ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

鈴木善幸(すずきぜんこう)は、日本政治家


概要、人物

1911年1月11日、岩手県漁師の家に生まれる。

水産講習所(現在の東京海洋大学)卒業後、漁業組合運動で活躍。その後、日本社会党から衆議院議員選挙に出馬し、初当選する。

のちに同郷の先輩政治家である小沢佐重喜小沢一郎の父親)に誘われ、吉田茂率いる民主自由党(のちの自民党)に移籍した。自民党では池田勇人率いる宏池会に所属。

1980年7月、大平正芳前首相の急死を受け、第70代内閣総理大臣に就任。約2年務めた。

総理大臣としての評価は概して低く暗愚の宰相と呼ばれ、「誰でも首相になれるという前例になり政治を劣化させた」と酷評されている。


息子である鈴木俊一は2022年現在、岸田内閣にて財務大臣を務めている。

また娘の千賀子の夫は麻生太郎


2004年7月19日、93歳で死去


評価

第70代内閣総理大臣に就任した際、海外からの知名度不足からアメリカのメディアに「ゼンコー フー?(Zenko who?)」と言われた。鈴木が総理大臣就任時には日米関係も悪化している。


一般的に総理大臣としての評価はお世辞にも高いとは言えず、平凡な経歴の鈴木が就任してから総理大臣候補が小物化していったという厳しい指摘もある(政治学者の八幡和郎の著書「歴代総理の通信簿」にそう書かれている)。

三角大福の時代までは要職の経験が豊富な人物が首相になっていたが、特にこれといった経歴が無い鈴木が首相になったことで「誰でも首相になれる」というイメージが付いてしまったとも言われている。


関連タグ

関連記事

親記事

戦後の内閣総理大臣 せんごのないかくそうりだいじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 362

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました