ピクシブ百科事典

忠臣蔵

ちゅうしんぐら

赤穂事件を題材にした江戸時代の古典『仮名手本忠臣蔵』の略称。
目次[非表示]

概要

江戸時代前期に起こった「元禄赤穂事件」を題材とした歌舞伎文楽作品「仮名手本忠臣蔵」の通称、転じて同事件に題材を取った創作作品の名。同事件そのものを指すこともある。

討ち入りの翌年には既に事件をモチーフにした作品が現れたということだが、さすがにだいたいこいつのせいな将軍が生きていた間には色々とはばかることもあり、「忠臣蔵」ができたのは50年近く後。もちろん時代背景と登場人物は、それとなく分かるレベルだが別の時代と名前になっており、吉良本家が断絶し(当時存続していたのは分家の系統)、例の将軍も直系子孫を残さなかったせいもあるのか、その程度のごまかしでも当局はスルーした。
そして、討ち入りの本筋以外にも、歌舞伎だけでなく講談や落語にまで、莫大な量の派生作品が登場。「お軽勘平」などの周囲の人物を描いたものはもちろん、「四谷怪談」もこっそりと関連しているほどの、傍から見るとかなりの無節操ぶりである。
とはいっても歌舞伎作品の場合、「通し狂言」と称して朝から夕方まで多数の演目を1つに(結構強引に)まとめるために、事件そのものが当てはまるジャンルである「時代物」だけでなく、生活に密着した「世話物」も必要だったからである。

そして、明治時代以降には、実際の歴史と人物にのっとった作品、「それは本当に忠義なのか」との疑問から再検証した作品、吉良側の視点から構成した作品、別の時代背景を使用した翻案、パロディ、現代劇や映画やテレビドラマや漫画などの「忠臣蔵」などが続々と現れている。

年末年始に必ずどこかの民放が時代劇特番として放送しており、日本のテレビにおいて一種の風物詩と化しているところもある。

余談

本作はあくまで事件を脚色した演劇であり、史実との整合性については二の次となっている。
詳細については当該記事に譲るが、事件内容と現在で判明している史実に乖離が生じており、特に浅野内匠頭と吉良上野介の対立関しての公的記録にその旨が見られる。

もっとも物語の芯は、「善悪の真偽」ではなく「家臣が臥薪嘗胆の末に仇討ちを果たす」という江戸っ子の大好物である「粋といなせ」の詰まったロマン溢れる筋書きである。
そこに寄せてストーリーが展開される都合上、この時代に発展した多くの歴史創作に倣ってより娯楽性を強めて書かれたのは当然のことだろう。
何より事件の発端である「松の廊下での刃傷沙汰」については、今なお不可解な点が多いため、事実関係を明白にすることは困難である。

そうした点を踏まえ、いろんな観点から楽しめるのが、『忠臣蔵』の真の魅力なのかもしれない。


外部リンク

Wikipedia「忠臣蔵」

関連イラスト

當る未歳顔見世楽しかったよ絵
忠臣蔵(妄想)



関連タグ

※史実関連は「元禄赤穂事件」の項目記事を参照。
赤穂 元禄赤穂事件 赤穂浪士/赤穂義士 松の廊下 討ち入り 泉岳寺 12月14日
浅野内匠頭 大石内蔵助 吉良上野介
江戸時代 古典文学 歌舞伎 文楽
ご乱心

関連記事

親記事

古典文学 こてんぶんがく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「忠臣蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 278618

コメント