ピクシブ百科事典

自民党

じみんとう

日本の政党。正式名称は「自由民主党」(じゆうみんしゅとう)。政治位置は親米保守主義
目次[非表示]

日本の自由民主党

自由民主党(Liberal Democratic Party of Japan)


党歌『われら』1955年に吉田茂政権の与党・自由党と反吉田党である日本民主党などが合同して結党した保守政党。中道寄りの自由党系保守の系譜と、右派寄りの日本民主党系保守の系譜が長らく派閥として存在していた。自民党の党首は総裁という役職で、初代総裁は鳩山一郎である。党の事務は幹事長が行う。

保守政党の大合同の目的としては1955年の日本社会党の左派・右派社会党の統一による一大革新政党の出現に対するものであったが、その後の日本政治においてほぼ一貫して日本の政権を独占し、1955年~1993年の38年間を自民党一党で総理大臣はすべて自民党所属の国会議員から選出させた。多党制民主主義を標榜する国家で20年以上同じ政党が政権党を継続するのは極めてまれで、日本国の自由民主党とメキシコ合衆国の制度的革命党だけともいわれる。

1993年に小沢一郎細川護煕羽田孜らが率いる非自民連立政権が次々と交代したあと、自民党はかつてのライバルであった社会党(及び新党さきがけ)と連立する異例の大連立を組んだ(自社さ連立政権)。しかし社会党の方針転換に反発した支持者が大量離党し、橋本龍太郎時代に再び自民党単独与党に復帰した。その後は公明党を連立政権に取り込むことで、自民党は自党の支持基盤の弱体化を補った。2009年の民主党による政権が3年続いた後、2012年(平成24年)12月の総選挙で政権与党に返り咲いた。自民党は再び自民公明政権体制を構築した。

全体としては中道右派の保守政党という位置づけであるが、親米・反共産主義・保守という基本線は一致しつつも、多様な勢力を含んでいる。吉田の旧自由党系の中道・穏健派(ハト派・経済発展重視・混合経済)の議員派閥と、鳩山の旧日本民主党系の右派・急進派(タカ派・保守イデオロギー重視・新自由主義)の議員派閥が凌ぎあっており、昭和の間は前者が、平成に入ってからは後者が、それぞれ自民党の主導権を握っているとされる。自民党の派閥は中選挙区時代は一つの政党に匹敵するぐらいの力を持っていて「領袖」と俗称される派閥トップへの就任が総裁へのステップだった時代もあったが、小選挙区制の導入後派閥の影響力が激減し、自民党の派閥は総裁の座を争うための集団からポスト獲得互助組織へと変質していった。

日米安保条約を外交の基軸とし、とりわけ小泉政権がイラク戦争を支持して以降、アメリカ合衆国の世界戦略に積極的に協力する政治家の影響力が強まった。
但しこの姿勢を批判するなら大東亜戦争に勝ちゃあよかっただけの話なのだが、何故かそのことに言及すると黙る反自民が多い。

圧倒的な保守政党

自民党は1955年以降日本国の与党をほぼ担当し、高度経済成長期以降の日本社会の枠組みを作り出した政党である。

都市部では戦前からの会社文化の制度改革を嫌う大企業の経営者層、地方では農家・林業・個人商店主など既得権益層の利益を代表する政党であり、全国の特権階層と結びついていることがその強さの源泉でもあった。

が、平成以降は業界組織との関係維持が不安定になり、地方産業よりもグローバル資本の利益を代弁する新自由主義色を強めるとともに、創価学会が母体の公明党との連立を維持していく体制をとることになった。(自公連立)

外国などからみた特徴

日本政治では選挙をするのにもかかわらず、同じ政党が独裁的要素を持つ政党でもないのにもかかわらず、保守政党というのみで、四半世紀も政権を持つというのは常識的ではないという風に見られることがあった。アジアでは中国や北朝鮮ベトナムシンガポールのような一党独裁国家がいまだに多いので、そういった国々とも共通する政治風土が自民党の長期政権を可能にしてきた可能性もある。選挙の結果だけを見ると日本人が政権交代を望んでいないという風にとらえられることもある。政権交代を望まないということは民主主義的にどうなのかということが問題になってくるわけである。

しかし、第一党とはいえ自民党の支持率自体は国民全体の中でそう高くはない。自民党が圧倒的に勝利し衆議院議席の3分の2を占めた2012年衆議院選挙でも、自民党の実際の得票は3割弱にすぎない。これは勝者が票を総取りする小選挙区制の特質によるものである。さらに棄権者が有権者の半数弱いるため、自民党の支持者は全有権者中の16%であり、国民の中の最大勢力である無党派層の半分にも及ばないともいえるわけである。

但しこのことは、逆に言えば日本の左派政党は団結できない烏合の衆の証左でもある。民進党に離党届を出し除名された長島昭久議員は「今の民進党は与党のスキャンダルばっかり追いかけていて肝心の政策論議が出来ないだから国民に支持されない」という趣旨の発言をしている。

「自民負の遺産」? 国民舐めてますか?

