ピクシブ百科事典

森喜朗

もりよしろう

第86代内閣総理大臣、第19代自民党総裁(在任2000年4月~2001年4月)。自民党清和会の領袖であった。政治家を引退した今でも「文教族のドン」と呼ばれる。
目次[非表示]

日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知して戴く」

内閣支持率が5%の衝撃

日本政治家。第86代内閣総理大臣、第19代自民党総裁(在任2000年4月~2001年4月)。175cm、体重103kgの巨体。

前総理の急死を受け、取り急ぎ自民幹部(五人組)によって選定された。就任に際し投票等が無かったことは「民主主義の否定」だとして後々まで非難され続けることとなった。

在任中は沖縄サミットを成功裏に終え、犯罪被害者保護法の立法、ストーカー行為規制法の立法、児童虐待防止法の立法、少年法の改正など治安立法を立て続けに成立させた。

しかし、就任後は失言の多さ等が問題とされ支持率が伸びず、短期で辞任した。

止めとなったのは、「えひめ丸事件」(アメリカ海軍原子力潜水艦が浮上する際、日本の実習船と接触し沈没させた事故。ただの事故ではなく、原潜は見学の民間人を乗せていた。)。
この事故が発生した際に首相はゴルフのプレー中であり、すぐさま公邸に戻ると言う判断をしなかったのが仇となった。

なお、シンキロウでも蜃気楼でもない。念のため(田中眞紀子議員は、皮肉でこう呼んでいたが)。

ラグビーやプロレスを好み、馳浩の政治家転身を導いた。見た目とキャラクターに似合わず潔癖症だという。自身でも大学時代にラグビー部に入部したことはあったが当時の早稲田大学は桁違いの強豪選手揃いだったこともありわずか半年足らずで挫折している。しかしその後もスポーツへの関心は高く、自民党のスポーツ振興政策を取り仕切っている。


三塚博から党内グループ「21世紀を考える会・新政策研究会」を受け継いで「清和政策研究会」と改称した。以降の自民党内部ではこの清和会が主流派となった。

小泉純一郎中川秀直は弟分的存在(小泉は一匹狼的存在で、自民党内部における仲間は少なかった)で、総裁選挙のルール変更は小泉の首相就任を後押しした。小泉退任後、「小泉さんは聞くことは聞いてくれるんですよ。ただ私は、あまり言うことを聞いたとは言わないようにしているんです。『小泉は何でも森の言うことを聞いてやっている』となればそれはよくない。言うことを聞かないやつだという言い方をしているほうがいい」と言っている。

但し、上記の小泉とのエピソード等は幾分森の演技も含まれており、中でも知名度が高いのが「干涸びたチーズ事件」である。郵政民営化法案が参議院で否決されたら衆議院を解散すると言う小泉を説得する、という体で彼と会談した際に「出されたのがビールと干涸びたチーズだけだった」とぼやいて空き缶とチーズを持ち、小泉がいかにも彼の言う事を聞かず強行するという印象を演じてみせた。しかしこれは小泉と阿吽の呼吸で演じた茶番劇だった事を後で本人も認めており、小泉相手以外の対応でもこうした「プロレス」的なパフォーマンスを行う事が多い。

2012年の衆議院選挙に出馬せず、かつて石川県議を務めた長男も既に不祥事で辞職した後事故死しており、親族による後継者も立たないまま引退した。彼の地盤であった石川2区は同じ自民党の佐々木紀が受け継いだ。

引退後も外国訪問などの政治活動を行っており、2020年のオリンピック招致活動にも参加、積極的に諸外国との顔合わせを行い最終選考にも安倍晋三らとともに同席した。

現在も自民党文教族のボス的立場にあると言われ、「私学助成利権」、「スポーツ振興利権」などを取り仕切る自民党の重鎮である。東京オリンピック招致の中心人物であった猪瀬直樹の辞任を受けて2014年には五輪組織委員会会長に就任し、「五輪利権」を掌握した。
2019年のラグビーワールドカップの日本招致委員会会長でもあり、新国立競技場建設では森喜朗古墳などと揶揄される。

余談

「森」という短い苗字から、「森元総理」と表記されると「森元・総理」なのか「森・元総理」なのかわかりづらいという弊害がある。このため、ネット上では「森元」というあだ名で呼ばれているが、そのせいで「森元」という苗字だと誤解する人もままいる。なお、日本の憲政史上で「森元」という名の総理大臣はいない。

沖縄サミット中、クリントン大統領に対し「How are you?」(ごきげんいかが)を間違えて「Who are you?」(あんた誰)と言ったというデマが報道されたが、完全な事実無根である。
これは元々、韓国大統領の金泳三が英語が苦手なのを揶揄して「こんなこと言いそうだ」と語られたジョークであり(つまり、金泳三も実際には言っていない)、それが「森総理にも使えそうだ」ということで広まったものである。
失言を期待していたマスコミが、それらしい噂に勇み足で飛びつき、伝聞に伝聞を重ねて拡散したという、現在のネットにも通じる悪意の連鎖であった。
森氏の人望のなさが根底にあったとはいえ、完全な風評被害であり、森氏はこの捏造事件に対して疲れたようなコメントを残している。

関連タグ

総理 失言 神の国 ゴルフ ラグビー
ミモレット チーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「森喜朗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37202

コメント