ピクシブ百科事典

原田左之助

はらださのすけ

新選組十番隊組長。槍の名手として知られる。
目次[非表示]

概要

1840年~1868年7月6日
伊予松山藩の中間(藩士に雇われた雑用係)だったが、のちに出奔。大坂で、後に新選組隊士となる谷万太郎から種田流槍術を学んだ。
その後江戸に出て浪士組に参加し上洛。近藤勇らとともに京に残り、壬生浪士組(後の新撰組)を結成した。

局長芹沢鴨の粛清や池田屋事件をはじめ、新選組の主だった暗殺や斬り合いの殆どに関わったとみられる。副長助勤や組頭のほか、勘定方(会計)を務めたこともある(何らかの処分によるものなのか、実際に算術に優れていたためなのかは不明)。
また坂本龍馬暗殺(近江屋事件)の下手人として疑われた(下手人は伊予訛りであったという中岡慎太郎の証言、暗殺現場に落ちていた鞘が原田のもの(差し料)だという御陵衛士の鑑定などから)。しかし、実際は龍馬暗殺と新選組とは関係がなかったといわれている。

戊辰戦争が始まると鳥羽伏見の戦い、甲州勝沼の戦いを戦うが、永倉新八らと新撰組を脱退し靖兵隊を結成。
ところが江戸を発ってすぐに隊を離れ、江戸に戻り彰義隊に加わる(参加が遅かったためか彰義隊名簿には名が載っていない)。上野戦争の際に負傷し、その傷がもとで慶応4年5月17日に死亡したとされる。

後述のあだ名に相応しく、戊辰戦争を生き延び大陸に渡って馬賊の頭目になったという生存説も伝わっている。

人物

短気な人物であったようで、手が出ることが多かった。
中間時代、上官に当たる武士と喧嘩をし腹を切って見せた。命に別状は無かった。
その傷から、「死損ね左之助」というあだ名がつけられた。
腹に残った一文字の傷を、酒に酔った時は自慢げに見せていたという。愛妻家で、新選組の中では
美男子だったといわれている。永倉新八とは特に仲が良かった。
腹にある切腹の傷が左から真一文にあったため、左利きではないか?という説がある。

家族

新選組幹部としては珍しく、を囲わず京都にて正式な妻を迎えている。
妻の名はまさ(おけい)。苗字帯刀を許された商家の娘で、昭和5年まで生き、沢山の孫に見守られて亡くなったとされる。子母澤寛から取材を受け、原田に関する証言を残した。
息子の名は茂。徳川家茂から一字を取ったといわれる。非番の日には茂を抱いて屯所に現れ、子供自慢をしていたという。
また原田とまさの最後の別れの時、まさのお腹には二人目の息子がいたが、出産後1週間で夭折してしまった。

薄桜鬼における原田左之助


十番組組長


原田左之助(薄桜鬼)

関連イラスト

無題
薄桜鬼04



関連タグ

薄桜鬼 永倉新八 藤堂平助 原千(雪村千鶴とのカップリングタグ)

pixivに投稿された作品 pixivで「原田左之助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7376625

コメント