ピクシブ百科事典

座敷童子

ざしきわらし

座敷童子(座敷童、座敷わらし)は、日本の妖怪や精霊のひとつ。
目次[非表示]

日本妖怪精霊の代表格。柳田國男の『遠野物語』に詳しく、東北地方に関連の伝承が多い。

概要

地域や登場する書物・作品によって性格や姿形は異なるが、共通して子供の姿をしている。
家や蔵に住み、いたずらをしたり、子供達と遊んだり、その家に幸福をもたらすといわれる。
その由来は子供のともの使いとも様々。

チョウピラコ」と言う髪の白いザシキワラシや、「コメツキワラシ」、「ノタバリコ」、「ウスツキコ」とよばれる、土間のザシキワラシがいるそうである。

また、日本以外にもコボルドのように似た特徴を持つ存在は伝わっている。

登場作品

など他多数

関連イラスト

地霊 ザシキワラシ



関連タグ

ノーマル

民俗学 柳田國男 遠野物語 チョウピラコ
水木しげる 宮沢賢治
奇異太郎少年の妖怪絵日記
四季童子(プロになる前に、『THE 四季童子』と書いて『ざ しきわらし』と読ませていた。)
おちょなんさん(※閲覧注意!)

表記揺れ

座敷わらし 座敷童

外部リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

遠野物語 とおのものがたり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「座敷童子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3509395

コメント