ピクシブ百科事典

猫娘

ねこむすめ

猫の特徴を持った女性。特に、『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する同名の妖怪キャラクターを指すことが多い。
目次[非表示]
  1. 猫耳猫の尻尾など、の特徴を持ち合わせた女子の事。キャットガール
  2. 高田裕三の漫画作品のタイトル。→『万能文化猫娘
  3. 水木しげるの漫画作品『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するキャラクター、若しくは同キャラを描いた作品につけられるタグ。


当記事では3について説明する。

『ゲゲゲの鬼太郎』の猫娘について

鬼太郎のガールフレンドにしてヒロイン。通称は「ニャニャニャのねこ娘」。当初は直接ヒロイン的な役割で描かれる頻度が少なめだった。

猫娘の鬼太郎への恋心に関しては、2期以降のアニメなど映像作品から定着していき、それが原作にも反映されたが、ハッキリ両想いだと明言されたことはない。猫娘の片想いに近く、アニメなどでも鬼太郎は幼馴染として大切に思っているが、女性として意識することは少なめで、恋愛的感情の有無は不詳。
普段は少女の姿だが、怒ったり興奮した時や敵と戦う際、ネズミ(ねずみ男も含む)や生魚や鰹節などを見た時に、一変して凶暴な化け猫顔となり妖怪としての能力を発揮する。それは生理的体質というべきもので、当初は見境なく本能のままだったが、後にはねずみ男を含むネズミや魚などを見ても、ある程度コントロールして普段の顔でいられるようになった。好物の鰹節を貰えば静まることも多い。
人間とネコの妖怪との間に生まれた半妖怪で、変身型だが化け猫化が中途半端な(狼男のように体毛で全身が覆われたり尻尾が生えたりしない)のもそのため。猫の特徴を有する事から、同じ半妖怪ながらの特徴を有するねずみ男にとっては最大の天敵とも言える存在で、基本的に仲は悪いが腐れ縁でお互いに助け合う事も少なくない。

身長は鬼太郎より高いが、鬼太郎は下駄を履いているシーンが多いため、ほぼ同じか近い背丈に描かれる。

  • 身長 / 136cm・体重 / 29kg
ただし、これは原作においてであり、アニメ版では作品によってビジュアルが大きく異なり、より幼げな容姿(サイズ自体は原作より高め)もあれば、成人に近い体形になっている作品も多い。詳細は後述。
  • 年齢は鬼太郎より1歳年長(昭和28年生まれ)
鬼太郎と一緒に妖怪小学校に通っていた。初登場時は東京調布市の中華そば屋横の神社の下に住んでいたが、その後化け猫長屋(二階に下宿)に引っ越し、やがてゲゲゲの森で鬼太郎たちと暮らすようになる。
アニメ5期では直接住み家は描かれなかったが、妖怪横丁に住んでいた。

鬼太郎や他の仲間妖怪と同様に作品ごと設定の変動もあり、『国取り物語』では純粋な妖怪としても描かれ、ねずみ男が半妖怪であることを蔑む発言をしてぬりかべに窘められている。
  • 同作では序盤で「ギギギ」や「ギギのギー!」という奇声を発しており、ねずみ男のように何故か外でも裸足で靴を履いておらず、おまけに胡坐を掻いていた。
  • 従来通り靴を履きだしてからは、正座するようになった。

容姿

猫娘


容姿はツリ目でおかっぱ頭。服は白いブラウスに赤~ピンクの吊りスカートが基本。ちなみに後頭部に結んでいるリボンはピンクか黄色、紫色だが、アニメは第3期のみ赤で、第2期第4期は薄いピンク色、第5期第6期は濃いピンク色である。
普段でも大きく口を開けば鋭い牙が見えるが、アニメの変身してない通常時は、2本の八重歯が見えるだけで、他は普通の人間の歯の形態である。耳は普通の人間と変わらないが、アニメは第5期以降やや尖った感じになる。

  • コミックボンボンで漫画家・ほしの竜一が連載していた「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪千物語」第1部では、クラシカルなデザインの漆黒ドレスを着用、髪は肩ほどの長さのセミロングだった。第2部からはアニメ第5期同様の風貌へと変更。

能力

半妖怪にのため仲間妖怪の中では能力の種類に乏しい方で、強力な妖怪の部類に区分される事もないが、猫由来および妖怪としての基礎的な運動能力などは優れている。
攻撃の武器が自らの肉体しか無く、ねずみ男よりは妖力や霊力は上であるが、妖怪世界では五十歩百歩であり最低レベルと評されている。
姿を瞬時に闇の中に溶け込ませる(透明になる)、妖力を放射するなど、妖怪らしい特殊な能力も持ち合わせてはいる。

  • ゲームにおいては、仲間キャラとして地走スピード・瞬発力特化を担当する事が多い。PS2のシミュレーションゲーム『ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚』では、耐久力には少し劣るが自軍最高の回避率と(比較的)高い攻撃力を併せ持ったステータスを有していた。

爪牙

猫娘最大の武器。化け猫化した際に鋭くなった爪と牙を武器に用いる。
どちらも原作・アニメ共に得意技だが、牙による「噛みつき」は原作の方が多く、逆にアニメは爪を使った「ひっかき」の方が頻繁であり、お仕置きとしては、ねずみ男が一番「ひっかき」を受けている。他の仲間では一反木綿がたまに受ける。鬼太郎は一度も受けておらず、嫉妬された際も頬をつねるかビンタ程度。また、原作のねずみ男は「噛みつき」でお仕置きされる事も多い。
4期では爪で自動車のタイヤぐらいは軽く切り裂いており、落とし穴に落とされた時にもこの能力で一瞬にして仲間たち全員を脱出させるほどの大きな横穴を掘削して見せた。この時に「爪が台無し」と発言したが、そのまま多数の中国妖怪を爪で倒している。
6期では通常の「ひっかき」に加えて、更に鎌の刃のように十指の爪を伸ばすこともでき、敵を両断するほどの威力を発揮するまで強力になった。

運動能力・格闘技術

人間を遙かに超え、「素早さだけなら鬼太郎にも負けない」と自負している。事実、非常に高いジャンプ能力などを持つ。3期でも巨大な泥田坊の肩を余裕で飛び越え遠くに着地している。

5期以降優れた格闘センスも持つようになり、5期では鴉天狗の道場で修行を積んでかまいたちなどといった強豪の相手とも組み合えるようになる他、6期では巨大化した見上げ入道などを格闘で翻弄する等さらに強化されている。

