ピクシブ百科事典

めかけ

婚姻している男性が、妻の他に、性的関係を持ち生活の面倒を見ている女性のこと。
目次[非表示]

概要

正妻のほかに愛し、扶養する女のこと。経済的援助を伴う愛人を指す。
は妾の存在を承知している場合がほとんどで、社会的に必ずしも隠されるものではなかった。
また、妾を囲うにはそれなりの金が必要であるため、「男の甲斐性」の象徴とされる場合も多かった。
なお、情夫として女(あるいは男)に養われている男のことは男妾という。

現在ではほとんどないが、性的欲求のほかに、子を得るために妾を囲う場合もあった。
江戸時代、とくに武家社会では、家の跡継ぎとして男系子孫を得ることが強く望まれたため、妻に男子が生まれない場合は、妾に子を産ませることによって男子を得ようとする場合があった(もちろん普通に養子をとるケースも多かった)。なお、これは儒者によって倫理的にも肯定されていた。

明治時代になってからも、直接、あるいは間接に妾の存在は認められ続けた。明治3年(1870年)12月に制定された「新律綱領」により、法的に妾はと同じの2親等としてあつかわれ、戸籍に記載されることになった。また、妾の生んだ子を父が認知すれば庶子となり、庶出男子は嫡出女子に優先して家督相続ができた。

しかし明治31年になると、妾を認める法律はなくなった。
現在はがその気になれば、妾や 妾を囲う夫に対して慰謝料を要求したり、訴訟を起こすことができる。

語源

目を掛けて世話をすることから出た語で、本来は「目掛け」。「めかけ」は中世末期 から見られる語で、同じ時期には、手を掛けて愛することから「てかけ」という語もあった。

別名・表記揺れ・ほぼ同義のタグ

お妾さん 二号さん 側室 愛妾 側女

関連タグ

事実婚 愛人 不倫 浮気
重婚 妻妾同衾 一夫多妻 一妻多夫 
援助交際 身請け 後妻

外部リンク

妾(Wikipedia)

pixivに投稿された作品 pixivで「妾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74121

コメント