ピクシブ百科事典

雨月物語

うげつものがたり

上田秋成の著した怪異短編集。「読本」の代表的作品。
目次[非表示]

概要

江戸後期に上田秋成の著した五巻五冊の読本。明和五年(1768年)序、安永五年(1776年)刊。 中国白話小説日本古典文学を美事に消化した内容、流麗な和漢混淆文による自在な表現で、近世日本文学の代表作ともされる。

題名の由来は、序に「雨霽月朦朧之夜。窓下編成(雨の止んだ朧月夜に窓の下で編成した)」とある他、「牡丹灯話」からの引用や謡曲「雨月」等の諸説がある。

各話概略

白峯西行法師と崇徳院怨霊が王道について対話激論する話。

菊花の約:自刃して幽霊になってまで親友との約束を守った男の話。

浅茅が宿:京都まで出稼ぎに行った夫を幽霊になっても待ち続けた女の話。

夢応の鯉魚:夢にとなって自由に泳ぎまわった芸術家肌の僧侶の話。

仏法僧:ある親子が高野山豊臣秀次一行の怨霊に遭遇した話。

吉備津の釜:失踪した浮気性の夫が嫉妬深い妻のに惨殺される話。

蛇性の婬の化身に魅入られた青年が、彼女と対峙するまで成長する話。

青頭巾稚児への愛執からカニバリズムに耽るようになった僧侶を、快庵禅師が解脱に導く話。

貧福論:武士・岡左内の枕元に「黄金の精霊」が現れて経済原理について対話する話。

関連タグ

古典文学

pixivに投稿された作品 pixivで「雨月物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7498

コメント