知覚力

人間より遙かに優れた鋭い能力の目・耳・鼻を持つ。

猫語

通常の猫と会話でき、協力を得ることができる。
特に5期では、クロを初めとする多くの猫達による情報網を活用している。

携帯電話/スマートフォン

5期から人間界に順応して使い始める。
6期では犬山まなとの連絡・連携に使われることもある。


映像作品

TVアニメ作品においては、時代が経つ毎に美少女化が進んでいることが最大の特徴と言える。

アニメ第1期

第一期猫娘


声:山口奈々
第20話「猫娘とねずみ男」のみに登場。本作ではゲスト妖怪。この時点で鬼太郎とは旧知の仲であり、鬼太郎のことを「鬼太郎ちゃん」と呼ぶ。 鬼太郎からは「猫娘」または「猫ちゃん」と呼ばれている。表記は「猫娘」。
服装は後のシリーズ同様にブラウスと吊りスカートだが、当時の原作同様にリボンをしていない。
ややドライで大人びた性格。神社の下に住んでいるが、登場時は不景気で食べる者にも困っている生活を送っていた。人間社会では仕草など普通の少女と一見変わらない振舞いだが、「キキキキ」と奇妙な笑い声を出すなど、やはり人間の娘と一線を画している部分も見られる。
閻魔大王から指令があった「ねずみ男を地獄送りにする」という役目を、鬼太郎の代わりに請け負う。

アニメ第2期

4期DVDジャケットパロ@2期


声:小串容子
本作よりヒロインになり、レギュラーとして第1話から登場し、前作以来約2年ぶりという形で鬼太郎たちと再会を果たす。以後は鬼太郎のガールフレンド兼ねずみ男の抑え役となる。
鬼太郎親子の世話女房的役割も多く、鬼太郎の戦闘時や不在時には目玉おやじも猫娘の手に乗って移動することが頻繁であった。
出番の無い回も時折あったが、基本的には毎回何らかの役割を担って、ほぼ全話登場である。
表記は「猫娘」。

鬼太郎より背は高いが、立場的な目線としては比較的対等に近い。
服装はアニメシリーズで唯一のワンピースであり、大きなリボンを後頭部にするなど当時の原作に寄せている。
一人称は「あたし」(時々「あたい」)で、所謂「姐御」的な口調を使う一方で、日常的に敬語を使い、人間社会では大人びた行動も見せる。
鬼太郎のことは「鬼太郎さん」と呼ぶ。鬼太郎からは殆ど「猫娘」と呼び捨てにされる。鬼太郎に気があるような描写はレギュラー化したこの時期から描かれ、第1話の復活した鬼太郎の活躍ぶりを見て、「わぁ、ステキ。それでこそ鬼太郎さんよ」と好感を抱く態度を見せたが、茶化されたりする描写が一部で描かれた程度で、普段はあくまで友達として扱われていた。殆ど呼び捨てするようになった鬼太郎から、稀に「猫ちゃん」と呼ばれた時には目玉の親父を「お義父様」と呼んだこともある(普段は「お父さん」「親父さん」などと呼んでいる)。一方で、鬼太郎と仲良く手を繋いで帰るなど具体的な仲良し描写も多い。

生活面で人間社会に溶け込んでいるが、倫理観など人間たちの集団心理と相容れない面も見られ、特に身勝手な人間に対しては否定的な発言をする。中でも猫を虐待する人間は嫌悪していた。
他にも、ナマズの丸焼きなどを見て食欲をそそられる等、猫妖怪としての側面も多く見せている。
ねずみ男のことは「さん」付けで呼ぶこともあるが基本的には呼び捨てで、さらに本作から悪さをする彼を懲らしめる役も担うようになったので、「ドブネズミ」と呼んだり彼に対する扱いは悪い。そんな水と油の関係でありながら、ねずみ男と一緒に行動する機会は多く、彼に仕事を斡旋して貰うなど、後のシリーズでは見られない関係性まで見せていた。
それだけに後の作品より俗っぽく、金儲けの話に乗ったり、ねずみ男の策に引っかかって最悪の事態を引き起こして、ねずみ男と引っくるめ鬼太郎に叱られるなど、ねずみ男同様にトラブルメーカーとなる事もあった。
一方で、鬼太郎親子の食料品を街で調達したり、人間界であこぎに暮らす妖怪を懲らしめるために女中として潜入するなど、俗っぽい面と併せて人間界で労働報酬を得ている可能性が示唆される描写も少なくない。
19話では当時連載中だった『少年サンデー』の原作に併せる形で、この猫娘とは別に「猫子」も、砂かけ婆が経営する妖怪アパートの住人として登場し、妖怪・釜鳴と戦っている(後述)。

この作品におけるレギュラー化と活躍が、原作での公式ファミリー入りに繋がった。

アニメ第3期

3期ネコ娘
猫娘


声:三田ゆう子
第2話から登場。前作の影響もあって妖怪側ヒロイン格としての存在感は大きかったが、本作では彼女とは別にメインヒロインとして人間の少女・天童ユメコが登場したため、ユメコと比較されての三枚目的な役割を担うことも多く、出番は前作より割合少なめで毎回登場はせず、連続未登場回も少なくなかった。
表記は「ネコ娘」。

顔立ちは2期に比べてボーイッシュになったため、ユメコと比較されると「どーせあたしゃブスよ!」と開き直ることもあるが、一方で頭身やボディラインは成人女性に近くなり、意外とスタイリッシュ美脚なうえに、(映画でテコ入れが行われ)Cカップバストを持つ。
服装は1期以来のブラウスと吊りスカートに戻り、美脚になった事を示すかの如くハイヒール気味の赤い靴を履くようになる。リボンの色も赤。

本作より鬼太郎との関係はさらに対等となり、お互い名前を敬称なしで呼び合うようになった。
性格はお転婆だが、鬼太郎のこととなると周りが見えなくなるところがあり、ねずみ男同様に仲間の足を引っ張る形になることも少なくなかった。戦力的に足手まといに見られることも多いが、それでも鬼太郎のために健気に立ち向かおうとする一面も。

ねずみ男に対する扱いは悪く、普段は冷たい態度だが、偶然からねずみ男の単独行動が最大の危機を回避することに繋がった際は、ねずみ男に「見なおした」とキスしており、このように他のシリーズでは見られない大胆な態度も多い。
ユメコとは鬼太郎を巡る恋敵にして親友という、やや複雑な間柄である。
普段はゲゲゲの森で暮らすため、人間界と一線を画した雰囲気も多いが、人間社会の流行には敏感である。マタタビ餅を作るのが得意であり、よく鬼太郎たちに振舞う。

後半になると、より蓮っ葉な雰囲気を見せることが多くなる。好戦的且つ荒っぽい口調も増え、ねずみ男や子なき爺から「スケバンネコ」などと呆れられるようにもなった。
他に、鬼太郎の身を案じての潜入とは言え、弁当屋に一時就職したり、人間を懲らしめる妖怪バスで人間同様の女性ガイドを演じたり、銭湯などへも行くことから、後半は特に人間界にて何某かの収入を得る方法を得た事も暗示されている。

