ピクシブ百科事典

元禄赤穂事件

げんろくあこうじけん

江戸時代に起こった赤穂藩と吉良家との間での一連の事件。
目次[非表示]

概要

江戸時代前半、元禄14年3月14日(1701年4月21日)から翌15年12月14日(1703年1月30日)に至る赤穂藩と吉良家の間で起こった一連の事件。「忠臣蔵」「赤穂浪士」で有名である。

「仇討ちの忠臣蔵」で名高いが、実態は主家の取り潰しで召し放ち(浪人)になった旧浅野家臣らによる計画的な吉良家襲撃、今で言うところのリンチ殺人テロ事件であった。

発端

江戸幕府朝廷からの年賀の勅使をもてなしていたが、その最中に江戸城松の廊下にて播磨赤穂藩主の浅野内匠守長矩が高家旗本の吉良上野介義央に刃傷を及ぼした。これを受け五代将軍徳川綱吉と側用人の柳沢吉保の命で浅野は即日切腹となり、浅野家は取り潰し、赤穂藩は改易となった。

計画・期間

家老の大石内蔵助良雄をはじめとする残された赤穂藩遺臣はバラバラになったが、当時は「喧嘩両成敗」の認識が広がっていた中で、なぜ浅野は責めを受けたのに吉良はお咎めなしとなったのかを怒り(一説によるとお家再興が出来ない形で取り潰されることとなったことへの怒り)、密かに浪士たちは吉良への仇討ちを計画し連絡を取り合っていた。

一方の吉良は幕府の命で住まいを江戸城から離れた屋敷に移され、当主を孫の吉良義周(米沢藩主・上杉綱憲の次男)に譲って隠居した。(綱憲は吉良の長男であり、上杉家の家督を継いでいた)

発生

準備を整えた大石を筆頭に集まった赤穂浪士47人「赤穂四十七士」は吉良邸への討ち入りを実行。雪の積もった真夜中に吉良邸を襲撃。吉良邸に駐在していた武士達を斬り続け、ついに吉良を発見し殺害。翌朝に浪士達は吉良の首を携えて浅野の墓に仇討ち報告した。

事件後

討ち入りを受けた幕府は浪士達の身柄を拘束し、彼らを切腹に処した。
その後は赤穂浪士たちの事件を「主君への忠誠の本懐を果たした忠義の鑑」と称えられ、身柄を預かった肥後藩などは賓客の礼をもって彼らを厚く遇している。また庶民も彼らを喝采し、様々な作品で盛んに題材にされている(ただし江戸時代において当時の実話を創作として公表することは禁じられているため、これらの創作他の時代に設定を変更している)。その代表が「仮名手本忠臣蔵」である。

詳細

現在知られている事件の経緯は、ほとんどが後世に赤穂浪士を称えた物語作品で描かれた内容で、史実の事件とはかなり異なる点がある。その代表例をいくつか挙げる。

  • 吉良は領地では領民に慕われた慈悲深い名君として知られている。
  • 史料によれば、浅野は大酒飲みであり緊張すると胸がつかえて発作的な行動に出ることがあったという。浅野は何らかの精神病を患っていたと考えられている。
  • 時代劇などで浅野が吉良から嫌がらせを受けたのは、勅使接待を行うための授業料(謝礼金)をケチったからだと言われているが、ただの憶測で根拠はない。事の真偽はどうあれ教えを乞うた大名が高家に謝礼金を支払うのは当時の常識として当然であり非難されることではなかった。
  • 浅野の吉良への刃傷については、忠臣蔵では虐めを受けた浅野が「この遺恨忘れたか」と叫んで吉良の額を短刀で斬りつけ、逃げる吉良の背中を斬ったとある。しかし、当時の目撃者の証言によると、吉良が廊下で同僚と仕事の打ち合わせで立ち話をしていたところ、無言で浅野が吉良の背中を短刀で襲い、驚いて振り向いた吉良の額を傷つけたという。
  • 時代劇では松の廊下は庭に面したものがほとんどだが、実際には屋内の廊下で、薄暗いものだった。
  • 綱吉は朝廷と幕府の関係を重視し、今回の勅使は母・桂昌院へ高位を朝廷から贈ってもらうためのものだったが、その勅使のもてなしを台無しにされたことで綱吉の怒りは大きく、浅野の一方的な加害事件と見なされ、吉良にはお咎めなしとした。
  • 討ち入りで吉良は浪士たちに殺害されたが、忠臣蔵では炭小屋にいたところを見つけて庭に引きずり出して浪士達に囲まれて首を斬られたとある。実際には炭小屋ではなく台所の横の納戸で、浪士たちは潜んでいた吉良家武士を殺した後に奥にいた吉良を槍で一突きにして殺害。しかしこの時点で誰も吉良の顔を知らなかったため、生き残った敵や死体の古傷でやっとその死体を吉良と特定した。
  • この事件を肥大化させた最大の要因は庶民意識にあった。幕府への不満が燻る中、最初の事件で様々な噂が立って吉良と吉良を味方した幕府は悪く、赤穂は可哀想な善い類と見なし、何もしない浪士たちを憶測や噂で煽ったり後押しし、討ち入りが起こると事件の背景も知らずに襲撃を仇討ちとして賞賛し、浪士たちの味方をして幕府を非難し、彼らは物語作品として扱われた。
  • ちなみに、映画や歌舞伎などでお馴染みで、新撰組の衣装のモデルにもなったあのだんだら模様のお揃いの衣装は飽くまでも創作であり、実際にはもっと地味目かつ思い思いの衣装であった。(浪士達の懐事情を考えれば衣装を揃える事自体無理がある。/全体的にみると火消装束のようなキリリとした出で立ちであったと言う。)
  • そもそも、討ち入り当日は寒くはあったが雪は降っていなかったとする資料もある。

関連タグ

江戸時代 忠臣蔵 赤穂浪士

pixivに投稿された作品 pixivで「元禄赤穂事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181

コメント