ピクシブ百科事典

白拍子

しらびょうし

平安時代末期から鎌倉時代に広まった歌舞、及びその舞い手。
目次[非表示]

平安時代末期から鎌倉時代にかけて起こった歌舞の一種で、それを舞う人のこと。

概要

 主に男装遊女や子供が今様や朗詠を歌いながら舞ったものを指すが、男性の白拍子もいた。
素拍子とも書き、この場合は無伴奏の即興のを指す。
 男装というのは、白い直垂水干立烏帽子、白鞘巻のをさす装束のことで (後に水干のみ)、その姿で当時流行のや舞を披露した。
 古く遡ると巫女による巫女舞が原点にあったとも言われている。
神事において古くから男女の巫が舞を舞う事によって神を憑依させた際に、場合によっては一時的な異性への「変身」作用があると信じられていた。

白拍子の人物

  • 磯禅師(いそのぜんじ)
  • 妓王(祇王、ぎおう)
  • 仏御前(ほとけごぜん)
  • 亀菊(かめぎく)
  • 静御前(しずかごぜん)
  • 鈴鹿御前(すずかごぜん)

白拍子風のキャラクター

夢幻


関連タグ

平家物語 吾妻鏡
着物 和風 日本舞踊 今様

平清盛大河ドラマOPで白拍子のカットが入る。

pixivに投稿された作品 pixivで「白拍子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127585

コメント