初期の段階でも多かったパンチラシーンが、後半は随所で見られるようになり、セクシーな面も強調された。セクハラされることも増え、顔を赤らめて「何すんのよエッチ~!」「イヤ~ン」などと悲鳴をあげることも多く、銭湯に行った際にパンティを盗まれてノーパンで帰るはめになるなど、過激な展開もあった。
ユメコなど人間の美少女と顔つきを比較されて憤慨することも多い一方で、プロポーションには自信を持っている。不可抗力で妖怪仲間を尻に敷いてしまった際には「なんて重たい尻だ」と言われて、「失礼ね!レディのお尻をなんだと思ってんの」と怒った事もある。

本作の頭身はもともと原作より高めだったが、劇場版「妖怪大戦争」を期に鬼太郎やねずみ男とともにデザイン改訂が行われ、

  • 身長 / 146cm→152cm・体重 / 39kg→45kg
  • スリーサイズ / バスト80cm(当時の基準でCカップ)・ウエスト54cm・ヒップ83cm
と、「ボンキュッボン」にしてナイスバディとなった。
ただし、あくまで本作のみで保留され、4期以降は継承されていない。

この第3期を境に、徐々に美少女化がスタートする。

アニメ第4期

4期ねこ娘


声:西村ちなみ
2期以来の実質のメインヒロインに戻り、本作以降は鬼太郎との幼馴染関係が従来以上に強調される事となる。
第1話から登場するが、1話では鬼太郎のために駆け付けるも見せ場は無く、ラストでねずみ男をお仕置き的に引っ掻いただけで、能力を見せる活躍は3話以降である(2話では妖怪アイテム使用の活躍)。
原作に沿って3期同様毎回登場するわけではなく、本作でも時折連続未登場回があったが、全体的な出番や鬼太郎と共に活躍する割合としては3期よりもかなり多くなった。
表記は「ねこ娘」。

原作の雰囲気に近く、かつ目元や口元に可愛らしいアレンジが加えられ、髪型も紫色の刈上げおかっぱに変わる。
性格は幼く健気で優しいが、妖怪らしくクールで勝気な面もある。
服装はひらひらとした丈の短いミニスカタイプになり、幼い印象が強いが割合に美脚でもある。リボンの色は薄いピンク色。
本作より、猫化時は目が黄色(金色)に変化するようになる。

鬼太郎に好意を寄せる点は健在だが、本作の鬼太郎は特に女性に弱いという描写などがないため、ねこ娘もヤキモチを妬くシーンなどは見られない。本作でも、ねこ娘が鬼太郎を男の子として意識する態度や表情が時折見られたが、普段は友達以上恋人未満、あるいは仲のいい兄妹みたいな関係である。一方の鬼太郎も好意か定かではないが、ねこ娘を大事に思っている。

ねずみ男に対しては冷たくあたる一方で、夜叉に殺されたときなどはただ一人悲しむなど、気にかける優しい一面も見せた(ちなみに他のメンバーからは、「死んでも悲しくない」「生き返っても嬉しくない」と散々な言われようだった)。頻繁に悪さをするねずみ男を引っ掻いたり髭を引っ張ったりしてこらしめているが、時折ねずみ男に口臭で反撃されることもある。

東京の街中を人間の娘のように振舞いながら散策し、野良猫たちに気さくに声を掛けながら買い物とかを楽しむ事も多いが、人間界の社会情勢などには疎い。
買い物できるお金は持っており、鬼太郎と一緒によくラーメンを食べに行き、コンビニでのねこ缶、焼き芋、パンなどを買ったり、ねずみ男(実際は化けていたムジナ)にお金を貸すなど、ねずみ男以外の妖怪で明確に貯金があることを匂わせているが、稼ぐ理由は描写が無い(後年の5期の設定から、幼い容姿ながら天涯孤独の身の上でもあるため、なんらかの人間界のアルバイトをして収入を得ている可能性は示唆される)。
40話では一瞬だけ、この猫娘とは別に「猫子」も登場している。「妖怪運動会」に参加した(後述)。

過去のシリーズよりパンチラシーンの頻度は減ったが、劇場版では敵妖怪との戦闘時などで頻繁に見えていた。なお、設定資料でも猫化した後ろ姿でパンツが描かれている。
当時はそこまで流行っていなかったメイド服を着て登場した回もある。ただし、微笑みながら鬼太郎を怒らせた悪人を地獄に突き落とす役だった。
人間と違い成長が極めて遅いことを気にしてもおり、その心の隙間をインドの大妖怪ラクシャサに利用され、一時的に大人の美人に成長したこともあった。

ゲゲゲ


秋山里子という人間の女性に亡き母の面影を見て、「里子ママ」と呼んで慕った事もある(その際に黄色のリボンをプレゼントされて着用している)。※
一度陰陽道いかるが流陰陽師一刻堂の正しい言葉「言霊」により、猫を抱いた人間の少女にもなっている(栗色の髪の可愛らしい姿をしていた)。
※先述のように、原作では黄色のリボンを着けてる場合も多い。

本作は歴代のアニメシリーズで唯一鬼太郎より背丈が低いが、それでも鬼太郎が初めて原作以上に高めにデザインされたため、

  • 身長 / 141cm・体重 / 34kg
と、身長・体重ともに原作より高めとなっている。

本作のデザインは水木御大の描かれる原作カットにも影響を与え、普段の口元などは本作の雰囲気を取り入れたものとなっていった。

アニメ第5期

ねこ娘
ねこ娘(第5期)


声:今野宏美
従来以上の完全なヒロインとなる。第1話から登場し、初めて鬼太郎や目玉おやじ同様の完全な全話登場の皆勤賞となった(ねずみ男より出番が多くなった)。
表記は「ネコ娘」。「ゲゲゲの鬼太郎」・「ビビビのねずみ男」などにあやかって、本作より「ニャニャニャのネコ娘」という通称がついた。

髪型は前髪にシャギーを入れたベリーショートになり、長いまつげと大きな瞳を持ち、八重歯がチャームポイントとして加えられるなど、前作以上の美少女化が成されている。頭身も再び3期並みに上がった。
その可愛い容姿で人間界では結構モテており、しかも人間のモブやゲストキャラだけでなく、妖怪界でも天狗ポリスのエース・黒鴉などに想いを寄せられたりしている
目玉おやじは「あとニ百年もすればもっと美人になるじゃろう」と述べている。

