ピクシブ百科事典

狂骨

きょうこつ

狂骨とは、鳥山石燕の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』に登場する妖怪。
目次[非表示]

ぬらりひょんの孫』の登場人物は別項で解説する。⇒狂骨(ぬら孫)
フリーゲームのタイトルは別項で解説する。⇒狂骨(ゲーム)

概要

鳥山石燕の妖怪画集「今昔百鬼拾遺」に登場。その名の通り、白骨化した姿の妖怪である。井戸にうち捨てられた骸が激しい怨念によって死霊化したものとされる。祟るために、あるいは捨てられた場所を知らせるために、狂骨となって現れる。
京極夏彦の小説「狂骨の夢」でもその名が知られる。

創作作品において

ゲゲゲの鬼太郎

アニメ5期に登場。
猫娘がバスガイドとして同行した小学校の修学旅行にて、古都巡りの最中に訪れた立ち入り禁止の古井戸の中に潜んでいた。
修学旅行生の廬山と二宮がその井戸の中に石を投げ込んだ事で覚醒し、いろは歌にならって修学旅行生を襲っていた(い:井森→ ろ:廬山→ は:羽原→ に:二宮)。
口から吐く炎は犠牲者を白く固めて消滅させ、戦闘においては自在に動いて相手を拘束する。更に死人の魂の集合体なので、物理攻撃では瞬く間に再生してしまう。

関連タグ

妖怪  幽霊

pixivに投稿された作品 pixivで「狂骨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223764

コメント