ピクシブ百科事典

夜雀

よすずめ

夜雀とは、日本の妖怪のひとつ。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 主に四国地方に出没する妖怪。本項で解説。
  2. ぬらりひょんの孫」の登場人物。→夜雀(ぬら孫)
  3. 東方Project」の登場人物。→ミスティア・ローレライ


概要

妖怪袂雀(たもとすずめ)、あるいは鳥ではなくのようなものの一種とも。のように「チッ、チッ、チッ」と鳴き声をあげながらに現れる妖怪で、道を歩いているの前後について来るという。

種類

場所鳴き声怪異
高知県幡多郡田ノ口村(現・黒潮町)チッチッチ不吉・夜盲症
高知県幡多郡富山村(現・中村市)チッチッチ不吉・夜盲症
高知県安芸郡北川村チャッ、チャッ騒々しくて歩けない・山犬の出る前触れ
愛媛県南宇和郡城辺町ちっちっ声で行き先をさえぎられ歩けなくなる・山犬の先触れ


高知県の田ノ口村や富山村では、夜雀に憑かれるのは不吉とされ、富山村ではこれを除けるの呪文として
チッチッチと鳴くは、シナギのが恋しいか、恋しくばパンと一撃ち」または
チッチッチと鳴く鳥を、はよ吹き給え、伊勢の神風」などと唱えると良いという。また、迂闊にこれをつかまえると夜盲症を患ってしまうという。和歌山県では不吉なものではなく、夜雀が憑いている間はオオカミが山の魔物から守ってくれる証といわれる。

高知県の高岡郡東津野村(現・津野町)、窪川町(現・四万十町)では「袂雀(たもとすずめ)」ともいい、山犬の出る前触れとされる。2人以上で歩いていても、なぜかその中の1人にだけしか聞こえないことが多い。これが現れたときには
大シラガ、小シラガ、を通れどもの子でなけりゃあ通らんぞよ、あとへ榊を立てておくぞよ、
アビラウンケンソワカ
と唱え、を3本立てると袂雀はついて来ず、狼や山犬が現れることもないという。また、袂雀が袂(和服の袖付けから下の、袋のように垂れた部分)に飛び込むことは不吉とされ、これが出る道を歩く人は、袂をしっかりと握って歩いたという。愛媛県の南宇和郡城辺町(現・愛南町)でも袂雀といい、これの鳴き声に遮られて歩けなくなることがあるという。

高知県の安芸郡北川村では黒い蝶のようなものといい、「チャッ、チャッ」と鳴きながら懐の中やの中に入ってくるので、騒々しくて歩くに歩けなくなってしまうが、を静めると自然と消えてしまうという。愛媛県でも同様にの一種とされ、山犬の出る前触れとして、道を歩けないほどに飛んで来るという。

夜雀に似た妖怪「送り雀」は、奈良県和歌山県に伝わる。

関連タグ

妖怪 伝承  ぬらりひょんの孫 東方Project

参考リンク

怪異・妖怪伝承データベース「夜雀,タモトスズメ」(国際日本文化研究センター)
Wikipedia:夜雀

pixivに投稿された作品 pixivで「夜雀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 553001

コメント