誰もが認める可愛いヒロインキャラとなり、放映開始前から話題が沸騰。
目玉おやじと並ぶ5期のマスコットキャラクターとして扱われる。
それまで鬼太郎シリーズに興味を持たなかった層を引き込むことや、視聴率にも貢献し、作中で披露した様々なコスプレが全国の大きいお友達のハートを鷲掴みにした。

ネコ娘だよ全員集合
ネコ娘


本作では従来以上の人間界への溶け込みを見せ、様々なアルバイトをしている。本作から携帯電話も所持し始めている。コスプレは仕事の関係上だけに限らず、シリーズで最も多様な衣装を披露し、『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』では「ご当地ネコ娘」と題して、日本全国公開地域ごとに様々なご当地コスプレを劇中で披露した。映像ソフトには全て収録(ただし、映画版の実質的なメインヒロインは風祭華である)。

アントキノネコその10
モンモン・モンスターのぬこ♪
ねこ娘 私服コレクション
ネコ娘にゃにゃー


2期を除いてこれまで夏でもブラウスは長袖だったが、本作では夏は半袖で、初めて季節に合わせて衣替えもしている(夏は2期のワンピースをアレンジしたような服も着ていた)。
エピソード・季節で様々な私服も披露し、シリーズで最もファッショナブルな女の子である。
水着も2種類披露(23話、82話)、河童の国の相撲大会では晒しまわし姿も披露した(19話)。

鬼太郎を思うあまり、人間妖怪を問わず他の女性に嫉妬する場面が多くなる。
また、幼い頃からの鬼太郎の兄代わりである蒼坊主に対しては鬼太郎同様に慕うのに対し、鬼太郎とは腐れ縁であり、自身とは天敵同士でもあるねずみ男との関係性には「理解出来ない」と焼きもちを妬くなど、恋愛関係では無いにもかかわらず、ねずみ男との友情関係すら面白く思っていない節を見せる。
アニメ後半になるにつれて、ねずみ男に対する彼女なりの信頼も徐々に芽生えてはくるものの、鬼太郎が自分とのデートをすっぽかして彼と遊びに行くのを優先する事には怒りを露わにしている。
鬼太郎にアプローチを仕掛けることが多いが、面と向かって「好き」を口にしたことはない(心の中では呟いている)。
悪気は無いのだが、誤解から鬼太郎を隠し撮りして一方的に説教する(鬼太郎は特に怒られるようなことはしていない)という、少し理不尽な嫉妬深さを見せたことまであった。
出不精のきらいがある鬼太郎に代わり、外部とのパイプ役を勤めることもあり、妖怪事件の持ち込みや事件との遭遇など、エピソードのキッカケになる機会が従来より増えている。

本作では鬼太郎と別の意味での相棒として、「クロ」という名の黒猫(声:豊嶋真千子)とコンビを組んで行動する事も多い。クロは眉毛があって首にではなく勾玉を装着しており、直立歩行や人語を解する事もできて、猫娘に従って潜入調査をしたり、妖怪横丁にも出入りして時には目玉おやじを頭に乗せて移動手段となるなど、総じて普通の猫ではなく所謂「妖猫」の可能性も示唆されている。

人間社会で仕事をする際は「猫田宏美」「根古宏美」「猫野塚宏美」という偽名を使う(演じる今野氏の名前をもじったもの)。仕事に就く際は成人とも偽り、「中学生ぐらいにしか見えない」と当然よく指摘されるが、猫化した時の額の特徴的な皺を見せて「童顔で背も低いから子供っぽく見られるんです」と言葉巧みに誤魔化すというしたたかな面を見せる。
多くのアルバイトを経験していることから仕事能力は高く、あちこちで重宝されたり、再度仕事を依頼される姿などが見られる。そのため金銭の密かな蓄えも大きく、鬼太郎一家の日々の食費くらいなら容易く面倒を見れる程である(鬼太郎は「奢られてばかりなのもカッコ悪い」と発言しているが)。
その順応性の高さから従来のシリーズと異なり、人間社会の政治・経済・文化にも詳しい。

2期よりも一歩先に進んだ母性的なキャラとしても描かれ、鬼太郎親子の家によく入り浸っては何かと世話を焼いている。
勝ち気かつ正義感が強く、悪人を許さないという気持ちは、シリーズの中でもある意味一番強い部分がある。
鬼太郎以上に人間と友好的な関係を築いているため、素直に助けを求めない人間へ辛辣な鬼太郎に対して苦言した事もある。

ただし、妖怪としての行動には原作の雰囲気が表れていて、身勝手な人間には「食い殺す!」と敵意を向ける。
普段は従来のシリーズ同様に猫顔への変身能力をコントロールできるが、暗く狭い所へいきなり入ると自然に化け猫顔に変化して怖がられてしまう事もある。
過去のシリーズでは滅多に見せなかった四足走行による垂直な壁の登り降りや、普通の人間には出来そうにない高い建造物からの二本足での飛び降り着地など、猫妖怪ならではの運動能力も披露した。

2年目にネコ娘だけ、再度デザインが変更された(下まつげの追加)。より色気のあるデザインに。
その時期に本作での能力等のプロフィール込みで明かされた公式身体サイズは以下の通り。

  • 身長 / 146cm・体重 / 37kg (ただし推定サイズとされている)
  • 年齢 /不明
  • 必殺技 /ひっかき
  • がんばっている事 /アルバイト
  • 好きなたべもの /カツオブシ、ネコ缶(作中では刺身も好物と言っている)
スリーサイズは設定されていないが、大人の女性にスタイル面でコンプレックスを抱いていたので、プロポーションは3期の「ボンキュッボン」までには至っていないようである。

5期でラクシャサ


出番も多いことに加え、その人気から活躍するエピソードをセレクトした2枚組DVD・『ゲゲゲの鬼太郎 セレクション ニャニャニャのネコ娘』が発売された。豪華リバーシブル使用のパッケージでは、非常に際どい水着を披露している。

6期は、これらの点を踏まえたキャラクターデザインが行われる事になった。

アニメ第6期

第6期 ねこ娘
六期猫娘


声:庄司宇芽香
2期・5期と同じく主役級のヒロインとして殆ど毎回登場するが、5期の様な完全皆勤ではなく、稀に例外的な未登場や台詞なしの姿のみ登場回もある。本格的な活躍は他の仲間妖怪同様に第2話からだが、彼女のみ第1話の時点で姿だけは見せていた。
表記は「ねこ娘」。通称である「ニャニャニャのねこ娘」は、本作で初めて本編内でも自称し、使うスマホのユーザー名・「nya3_neko」としても活かされている。

