ピクシブ百科事典

砂かけ婆

すなかけばば

奈良県に出没すると言われる妖怪。
目次[非表示]

概要

姿を見た者は殆ど居ないが、何故か老女の姿をしていると言われ、名前はその事に由来する。
竹やぶや寂しい山道などで、通りがかった人に砂をかけて驚かすと言う悪戯をするが、それ以上の悪さはしない。

似たような悪戯をする妖怪には「砂ほりばばあ」「砂撒き狸」「砂撒き鼬」「砂ふらし」などがおり、正体をイタチとする説もある。

備考

元々口碑のみで伝えられる妖怪だったが、水木しげるの漫画作品「ゲゲゲの鬼太郎」でレギュラーとして登場して以降、知名度が上がっている。
戦闘では砂を相手にぶつける目くらましや、様々な砂をブレンドして作り上げたオリジナルの砂で鬼太郎達の戦いをサポートする。
5期鬼太郎では妖怪長屋の大家という設定となり、妖怪横丁に住む妖怪たちの面倒を見ていた。
同じ老人系の妖怪故か、子泣き爺と行動を共にする事が多い。

実写版にも登場しており、「月曜ドラマランド」版では由利徹が、「妖怪奇伝ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム」では奥村公延が、「ゲゲゲの鬼太郎(実写映画)」「千年呪い歌」では室井滋が演じている。

その他の創作での扱い

一般的に知られる和装の老婆姿は水木しげるの創作であり、顔のモチーフは佐渡の鬼太鼓の面であるという。

河童の三平妖怪大作戦

水木しげるによる同名漫画の実写ドラマ。「砂かけのおばば」という名で出演。

忍者戦隊カクレンジャー

妖怪軍団の一員スナカケババアとして登場。カリカチュアライズされたボディコンおばさん妖怪で、食べ物を砂に変えてしまい人々を苦しめた。

WIXOSS

【WIXOSS】幻怪 スナカケ


タカラトミーTCG。白のシグニである精生:怪異の「幻怪スナカケ」として登場している。

電気グルーヴ

『電気ビリビリ』に「特に砂かけババアは高得点」という歌詞がある。(インディーズ時代の歌詞は過激だったので差し替えられた。)

関連タグ

妖怪 ゲゲゲの鬼太郎 子泣き爺
サンドマン ザントマン 砂男

pixivに投稿された作品 pixivで「砂かけ婆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45706

コメント