ピクシブ百科事典

山本太郎

やまもとたろう

山本太郎とは、日本の政治家。参議院議員(東京都選出)。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 日本の俳優・政治家。参議院議員(東京都選出)
  2. 日本の詩人

ここでは1について説明する。

概要

1974年生、兵庫県宝塚市出身。
箕面自由学園高等学校在学中に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」出場をきっかけに芸能界入り。

当初は一発屋のタレントと見られていたが、1992年ドラマデビューして以来は俳優にシフトし、「素朴な肉体派」としてのキャラが定着。映画の「バトル・ロワイアル」の川田章吾役が比較的知名度が高い。

政治活動

以前から実母とともにフィリピンの支援を行うなどの社会活動を積極的に行っており、グリーンピース幹部である佐藤潤一などとの親交が厚い環境保護論者であったが、2011年東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故を契機に反原発運動を活発化させたため、所属事務所を退職に追い込まれる。

この運動は山本なりの強い正義感によるものではあるが、「風評被害」と評されるような科学的根拠に乏しい発言も多く、大和田秀樹の作品「風評破壊天使ラブキュリ」作中でも痛烈にディスられている。

2012年に政治家転身を目指し、同年12月の衆議院議員選挙に立候補。日本未来の党からの勧誘もあったものの結局「新党 今はひとり」を立ち上げ、政治活動家・ミュージシャンの三宅洋平をプロデューサーに据えて事実上の無所属(日本未来の党・社会民主党推薦)で出馬したが落選した。

その後2013年参議院議員選挙に再び無所属で立候補。当選を果たした。

当選後、秋の園遊会で福島の子供の現状を訴える手紙を天皇に直接渡してしまい、山本の存在を煙たく思っている保守派や原発推進派、天皇の政治利用を否定する左派勢力からそれぞれ問題視され、皇室行事出席停止処分となった(ただし、小林よしのりら一部の反原発的な尊皇派からは擁護されている)。
またその行動などから名前の似ている政治家の山本一太氏ややまもといちろう氏、山田太郎氏に対しても風評被害が及んでいる。

当選後は実質無所属で活動していたが、「新党ひとりひとり」という政治団体を立ち上げて反原発候補を国会に送ろうとする活動などをしていた(但し推していた候補は落選している)。また、小沢軍団の元議員であったはたともこを小沢一郎の了承のもと秘書に迎えてからは反ワクチン主義などはたの思想的影響を受けるようになってきている。
政治家としては従来から主張していた反原発・反秘密保護法等に加え、リベンジポルノ規制法案等「テロ対策法案」にも反対を主張。表現規制反対もかつては主張していたはずだったが、2014年12月の衆議院選挙にはアダルトゲーム規制推進派として知られた民主党候補の円より子を支援。

2014年12月26日、小沢の呼びかけに応じ生活の党に加入。彼の加入にともない党名は「生活の党と山本太郎となかまたち」となった。

pixivに投稿された作品 pixivで「山本太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7553

コメント