髪形は原作や過去シリーズの様な刈り上げやショートヘアーではなく、お団子頭シニヨン)にリボンを結っている。
目つきも大きなネコ目ではなく切れ長の瞳になっている。しかも猫らしく昼と夜でも瞳が微妙に異なり、夜間は瞳孔が開いている。
萌えキャラなデザインだった前作から一転して、頭身が高くスタイリッシュになった。
前作の美女扱いを継承しつつも更に発展進化したようなイメージで、娘というより成人女性に近い。
その美しさは、同性の犬山まなから『めっちゃ強いのに、素敵で、綺麗で、すっごくかっこいい』と憧れを抱かれ、女好きの鏡じじいにも惚れられ、仲間の一反木綿ホタテの貝殻で作った水着を着させようとする程。

ねこ姉さん
美少女化
猫娘


スタイリッシュな風貌は3期を成長させたような印象だが、毛髪の色は紫で髪形など4期も連想させる(ファンによっては、4期でラクシャサにより成長した姿(通称ラク猫)までの過程みたいに見えるとか)。
小川監督曰く、八等身の猫娘は女優の菜々緒がモデルとの事

着ているワンピースもひだのたっぷりしたフレアのミニスカートとなり、スラッとした美脚を覘かせている。
前作でも、人間界の様々なアルバイトでしばしば大人な雰囲気を見せていたが、本作は従来よりも露出度が高い生足に、3期以上の赤いハイヒール、そして色気漂うチョーカーアンクレットなど、非常にフェティッシュ溢れるデザインとなった。
27話からは通常の生足露出の他にストッキングを履いてる時も見せるようになる。

23話の回想では、1980年代には赤一色のスーツを着ており、髪型も異なりバブリーな雰囲気を見せていた。これは3期でも目立った蓮っ葉なイメージも醸し出していて、その時点で既に現在同様の成人女性的な体形になっていたらしく、所謂「ナイスバディ」だった3期・ネコ娘へのリスペクト設定も成されている。

普段は誰に対してもクールに振舞っており、従来の勝気な部分を受け継ぎつつ、どこか冷たげな雰囲気も漂わせている。
従来のシリーズ同様に鬼太郎とは幼なじみで、ゲゲゲハウスへも毎日のように出入りしており、妖怪退治の依頼時には共に行動する傾向だが、本作では、そんな鬼太郎に対してもツンとした態度で接する事も少なくない。
しかし鬼太郎の事は常日頃から強く意識しており、従来と変わらず鬼太郎に対し恋愛感情を寄せている。鬼太郎親子が旅行中も留守番を引き受けるほどだが、ゲゲゲハウスを掃除しようと考える時すら周囲に誰もいなくても素直になれずにいる。鬼太郎に褒められたり助けられたりすると、顔を赤らめるのが定番となっている
猫娘がゲゲゲハウス内に居る時は、常に室内にある木の切り株を椅子代わりにして腰かけている事が殆どである。
14話で訪れた夢の世界では、鬼太郎に「お姫様抱っこ」されてプロポーズを受ける夢を見て幸せに浸っていた。ただし、身長および外見の年齢差を無意識に気にしていたのか、夢の世界の鬼太郎は成人男性に近い体形になっている。なお、同話にて目玉おやじと砂かけ婆から説明されるまで、本作では目玉おやじに昔は普通の体があった事を知らなかった。

猫化した際は従来同様の化け猫顔になる。普段が人間と変わらない美少女なだけにギャップが大きく、本編前にまずOP映像で度肝を抜かれた視聴者も少なくない。両足も猫の後ろ足の様な形の動きを見せており(横から見ると分かりやすい)、長い手足も相まってお馴染みの四足走行が従来以上に自然になっている。
戦闘能力にも長けており、鬼太郎に次ぐと言っていいほどのアタッカーとなった。歴代以上の敏捷性・ジャンプ力・キック力を見せる他、パンチ力にも自信を持っている。攻撃を受けても即座に受け身を取れる程の防御力や、至近距離からのレーザー攻撃も紙一重でかわす程に反射神経も優れている。
特に最大の武器である鋭い爪の威力に至っては、通常のお仕置きとしてねずみ男の顔などを単にひっかくだけに留まらず、戦闘モードに入れば爪を更に鎌の刃のように伸ばして強い妖怪の体でも簡単に切り裂くことすらできる(ただし、極端に硬いものは切れない)など、歴代のレベルを大幅に上回っている(例えれば、まるで同じ東映アニメ作品における某ロボ超人必殺技のような描写である)。爪による切断は、食材を捌く際の包丁代わりに応用する事もある。
ただ、本作では鋭い牙による噛みつき攻撃は、まだ見せていない。

ねずみ男とは相変わらず天敵関係であり、悪事を働くたびこらしめているが、その境遇には何かしら思う所があるようで(元々同じ半妖怪出自なので心情が理解できるのか)、彼が人間からも妖怪からも疎外されてきた過去を吐露した際には、普段なら必ず皮肉を言って返すねこ娘も珍しく複雑な表情で黙っていた。
また結婚詐欺師の石妖に騙され生気を失った彼に対し、敢えて厳しい言葉をぶつけ喝を入れて元気を取り戻させたうえ、被害者の署名を集めて訴えようと一日中行動したり、「ねずみ男の敵!!」と彼女に烈しい敵意を向けて敵討ちに向かうが、その石妖が海坊主に捕まったのを見てねずみ男の気持ちを慮り複雑な表情を浮かべるなど、比較的荒っぽいが彼に対しても頼もしさや隠れた思いやりをみせるなどしている。

本作でも5期と同様に現代の人間社会へ溶け込んでおり、SNSを利用している。
ハッキングセキュリティーという言葉もさらっと口にできる。
鬼太郎と協力し、幽霊電車での仕掛人として人間を成敗した際には(人間を驚かすためだけだったかもしれないが)着信音をお経にしていた
使用料金を払う必要があるスマホを使用してゲームまでやっているのだが、現時点ではどういった手段でお金を得ているかは不明。人間界の商店街やデパートにて普通に買い物する事も多いので、過去のシリーズ同様に何らかの収入を得ているのは間違いないようである。
ちなみに本作では、他の妖怪たちもスマホを持っている者がいるが、あくまで妖怪同士で人間に知られていない独自のネット通信らしく、そのスマホも妖怪界で製造された専用機種の可能性がある(本作は、砂かけ婆も人間界のデジタル機器類に対応できる能力を有したため)。人間界でSNS等のやり取りをしながら情報を収集しているのは猫娘とねずみ男だけのようである。
24話でネット上で情報収集するために拡散した際、普段から使ってるスマホのユーザー名・「nya3_neko」の前に、かつて『鬼太郎夜話』編で登場した猫娘と同じ「寝子」という名前をハンドルネームとして付けていた。また、1話では猫娘とは別の「猫子」が、アニメキャラ「ニャニャニャの猫子さん」として描かれている(寝子と猫子については後述)。

