ピクシブ百科事典

芦田 均(あしだ ひとし)は、日本外交官政治家

1887年11月15日、京都府福知山市豪農の家に生まれる。東京帝国大学(現在の東京大学法学部卒業。
外交官を経て政界入りし、立憲政友会に所属して外務省とのパイプを務めた。軍国主義が広まる議会においてリベラリストとして活動した。戦後は鳩山一郎を中心とする日本自由党の結成において、指導的役割を果たした。幣原内閣に入閣しながら、総選挙後の“居座り”に対して厳しく対応し、単独閣僚を辞任して内閣をして内閣総辞職に至らしめた。
第1次吉田内閣時代に、衆院憲法改正特別委員長として憲法9条が現在の形になるのに深く関与した。1947年(昭和22年)には自由党を離党して民主党(現在存在するこの党とは異なる)を創設しみずから総裁に就任した。片山内閣成立にあたっては、これに反対する幣原喜重郎らを抑えて、日本社会党・民主党・国民協同党による3党連立内閣を実現させ、副総理格の外務大臣として入閣。さらに社会党の内紛によって片山内閣が崩壊した後は、禅譲の形で首相に就任した。しかし内閣は昭和電工事件により、わずか7か月余りの短命内閣に終わった。首相在任中には戦後日本の針路を基礎づける重要な法案が多く成立しているが、その中で自身が首相としてイニシアチブを取った形跡はほとんどなく、「戦後最も影の薄い総理大臣」(by八幡和郎)といった評価もある。
1959年6月20日死去。

関連記事

親記事

昭和時代の内閣総理大臣 しょうわじだいのないかくそうりだいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「芦田均」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127

コメント