ピクシブ百科事典

鳩山一郎

はとやまいちろう

(明治16年1月1日~昭和34年3月7日) 第52・53・54代内閣総理大臣。明治~昭和時代の弁護士・政治家。正二位。大勲位。政治活動では確かな戦略をもって戦術に拘泥しなかった。

東京生まれ。

東大法学部卒業後、弁護士、東京市会議員を経て、大正4年に政友会から衆議院議員に立候補し初当選した。

昭和6年犬養内閣の文部大臣として初入閣。
昭和8年斎藤内閣の文相の際には滝川事件を起こした。

戦時中軍部の台頭に批判的な芦田均らと同好会を結成、昭和17年総選挙では、大政翼賛会非推薦で立候補し当選した。

東亜大戦後、自由党を結成し初代総裁となるが、公職追放により首相の座を逃した。
昭和26年夏に追放が解除され自由党に復帰、吉田茂との角遂から昭和29年に日本民主党を結成し、その後首相に就任。
対米追従一辺倒外交と軽武装偏重の政策を批判、早急な憲法改正と国防軍の創設に着手すべしと明言した。
また日ソ国交回復と日本の国際連合加盟を実現して退陣した。

関連タグ

鳩山由紀夫

関連記事

親記事

昭和時代の内閣総理大臣 しょうわじだいのないかくそうりだいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鳩山一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1068

コメント