思いがけず知り合いになった犬山まなに対しては、鬼太郎を助けた人間の少女だということでわざわざ彼女の家に訪れて初顔見せしており、出会い時は鬼太郎との関係の嫉妬もあったのか少し険悪気味だったが、鬼太郎がやられて恐怖する彼女を励まし、身を呈して庇ったことがきっかけで「ねこ姉さん」と呼ばれ慕われるようになった。
その後はスマホのLINEらしきアプリで連絡を取ったり交流を深めるようになる。電話番号も交換しており、これが妖怪退治時の逆転のきっかけになることもある。鬼太郎がまなを友達と認めたのと同時に、ねこ娘もまなを改めて友人と認め始める。鬼太郎への接触方法が妖怪ポスト以外限られている事もあるが、危機に陥った時にSOSを送られるなど頼りにされている。

鬼太郎やまなに限らず、困っている人間を見過ごせない優しい心の持ち主で、砂かけ婆の用事で遠出した際に偶然見かけた老夫婦の窮状を助けるべく畑仕事を手伝っている。そういった真面目に生きている人間の年長者へは普段のクールな態度も見せずに敬語で話している。野菜作りも好きであり、まなは純真な性格だが現代っ子で新鮮な野菜の美味しさも今一つ知らなかったので、改めて現代の人間たちが自然を蔑ろにして誤った方向へ進んでいると警鐘し、「木も花も虫も獣も‥‥‥人も妖怪も。どれも同じ。全てが自然を形作る要素でしかないのに、人間はそれを忘れがち」と教えている(※)。
その際に作業用のもんぺを着用したが、実用性重視の柔軟な考えも出来る。ただし、あまりオシャレでない事も感じており、鬼太郎にイメージダウンを抱かれる事を危惧して(無用な心配なのだが)、食べてもらおうと収穫の度に黙って届けていた野菜の事も、鬼太郎親子に指摘されても「わたしは知らないから」と顔を赤らめながら否定するなど、相変わらず鬼太郎へ素直に好意を見せれずに意地を張っていた。
※この台詞は声を担当する庄司宇芽香がオーディションを受けた時に、ちょうど出来上がった18話の脚本からテスト用原稿へ加えられたものでもあり、庄司が猫娘役に抜擢される決め手の一つともなった。

本作でも5期に登場したクロのように、妖怪ポストへの手紙を届ける役割をしたり猫娘へ情報を伝えたりする仲良しな黒猫がいる(鳴き声は猫娘役の庄司宇芽香氏が二役)。
OPで妖怪運動会をする際は、天敵同士のねずみ男とも抵抗なく二人三脚のペアを組んでいる。
戦闘時には姉御風な勇ましさを見せるが、河童に尻子玉を抜かれそうになった時は流石に尻を押さえて逃げ回るなど、女性らしい羞恥心を持ち合わせている。
学校怪談で有名なトイレの花子さんとも友達であり、彼女にストーカーしていた都市伝説妖怪ヨースケくんを徹底的に叩きのめすなど、友達を苦しめる相手は絶対に許さない。
10話では、鬼太郎が不在にも拘わらず一人で敵妖怪を退治した(尤も、相手は妖怪なのにただのストーカーだったが)
17話では素晴らしい笑顔で蟹を食べており、ホタテも好きと言っている事から、生魚だけでなく魚介類全般が好きである模様。
10話でねずみ男がまなの弁当に生きた魚を丸ごと提供した際に、気味悪がったまなに「わたしなら美味しくいただいちゃうわね」の微笑んだ一方で、27話でマレーシアの妖怪たちが振舞った虫の唐揚げのような郷土料理は気持ち悪がるなど、抵抗なく食べた鬼太郎や「酒のアテにいい」と喜んでいた子泣き爺たち他の仲間妖怪と異なり、妖怪として人間が抵抗感じる食材に平気な部分と、大抵の妖怪が平気な食材に人間と同じような拒否反応を示す部分も併せ持っている。

身長・体重などは、まだ公式でも未発表だが、ねずみ男が原作設定で身長160cmにして本作ではねこ娘が更に長身であるため、少なくともねこ娘の身長が160cmより高いのだけは明確である。
また、ほぼ成人同様な体形から3期の様な公式スリーサイズが設定されているかも、まだ明らかにはされていないが、服装から見せている雰囲気は、比較的スレンダー系なスタイルの良さを醸し出している。

放送前は鬼太郎ファミリーの中でも最も激変した容姿を注目され、放送されると

  • 鬼太郎に対するツンデレな描写
  • まなを庇う際の(女子だが)漢気溢れる女性語口調
  • 普段な美人さと狂暴な妖怪顔のギャップ
  • 強い妖怪を相手に善戦できる高い戦闘能力
  • まなに「ねこ姉さん」と呼ばれた時の照れ顔
などに多くの視聴者が射止められ、一般・18禁とわず多くの6期猫娘のイラストが投稿されているなど受け入れられた。
タグでは「ねこ娘」のほか「6期猫娘」も用いられる。または過去シリーズの猫娘との区別化のためにファンからもまなから付けられた「ねこ姉さん」というあだ名で呼ばれつつある。

公式サイトもバレンタインイラストに始まり、5期同様公式のやる気を感じさせる展開が繰り広げられている。
また、前作以上に書籍等でも特集が組まれている。

コナミゲーム版

猫娘


声:宮村優子

水木しげる生誕80周年として製作された三部作における猫娘。原作のデザインビジュアルをそのまま用いているため、アニメのようなヒロインチックなデザインとは異なり、水木しげる画らしい妖怪チックな雰囲気となっている。牙をむき出しにした笑い顔の場合と普通の笑顔の場合とで印象も異なって描かれる。

鬼太郎のことは『異聞妖怪奇譚』では「鬼太郎」と呼び捨てで一人称は「アタイ」、他二作では「鬼太郎さん」と敬称付きで一人称は「あたし」。どちらも基本的には妹分的で活発なキャラクターとなっている。鬼太郎を信じて慕う気持ちは原作やアニメシリーズとも共通している(戦列から離れて鬼太郎のお荷物になることを気にしており、『異聞妖怪奇譚』の戦闘時にピンチになれば「ヤダッ、助けて鬼太郎!」と叫び、負けて一旦退場になる場合は「ゴメンね鬼太郎」など呟くこともある)。

『異聞妖怪奇譚』では、ややねずみ男に対して傍若無人な態度を取り、冒頭ではねずみ男から鬼太郎の分まで妖怪携帯を脅し取り、ねずみ男が少しでも口答えをすると問答無用で引っ掻くなど、ある意味ではアニメ以上に暴力的である(その多くはねずみ男に非があるとはいえ)。一方で宴会の時にはごちそうを振舞おうとしたり、他にも時々女の子らしい仕草や態度も見せる。本作では一部鬼太郎不在時シナリオが存在し、その場合は猫娘が主役扱いとなるので、ポジション的には従来のアニメシリーズ同様にヒロインである。

