ピクシブ百科事典

二宮金次郎

にのみやたかのり

江戸時代後期の農政家・思想家(1787~1856)。「二宮尊徳」の名でも知られる。
目次[非表示]

江戸時代後期の篤農家。通称金次郎。諱は尊徳(たかのり)。相模の人。

徹底した実践主義で、神・儒・仏の思想をとった報徳教を創め、自ら陰徳・積善・節倹を力行し、殖産を説いた。その才を見込まれて小田原藩に取り立てられ、下野で藩政改革と農村復興に取り組んだ。

薪を背負い本を読みながら歩く姿の像(銅像・石像など)は学校によく置いてある。

その結果、夜中になるとひとりでに歩き出すという七不思議学校の怪談のひとつになっているなど、創作話では怪奇現象的な存在として扱われやすい。

ちなみにこの像の高さはちょうど「1メートル」とされ、子供たちに1mの長さを実感させるのに一役買ったといわれることがあるが、実際に当時に製作された像はきっかり1mではないことが多い。

昭和初期には多くの学校に普及したが、銅製のものは戦時中に供出され減少した(石製のものは残った)。

歩きながらの読書やながらスマホを連想させるため、児童が像の真似をすると交通安全上問題があるとして、近年は撤去されることもある。
また、新たに設置される場合、座っているものや読書をしていないものといった新しいタイプの金次郎像が登場している。

神さまの言うとおり

『弐』の最初のゲームの司会者。「にのみやきんじろうそんとく」がしりとりの始めになっている。

創作での扱い

ラヴヘブン

二宮尊徳として。
乙女パズルゲームの攻略キャラクター。初期レアリティはHRでの登場。
異世界の危機を救うため、主人公により召喚された。

ゲゲゲの鬼太郎

第6作にて、犬山まなの学校に住む都市伝説妖怪として登場する。
砂かけ婆子泣き爺とは友人であり、砂かけ婆のスマホの描写からスマホもしくはタブレットを所持していると思われる
砂かけたちの呼称からしても二宮尊徳の霊が銅像に憑依して妖怪化した可能性が高い。


関連動画



pixivに投稿された作品 pixivで「二宮金次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61023

コメント