年金不安」「少子化」「公害と自然破壊」「官僚と政治家・財界の癒着」「世界一の借金」など戦後社会の問題の要因を創り出したのも自民党と言える。

但しこの殆どは言いがかりに等しい内容である。
「少子化」はどの先進国でも起こっている現象であり、殊更日本だけがというわけではない。日本で目立つのは戦後ベビーブーム期に生まれた所謂“団塊の世代”がやたら多く、年金世代に入ると年金・福祉に無理が生じる、というものである。
一過性のもので将来性がないため、老人福祉に対し民間の投資がないのは当然であるといえる。

「公害と自然破壊」だが、特に公害についてはガンガン規制をかけまくったのも自民党である。特に代表されるのが自動車排出ガス規制で、アメリカではビッグ3が潰したマスキー法そのまんまの昭和53年排出ガス規制を実施したのは言うまでもなく自民党である(しかも年々更に厳しくなっている)。他にも、合成洗剤の無リン化、全国下水道網の整備、工場からの排出ガス削減、工業地下水利用の制限など、多くの規制が自民党の体制下で整えられてきた。昨今中共のような有様になっていないのは自民党の政策と、規制されると逆に燃えるという日本の技術者の変態根性の賜物といえる。
むしろ鉱工業の現場労働者の仕事が制限されると言う理由で左派政党が規制に反対することもちょくちょくあった

「官僚と政治家・財界の癒着」だが、左派政党(特に日本社会党向坂逸郞)が一部の労働組合を反体制集団に作り変えてしまったため当然財界が自民党に寄ったという事実を無視してはならない。三井三池争議などもはや労働争議ではなく内乱であった。あまりに過激化した労組が割れて、労組連合でも労使協調型労組(京急労組など)がイニシアチブを取っていったのは当然と言えよう。結果、現在は左派政党は労組連合にも見捨てられている(労使協調型の最大勢力とも言えるJR連合にそっぽを向かれている)有様である。

「世界一の借金」だが、日本の国債・公債の外債率は1%前後でしか無い。「国が借金することの危険性」とは国債の償還が出来ずに外国に乗っ取られてしまうことや、デフォルトすることで外国の投資家に損をさせて信頼を失ってしまうことなのだが、日本は自国債を買うような富裕層が少しずつ損をすれば済む話なので、そんな心配などいらない。
付け加えると、日本はアメリカに1兆1300億ドルほど貸してある。他国も含めると、世界一の債権国である。明らかに返さない国家もあるが(中共は意外にも既存債務は期限通りに償却している。それ以上の額を新しく貸せと言っては来るが)。
また、日本はG7+スイスの各国と無期限無制限の通貨スワップを結んでいる。つまり、日本が外貨不足になることは絶対に有り得ない
したがって日本がデフォルトする心配をする必要はない。なぜなら、日本がデフォルトすることによって全世界の対日債務が回収されればその先には人類滅亡しか無いからである。

このような有様だから、1990年代と2000年代の2回にわたって自民党が政権を失い野党になったのは、従来の自民党型政治が行き詰まったためであるが、90年代の非自民政権は基本政策の違いに目をつぶって連立したため混乱して自社さ連立政権に移行、民主党政権もスローガンとした「政治主導」が迷走の末破綻したため、その度に自民党が政権に復帰している。(⇒自由民主党

2012~2016年の自民党

民主党政権(2009~12年)までの間、自民党は10数年ぶりに野党となり、谷垣禎一総裁(任期:2009~2012)のもとで右傾化が進んだ。自民党の三たびの政権復帰に伴い再び党総裁となった安倍晋三は第一次政権の屈辱を晴らすべく、再び『戦後体制からの脱却』を目標に、以前よりも強権的な性格を隠そうとしなくなった。以前からの懸案であった改憲では憲法9条の改変よりも97条などに定められている「基本的人権」を制限することを最重視するようになり、マスコミへの介入、共謀罪の導入を目論むなど、より反動的な性格が強まっている。