後者二作はシナリオパートでの活躍が控えめなので判別しづらい。一応やや正義感が強い雰囲気で描かれている。特に『逆襲!妖魔大血戦』では「鬼太郎の背後を守る」という能力を持ち、鬼太郎の背後に敵が現れると地形を無視して一直線に飛びかかり、時には前進する鬼太郎を援護する形になることもあるためコンスタントに呼び出しやすい。選択した際は「卑怯な奴は私がやっつける」といった台詞もある。

映画妖怪ウォッチ

ウォッチ鬼太郎


声:皆口裕子

アニメ版とは異なり、現在の原作基準でデザインとなっているため、髪が非常に短く耳元にもかからないほど、少年的なおかっぱとなっている(アニメ第1・2作に近い)。一方鬼太郎の背が高いせいもあって、やや鬼太郎より低い背丈となっており、目付きは少しマイルドである(この点では3作や4作ともそれぞれ似ている部分がある)。

猫娘を演じた人々

アニメ

山口奈々(1作目)
小串容子(2作目)
三田ゆう子(3作目)
西村ちなみ(4作目)
今野宏美(5作目)
庄司宇芽香(6作目)
皆口裕子映画妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
※「墓場鬼太郎」に登場した寝子は、中川翔子が担当した。

実写映画

ゲゲゲの鬼太郎』『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 田中麗奈
田中麗奈は実写版で初めて猫娘を本格的に演じた女優で、本人曰く「子供の頃から家族や周囲にツリ目気味なので猫娘に似ているとよく言われました」との事。作中では「猫ダンス」という踊りを披露する。年来設定は、約400歳である。また、田中麗奈の公表サイズに合わせて身長も158cmと設定されている。

ゲーム

『ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚』 宮村優子

パチスロ

『パチスロ ゲゲゲの鬼太郎 ブラック鬼太郎の野望』 佐藤聡美/原田ひとみ(黒猫娘)

余談

水木御大も古くから重要な位置づけで考えてはいたものの(後述)、直接レギュラー化したきっかけはアニメ2期にてキャラクター方面を強化するために追加された事が大きく、ドラマランドでも当初企画段階で猫娘登場が検討されたが、諸事情で未登場となった(実写登場は後年の映画化で実現した)。3期にて猫娘が続投することが決定した際に、既に二期の度重なる再放送による全国的な認知度や幾つかの鬼太郎関連書籍で「鬼太郎の仲間」として公式に解説した事もあるので続投は必然ながら、2期のオリジナルワンピから原作に近い服装へ戻す提案をするなど、水木プロ内でも話題になったというエピソードがあるなど、原作当初は、まだゲストキャラクターとして登場していた。3期最初期のテレビマガジンなどで使われた猫娘の着ぐるみはドラマランドで企画段階のデザインと3期のデザインを掛け合わせて折衷したもので、3期のイメージを出しつつも3期中盤以降の猫娘とは若干異なる箇所があるのは、そのためである。

水木御大によるイラストには化け猫顔で喫煙しているカットがあるが、原作本編やアニメシリーズでは、そのようなシーンは描かれておらず、御大イラストの喫煙してるカットすらも、別バリエーションでは煙草を加えてる手が、単に頬を押さえてるように描き替えられてる物もある。

後年とある雑誌のインタビューの際、記者が「猫娘がかわいくなったことについて一言」という旨の質問をしたところ、御大は耳が遠くなりかけた時期でもあり「『ねこむすび』がなんだって?」と開口一番に仰せになられ、娘さんが「『ねこむすめ』よ」と耳元で伝えて「ああ、猫娘ね」と笑いながら言いたいことが判ったという。
また、「世界妖怪会議」で5期猫娘役だった今野宏美がゲスト出席し、御大に5期で鬼太郎たち妖怪の住み家となった「妖怪横丁」の感想を聞いたところ、最初意味を理解しておらず「え?横丁?」となったが、同席した荒俣宏の補足で、「ああ、そういう設定にしてましたよね」とようやく思い出したとの事。これについては、5期を第1話の試写しかリアルタイムで見ておらず、本放送も仕事が無い限りは放送時間の朝9時頃まで殆ど毎日寝る習慣になっていたので、DVDが発売されて水木プロに届いてから初めて視聴するようにしていたためと事情が説明された。そういう経緯もあって、しばらくの間は猫娘の本格的な萌え化設定も忘れていたが、視聴してから思い出して「可愛くなったね、オモチロイ」と好評だった。

6期の「ねこ姉さん」となったデザインや活躍について、水木プロも「東映さん信じて間違いなかったです。ねこ娘が進化して嬉しいです」と述べ、生前水木御大と親交が深く志を継いでる荒俣宏・京極夏彦佐野史郎といった各界の著名人も、「今回のアレンジは大成功で、水木先生も必ず大喜びされてると思いますよ。先生はああいうのが大好きな方でしたから、今頃『フハッ』ってなられてるでしょうね」などと太鼓判を押している。

原作に登場した様々な「猫娘」と現在につながる系譜

人気妖怪キャラクターの一人であり、「ゲゲゲの鬼太郎」という作品に欠かせない存在である猫娘だが、その個性が確立されるまでには多くの原型と、長い時間が必要だった。

その原点は、水木しげる作品の『怪奇猫娘』などにあり、こちらではみどりという名前の少女が、父親が「鳥猫」という巨大な猫を殺めた報いで呪われたとされ、母親の墓から這い出すという、鬼太郎のそれに似た描写の出生譚が描かれていた。水木御大は紙芝居時代にも、『猫娘』という作品を『鬼太郎』同様に描いている。

『鬼太郎』シリーズにおいては、「墓場鬼太郎」(「鬼太郎夜話」)に寝子という人間の少女が初代「猫娘」として登場する。
こちらは鬼太郎親子が入居している下宿屋の娘で、猫化する理由については、先祖の家業に因縁があると示唆されるにとどまっている(詳細は寝子を参照)。『怪奇猫娘』のみどりをモチーフとした設定に、オリジナル要素として「ねずみ男の天敵」というポジションが加えられた(昼寝をしていたねずみ男を獲物とみなし、襲い掛かる場面がある)。鬼太郎の初恋の女性でもあり、これも後の「鬼太郎のガールフレンド」としての猫娘を形作る元となっている。前述にもあったようにアニメ6期では、ねこ娘が使うスマホで「寝子」の名前をハンドルネームとして付けていた。

