年9月16日恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.8cm CDORIGINAL TRACKS VOL.1
1993年5月26日DANCING JUNKDANCE TRACKS VOL.1SUPER MONKEY'S
1993年11月5日愛してマスカットSUPER MONKEY'S 4
1994年7月20日PARADISE TRAIN
1995年1月25日TRY ME 〜私を信じて〜安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S
11995年4月26日太陽のSEASON単独名義※裏ジャケット及びクレジットは安室奈美恵 with SUPER MONKEY'Sが残る
21995年7月24日Stop the music
avex trax
#発売日タイトル販売形態収録アルバム備考
31995年10月25日Body Feels EXIT8cm CDSWEET 19 BLUES単独名義のみとなる
41995年12月4日Chase the Chance旧メンバーと分離。完全ソロに
51996年3月13日Don't wanna cry第38回日本レコード大賞受賞
61996年6月5日You're my sunshine
71996年8月21日SWEET 19 BLUES1stアルバムからのリカット
81996年11月27日a walk in the parkConcentration 20
91997年2月19日CAN_YOU_CELEBRATE?第39回日本レコード大賞受賞
91997年12月25日CAN_YOU_CELEBRATE? -MAXI-CD結婚記念のマキシシングル再発
101997年5月21日How to be a Girl8cm CD
111997年11月27日Dreaming I was dreaming181920
121998年12月23日I HAVE NEVER SEENGENIUS 2000
131999年3月17日RESPECT the POWER OF LOVE発売日に安室奈美恵実母殺害事件が発生
141999年7月7日toi et moi権利の関係によりアルバム未収録映画ポケモンの主題歌
151999年9月1日SOMETHING 'BOUT THE KISSGENIUS 2000
151999年9月1日SOMETHING 'BOUT THE KISSCD
162000年1月1日LOVE 2000
172000年7月12日NEVER ENDbreak the rules
18|2000年10月4日PLEASE SMILE AGAIN
192001年1月24日think of me/no more tears
202001年8月8日Say the wordLOVE ENHANCED ♥ single collection
212002年2月14日I WILL
222002年9月11日Wishing On The Same StarCCCDSTYLE
232003年3月5日shine more
242003年7月16日Put 'Em Up〃〃
252003年10月16日SO CRAZY/Come
262004年3月17日ALARMQueen of Hip-Pop
272004年7月22日ALL FOR YOU
282004年10月14日GIRL TALK/the SPEED STARCD&CD+DVD
292005年4月6日WANT ME, WANT ME
302005年11月16日White Light/Violet SauceBEST FICTION
312006年5月17日CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK/人魚PLAY
322007年1月24日Baby Don't Cry
332007年4月4日FUNKY TOWN
342008年3月12日60s 70s 80sBEST FICTION
352009年3月18日WILD/Dr.PAST < FUTURE
362010年7月28日Break It/Get Myself BackUncontrolled
372011年7月27日NAKED/Fight Together/Tempest
382011年12月7日Sit! Stay! Wait! Down!/Love Story
392012年3月21日Go Round/YEAH-OH
402013年3月6日Big Boys Cry/BeautifulFEEL
Dimension Point
#発売日タイトル販売形態収録アルバム備考
412014年1月29日TSUKIBallada
422014年11月12日BRIGHTER DAYアルバム未収録
432015年12月2日Red CarpetFinally
442016年5月18日Mint
452016年7月27日Hero
462016年10月26日Dear Diary/Fghter
472017年5月31日Just You and I




関連タグ

MAX:嘗ての仲間。
浜崎あゆみ:後輩。

pixivに投稿された作品 pixivで「安室奈美恵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95088

コメント