ピクシブ百科事典

今様

いまよう

現代風という意味。平安時代末期の流行歌その他を指して用いる。
目次[非表示]

誘導分岐

原義は「現代風」というほどの意味。

  1. 平安時代末期に流行した歌曲のこと。本記事で説明する。
  2. 漫画・アニメ『あまつき』のキャラクター。→今様(あまつき)
  3. 中部日本放送CBC)のクロージングのひとつ。→今様(中部日本放送)

解説

「現代風」といった意味合いの歌曲の形式。神楽歌催馬楽といった従来の歌曲を「古様」と呼び、これに対してより現代的な流行歌を指している。主に七五調四句の形式で歌われたが、八六調や和歌を題材にしたもの、不定形のものまで含む形式の自由さがある、まさに当時のヒットソングである。主役は歌であるが、扇や鼓で拍子を取るものから楽器の演奏を伴うものまであった。

貴族たちが好んで唄ったほか、端者や雑仕といった身分の低い人々にも流行したという。特に、遊女傀儡子(くぐつ、人形劇や曲芸を生業とする者)、白拍子といった芸能の民が、主な今様の伝承者、担い手であった。

早くは『枕草子』や『紫式部日記』等に記載がある語で、平安時代の中期に成立したと考えられている歌曲の形式。平安時代末期に大発展し、鎌倉時代にかけて栄えた。中でも後白河天皇は今様のパトロンとして知られ、今様集「梁塵秘抄」を編纂した他、自らも昼夜を問わず唄い熱中したという。

現代では源平合戦鎌倉時代を舞台にした時代劇でお馴染みである。

遊びをせんとや生まれけむ 戯(たはぶ)れせんとや生まれけむ
遊ぶ子どもの声聞けば わが身さへこそ揺るがるれ 
      (-大河ドラマ『平清盛』「梁塵秘抄」より)
(訳例)遊びをするためにこの世に生まれてきたのか 戯れるために生まれてきたのか
    遊ぶ子供たちの無心な声を聴いていると、私の体も自然に動き出しそうになってくる

冠者は妻設けに来んけるは かまへて二夜は寝にけるは
三夜といふ夜の夜半ばかりの暁に 袴取りして逃げにけるは 
      (-大河ドラマ『太平記』「梁塵秘抄」より)
(訳例)若様なら女漁りに出かけたぜ 騙して二晩も寝たのだが
    いよいよ結婚を迫られる三夜目の明け方に 袴を引っ掴んで逃げやがった

関連タグ

後白河天皇:愛好者。歌集「梁塵秘抄」を編纂した。
平清盛(大河ドラマ)OPで今様の一節が使われている。
白拍子:男装して今様や朗詠を唄いかつ舞う当時の歌手兼踊り手。

pixivに投稿された作品 pixivで「今様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1846

コメント