現在レギュラーとして定着した「猫娘」が原作に登場するのは、『猫娘とねずみ男』からである。鬼太郎の親友という設定であり、後にデザインの定番となるリボンは着けていない。
劇中ではねずみ男と対照的な存在として、彼を懲らしめるよう鬼太郎に頼まれる。この「悪さをした時のねずみ男のお仕置き役」という役割が、アニメ2期以降、原作でもレギュラー化した猫娘の重要な位置づけとなる。また、ねずみ男とは初対面だった。彼に襲い掛かった際はパンチラも披露しており、これも原作やアニメで恒例となった(ただし、アニメでのパンチラシーンは4期まで)。

少年サンデー』連載時には、2期のアニメに併せて猫娘と全く同じ性質を有しているが、別の名前を持った猫子が登場した。前述にもあったように、アニメ2期と4期に猫娘と共に登場するシーンがあり、6期では作中アニメ作品の主人公として描かれてもいる。
その数年後に、『続ゲゲゲの鬼太郎』では女子大生になり猫髭を生やした猫娘が登場。

青春時代


鬼太郎親子との同棲権を巡ってねずみ男と争い、相打ちの末に悪魔の生贄として連れ去られた。その後の生死と消息は不明。
しばらくして鬼太郎と同じ高校生の猫娘が登場し、こちらは既存ものに近いビジュアルながら髪型はロングヘアーとなり、結んで左右にたらしたおさげにしている。
女子大生も高校生の猫娘も、共に「猫娘」として鬼太郎やねずみ男と面識が古い点などは共通しているが、素性設定や容姿はあくまで別個体として描かれている。

yee


このうち、高校生の猫娘については「猫娘とねずみ男」に登場した元祖猫娘の成長した姿であるという説もある。こちらの猫娘はその姿のまま、直後に小学生設定に戻った鬼太郎と共に、幼馴染として登場し続けているためである。
実際にこの「おさげ猫娘」は、小学館の『鬼太郎入門』等の書籍や、再放送中だったアニメ2期に併せて御大が描き下ろしたカットなどでもそのように扱われている。
このため直接言及されたことはないものの、事実上「猫娘とねずみ男」の元祖猫娘、「続ゲゲゲ」の高校生猫娘、そしてアニメ3期以降の猫娘は、同一のキャラクターであるとみなすことができる。

以上の点を踏まえれば、「猫娘」というキャラクターは

  • 御大の創出した妖怪の新種族としての「猫娘」(『怪奇猫娘』のみどり、『墓場』の寝子、サンデー版に登場した猫子、『続ゲゲゲ』の女子大生猫娘)
  • 鬼太郎の友人であり恋人としての要素を持つ、独立したキャラクターとしておなじみとなる「猫娘」(『猫娘とねずみ男編』の元祖猫娘、『続ゲゲゲ』のおさげ高校生猫娘、アニメやゲームに登場する猫娘)
という、大きく2種類のタイプに分けることもできる。
また、おなじみの「鬼太郎の妖怪仲間で、幼馴染のガールフレンド」である独立したキャラクターとしての猫娘の方は、みどり→寝子→元祖猫娘という過程の系譜により形作られたキャラクターだと言える。

猫娘と概ね同系統ではあるが、明確な別人たち

猫娘には先述のように、彼女と似た特徴を有する別人・別個体が複数存在している。
「墓場鬼太郎」で初登場した寝子はロングヘアで、当時は鬼太郎と同じ小学1年生にしてはかなり大人びた美少女でもあった。「鬼太郎夜話」ではねずみ男とニセ鬼太郎の奸計で命を無くすが、地獄の方が安住の地で「猫娘」として暮らす決意をする。
「ねこ屋のきょうだい」ではニセ鬼太郎が生き別れとなった兄とされ、鬼太郎親子の紹介で妖怪病院にて猫化する病気を治療してもらい、普通の少女に戻る。

その後少年サンデー版に登場した猫子は、ボサボサ髪型の着物姿で妖怪アパートの住人だった。鬼太郎に惚れている事をねずみ男に指摘されている。
「あたしは妖怪の一種」「人類に関心ない」と言い、ねずみ男に対して鬼太郎が「あいつは半妖怪だから信用ならない」と目の前で発言しても平然としていたなど、純粋な妖怪として描写されたが、関連書籍の解説では「寝子同様に猫化する奇病の人間で、厳密には妖怪ではない」という記述もあり、曖昧なままである(アニメではエキストラ的登場のため妖怪とされている)。また、『続ゲゲゲの鬼太郎』で猫髭を生やした女子大生になり悪魔の生贄として連れ去られた猫娘が、この猫子の成長した姿ではないかという検証解説もあり、根拠としては猫子がサンデー版以外では現在まで本編に登場しておらず、悪魔の生贄として連れ去られて生死不明となった猫娘と消息を絶った点で共通している事が挙げられているが、それも考察段階のまま最終確定はされていない現状である。

パチンコ版では、ショートヘアー(『ブラック鬼太郎の野望』)やポニーテール(『地獄からの使者』)、おかっぱだが雰囲気がこれまでと異なるバージョン(『妖怪頂上決戦』)など、様々な髪型どころか体型や顔まで完全に異なるバージョンがいくつかあり、中には、従来のイメージからも離れているケースもある。ちなみに、5期に一番近いデザインをしている『地獄からの使者』バージョンは、猫神様という巨大なスタンド口寄せして戦わせる能力?がある。また、『ブラック鬼太郎の野望』にはクローンである黒猫娘が登場する。
他に紛らわしい例として、原作の『妖怪大裁判』で敵妖怪の群衆の中にリボンをつけたボサボサ髪で吊りスカート姿の猫化時の猫娘のような牙をむき出しにして終始一貫して凶悪そうな笑い顔の妖怪女が登場した事もあり、当時は「あの猫娘と同族の妖怪か否か」と考察された書籍もあったが、アニメ2期の同エピソードにおいて猫娘とは関係ない鬼太郎の行動に恨みを抱く別妖怪の一人として描かれ、後に原作の関連書籍等でも猫娘たちとは別個の種族かつ謎の女妖怪として紹介されて公式となった。更に4期同エピソードでは、全身こげ茶色の体毛で覆われた緑色の肌をした男性妖怪として登場している。

講談社の『ゲゲゲの鬼太郎』大事典や大百科などの「ねこ娘のひみつ」解説等で、寝子と猫子は「ねこ娘の仲間」として紹介されている。

関連イラスト

2/14
ねこたち


猫娘ご一行。
孝行娘たち



関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪 化け猫 少女 ヒロイン おしおき ギザ歯 プリチー族

キタネコ ねずねこ

pixivに投稿された作品 pixivで「猫娘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20576314

コメント