ピクシブ百科事典

小沢一郎

おざわいちろう

日本の政治家。岩手県選出の衆議院議員。現在は自由党所属。政界の剛腕として有名。
目次[非表示]
となりのイチロー


来歴

昭和17年(1942年)5月24日、東京都生まれ。父の佐重喜は弁護士で政治家、母も政治家の娘という家庭にうまれた。幼少期に父の故郷である岩手県水沢市に疎開し、中学校の途中まで過ごす。東京に戻って後慶應義塾大学経済学部を卒業、弁護士を目指したものの父が急逝し跡を継ぐため断念し昭和44年(1969年)に自民党から立候補して当選し27歳で政治家デビュー。田中角栄金丸信の子分筋となる。

経歴

自民党議員時代
闇将軍」「最強の一兵卒」などあだ名が多い。現在の小沢は「『原理』なき原理主義者」とか「田中政治のニヒリズムの申し子」などと評される。
長らく自民党の本流、田中~竹下派に属し、47歳にして就任した党幹事長時代には総裁候補者を事務所に呼びつける権力ぶりで「剛腕」とも言われた。あらゆる意味で自民党政治の象徴でもあった。竹下派の分裂で小渕派に破れ、少数グループとなった。

破壊神小沢一郎

平成5年の宮沢政権不信任案可決では、不信任に投票、逆に自民党政権崩壊の元凶ともなり、細川政権樹立に大きく貢献する。その後も党(新進党)を作っては壊し、作っては壊し(自由党)の繰り返しで、遂には自民党や公明党と組んで連立政権を作ったかと思えばそこでも党を割り、現在の民主党(日本)をつくることになる。

同時に数々のスキャンダルで名前が浮上、幾度となく入退院を繰り返し何度も「小沢一郎はもうダメだ」と言われつつもその度不死鳥・・・というか得体の知れない生物ぶりで、権力の中枢にいる人物で嫌う人間も多いが、支持する人間もまた多いというのは事実で、ここ数年も民主党の党代表選挙のほとんどが「親小沢」か「反小沢」かを焦点に争ってる点からもうかがえよう。

資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反で党員資格停止状態にあったが、平成24年5月10日、停止処分は解除された。裁判の結果いかんでは大きく政局が変わるとされ動向が注目される。間違いなく、全国の中高生が社会のテスト勉強で一度は頭を抱える「平成5年以降の日本の政党の歴史」の暗記を難しくさせた張本人であり、その辺りについては一度弁明してもらいたいものである。

近年の政治家としては珍しく住み込みの弟子達を抱えており、後に議員となり彼絡みの事件で逮捕された石川知裕もその1人である。汚職事件報道の際に「風呂上がりに裸でふんぞり返り、弟子達に団扇で煽がせて涼んでいた」との報道が一部あり、マニアな腐女子上級者以外をドン引きさせた。

小沢教

一方で非常に熱烈な信者が一定存在し、弟子である石川知裕青木愛議員や三宅雪子谷亮子などの取り巻き等はもちろんのこと、マスコミでも日刊ゲンダイ上杉隆など熱烈な信奉者がおり度々強烈な擁護記事を書かれている。また妻(竹下登の弟竹下亘の妻とは姉妹関係である)の実家である新潟にあるゼネコンの福田組、その他東北のゼネコンなどを票田とした強力な地盤を持っていた。

しかし平成24年(2012年)6月に長年彼とその強力な選挙地盤を支えてきた妻が3人の息子達とともに造反、決別宣言を兼ねた暴露文を公表、これは後に一部個人名を伏せて週刊文春に全文が掲載された。これによると妻が一番我慢がならなかったのが東日本大震災の際、放射能を恐れるあまり早々に逃げ出し被災地である地元を顧みなかったことだったという。地元岩手の後援組織も解散し、さらなる窮地に立たされた。

壊し屋伝説は続く

平成24年(2012年)に消費税増税法案の賛否を巡って民主執行部と対立し、小沢派議員を引き連れ離党し、新党「国民の生活が第一」を立ち上げた。…が半年もしないうちにそれも解散して日本未来の党に合流、そこも1ヶ月でぶっ壊して乗っ取り生活の党にしてしまうなど相変わらずである。
しかし平成26年(2014年)12月の衆議院選挙では党自体も最初から苦戦し、小沢自身も今まで地元を守って来た妻が既に離婚していて頼れる者がなくなったため自ら地元入りする程であった。結果は選挙区で当選したが、当選者は小沢一郎と玉城デニーの二人に留まり、かつての影響力が低下した事が明らかになった。政党要件確保のために山本太郎に呼びかけて合流し、山本の希望により「生活の党と山本太郎となかまたち」という党名に変更。自身と山本の二人で共同代表に就任した。

現在

平成27年(2015年)8月の平和安全法制に関する審議以降、民主党や共産党らが推し進める「野党共闘路線」に同調している。しかし、これといった成果が出せているとは言えない状況である。
平成28年(2016年)10月12日に政党名を「自由党」に変更、代表も小沢のみの単独体制へと戻った。かつて自身が所属していた党と同じ名称にした理由について、小沢は「原点回帰」だとしている。

しかし、平成29年(2017年)に入ってから他の自由党の党員である森裕子山本太郎等を含めてメディアへの出演が激増した。
森友学園加計学園での安部政権一強による弊害を次々と指摘している。
また、週刊ポスト日刊ゲンダイAERAなどでは小沢一郎の特集記事も掲載され、内容の多くは野党が不甲斐ないから安倍政権が長く続くとまで述べた。
尚、天皇を尊重する姿勢から特例法に関しては反対であると同時に、改憲に肯定的ながらも安倍政権での改憲※1には反対している。

備考

※1 小沢自身は改憲自身には賛成しているものの安倍政権による憲法9条加憲等の改正には反対し、彼と繋がりが深い井上達夫先生の9条削除による改憲は賛成である。

関連サイト


関連項目

政治家 民主党(日本) 自民党 自由党 生活の党 小沢派議員 板垣英憲
田中角栄 竹下登 金丸信 細川護煕 鳩山由紀夫 菅直人 小池百合子 二階俊博 山本太郎 森裕子 玉城デニー

関連する可能性のあるタグ

日本列島改造計画
小選挙区
小沢主義 小沢イズム
闇将軍 最強の一兵卒
陸山会 西松建設
金権政治 フィクサー 日本未来の党
松木謙公:小沢の側近、小沢主義者
売国奴 ダメな方のイチロー:Pixivで項目名で検索すると関連タグとして紹介されることがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「小沢一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 366385

コメント