その一方で、今度失敗したら二度と与党に上がれなくなることも自覚したのか、これまで頑なに拒んでいた返済不要の奨学金制度の導入や、子育て支援にも力を入れる事となり、以前よりは国民の声を反映するようになった。しかし、「働き方改革」には労働時間の規制緩和が抱き合わせにされるなど、「強いものをより強くすれば、全体が豊かになる」という発想は変わっていない。
ただし、自民党が公的扶助を嫌っていると言うのは真っ赤なウソである。そもそも、現在の公的扶助制度の殆どは自民党政権下で成立したものである。逆に民主党政権時に廃止されてしまったものも少なくない
「弱いものをより弱くしてしまう」政策よりは、自民党の政策のほうが支持されるのは当然である

また、マスコミ介入などが批判されがちだがマスコミの腐敗度合いはそれ以上に酷い。むしろ、国民の過半からは「手ぬるい」とされている。これは朝日新聞の2大スキャンダル(従軍慰安婦問題の捏造、吉田昌郎福島第一原子力発電所所長への調書による飛ばし記事)で止めようのないストリームになってしまった。更に2016年のアメリカの大統領選まで投票日の直近までヒラリー有利と報道するなどもはや何を言ってるのかわからない沖縄の2大紙に至っては土着県民は日付とラテ欄とお悔やみ欄だけのために取っていると言われる有様である。
要するにマスコミの自爆である。
ちなみに、フジサンケイグループ以外のマスコミ各社は日中記者協定(中国共産党の不利になる記事は書かない)に同意している。何が報道の自由だ

憲法第97条に手をかけて基本的人権を制限しようとしているとされるが、殆どの民主主義国の憲法と同程度の内容でしかない。今までが異常だったのだ。
だいたい左派野党がちゃんと憲法を尊守しているのかという疑問がある。日本維新の会からは右派野党の質問時間を削っているので憲法違反だとボコボコにされた事がある。

また、(共産党と公明党以外の日本の)各党に共通していることではあるが、選挙区を地盤とする各議員の寄り集まりの色合いが強く、若手議員が少ない。自民党は保守・特権階層の既得権益を代表する党の性格上世襲議員が多いが、若手では小泉進次郎をはじめその全てが世襲議員である。
が、対する左派政党はどうなのかというと世襲する人材すらいない

間接性民主主義とは一番マシな愚者を選ぶ制度と言われる。
この理論に基づけば、自民党が強いのは当たり前なのである

pixiv百科辞典でまでマヌケ自民党批判を繰り広げてるようでは打倒自民党など見果てぬ夢だろうね

党指針

立党宣言(1955)

  • 民生の安定
  • 公共福祉の推進
  • 自主独立
  • 平和の確立
  • 議会民主政治
  • 個人の自由と人格の尊厳
党綱
  • 民主主義
  • 文化的民主国家
  • 平和と自由
  • 自主独立。
  • 公共の福祉
  • 個人の創意と企業の努力
  • 経済の総合計画
  • 民生安定と福祉国家。
性格(1955)
  • 国民政党として階級政党(右派・左派勢力党)に反対
  • 平和主義政党として国際連合憲章の精神にのっとり世界平和に努力
  • 真の民主主義国家として基本的人権を尊重し、階級独裁や共産主義に反対
  • 議会主義政党として、闘争や破壊を排し伝統や秩序を保持しつつ現状改革
  • 福祉政策の実現を図る政党として社会主義経済と独占資本主義を廃し、自由企業を基に生産増強、社会保障、完全雇用、福祉国家を実現
使命(1955)
  • 社会主義や共産主義などは反米勢力
  • 日本国憲法や戦後民主主義は日本を弱体化させる。正しい民主主義と自由こそが必要であり、自由民主党は憲法改正で国民の負託に応える。
政綱(編)(1955)
  • 国民道義の確立と教育の改革
  • 政官界の刷新
  • 経済自立の達成
  • 福祉社会の建設
  • 平和外交の積極的展開
  • 独立体制整備

党綱(編)(2005)
  • 新しい憲法の制定を
  • 高い志を持った日本人を
  • 小さな政府を
  • 持続可能な社会保障制度の確立を
  • 世界一、安心・安全な社会を
  • 食料・エネルギーの安定的確保を
  • 知と技で国際競争力の強化を
  • 循環型社会の構築を
  • 男女がともに支えあう世界を
  • 生きがいとうるおいのある世界を

綱領〈現状認知〉(編)(2010)
天皇
  • 天皇を下に日米同盟を機軸とした外交政策で平和な日本を作り上げた
反左翼
  • 反共産・社会主義、反独裁・統制的統治は達成した
文化
  • 文化の喪失、経済成長の鈍化、財政悪化、少子化などの現実に対処するために、もう1つの立党目的である「日本らしい日本の確立」が重要とした
自由
  • 護り続けてきた自由は市場原理主義でも無原則な政府介入主義でも無いとして、自立した個人の義務と創意工夫、自由な選択、他への尊重と寛容、共助の精神からなる自由とした。
保守進歩主義
  • 我が党は常に進歩を目指す保守政党である

政策の基本的考え

  • 新憲法の制定
  • 自主防衛
  • 自助自立する個人の尊重
  • 市場経済
  • 地域社会と家族の絆
  • 公正な政策
  • 財政の効率化と税制改正
  • 我が党は誇りと活力ある日本像を目指す


マーク

正式な党章は菊花紋章である。ただ、国民に対して親しみやすさに欠けると思ったのかあまり使われず、昭和時代では「緑色の像」がシンボルマークとして使われた模様。しかし、このことは2014年現在ではほぼ知られていない。(もしかすると旧自由党系のほうのマークに近いのかもしれない。)

現在の自民党は〈黄色の太陽の下に青と緑の人型がバンザイをしている意匠〉をシンボルマークとしていることが多い。由来は「明るい太陽のもとで、自由にのびのびと暮らす人びと」を描いたとのこと。さいたまAA(画像右)の元ネタでもある。

ロゴ



ネット上の評判

中国朝鮮韓国)に対する強烈な嫌悪感を持ち、左派の政党やメディアに反感を抱く勢力からは、右派色の強い議員を多く抱えている自民党はおおむね好意的な評価を受ける傾向にある。自民党側もネットサポーターズクラブを創設するなど、ネット支持層(ネット右翼含む)を取りこむべく積極的に動いている(自民党に限った話でもなく、民主党、日本共産党などでも同様である)。

ただし、こうした勢力全てが自民党を支持しているとまでは言い難い。中道寄りの議員や親中派・親韓派の議員が少なからぬ影響力を持っていたこと、代々の総理総裁が河野談話・村山談話等を踏襲することで日本の戦争責任を認めていること、そしてアメポチ(アメリカの犬の意)と称されるほど過度にアメリカ寄りの外交姿勢などに不満を持つ声も多く見られる。

所属議員の扱いでも、右派寄りの議員(派閥で言えば現町村派の「清和会」や現伊吹派の「志帥会」などに所属する議員)には好意的な声が寄せられやすい一方で、中道寄りの議員(派閥で言えば現額賀派の「平成研」や現古賀派の「宏池会」などに所属する議員)に対しては、民主党議員に対するのと同じ程度の批判や非難が向けられることも珍しくない。

また、ネット上では漫画・アニメ・ゲーム・ネット等に対する表現規制に反対する声が極めて大きいが、自民党は青少年の健全育成を名目として表現規制に積極的であり、この点については批判を受けることが多い(この問題については、日本国憲法に謳われている表現の自由を重視し、反対姿勢を明確にしている日本共産党や社民党が評価を受けることが多い)。

pixivでの扱い

pixivでは2ちゃんねるニコニコ動画ほどは右派圧倒的優位の風潮が浸透していないこともあり、風刺絵や批判的な趣旨のイラストも少なからず見られるものの、民主党政権下の2009年〜2012年頃を中心に所属議員を応援する趣旨のイラストが数多く投稿されている。

関連タグ

自由民主党
セヌリ党大韓民国における、自民党と似た立場にある保守政党)
中国国民党中華民国における、自民党と似た立場にある保守政党)

現職国会議員


総理大臣経験者(引退済み)

吉田茂 鳩山一郎 石橋湛山 岸信介 池田勇人 佐藤栄作 田中角栄 三木武夫 福田赳夫 大平正芳 鈴木善幸 中曽根康弘 竹下登 宇野宗佑 海部俊樹 宮澤喜一 橋本龍太郎 小渕恵三 森喜朗 小泉純一郎 福田康夫

元国会議員

河野洋平 中川昭一 金丸信 安倍晋太郎 竹中平蔵 渡辺美智雄 浜田幸一 中川一郎 河野一郎

元自民党所属の政治家、もと政治家


外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「自民党」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188563

コメント