ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

  1. ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』の登場人物。
  2. テイルズオブシンフォニア』の登場人物。→ユアン・カーフェイ
  3. 軌跡シリーズ』の登場人物。→ユン・カーフェイ

本項では1について記述する。


概要編集

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』に登場するキャラクター。クロックタウンの町長の息子。

名前は中国語で『コーヒー』を意味し、その為かクロックタウン上層部の人物(ドトール、アロマ、バイセン(焙煎)、ムトー(無糖))は全てコーヒー関連の名前である。


本編ではあまり関係がないが、サブイベントでは最も影が濃いと言ってもいい人物である。

アンジュとは幼馴染にして婚約者であり、カーニバルの日に彼女との結婚を控えているが、スタルキッド魔法子供の姿に変えられてしまう


その際に北の祠に住む大妖精に相談に向かったところ、スリのサコンに婚約の証である「太陽のお面」を盗まれてしまう。そのためアンジュにも家族にも何も言わずに失踪し(父親の町長は実はその事情を知っているが、妻には黙っている)、サコンの情報を探るべく父親の悪友であるマニ屋のおじさんのもとに身を寄せ、盗品が流れるマニ屋の裏口に身を潜めている。普段はキータンのお面を被って素顔を隠している。


彼とアンジュのイベントは、サブイベントの中でも最もクリアが難しく、イベントの過程を一つ失敗するだけでクリア不可となってしまうものが有る。

3DSリメイク版、Nintendo Switch Online版などでは、時の歌を使わずとも途中でセーブ可能となったため難易度は若干下がっている。


尚、サコンのアジトに潜入するイベントの途中で少しだけ彼を操作することが出来る。

モーションはリンクのものをそのまま使っているため、回転アタックや素振りができる。

また、初日に現れる時に犬の体当たりを食らわせると吹っ飛ぶ。


また、サブイベントを最後まで進めると3日目のAM5時(つまりゲーム内で残り1時間)を過ぎるため、クリアして幸せな空気の中で時の歌を使い時間を巻き戻したプレイヤーも少なくないだろう。


余談編集

今作では前作の登場人物と瓜二つの人物ばかりの中で、唯一彼と対になる人物がいない。

その為、ファンの間ではカーフェイの対となる人物はリンクではないかという考えがある。

前作でリンクが「コドモからオトナ」になるようにカーフェイは逆に「オトナからコドモ」になっている。

これは「肉体そのものが変化」という類似点であると同時に「成長と退行、真の姿と仮の姿」など相互点でもある。

また髪の色と服装・武装以外で体型・人相・前髪が類似している。

逆に相互点としてリンクは「ガノンドロフの野望を阻止した勇者・孤独の騎士・親が故人・旅人」などに対しカーフェイは「一般人・非戦闘員・親が生存・町の住人」など真逆の境遇になっている。


後にリンクと対になるキャラクターが本当に登場した。被り物で正体を隠していたり、髪の色が同じだったりとカーフェイとも類似点がある。


後のスマブラSPではスピリッツで登場。


漫画版編集

姫川明のコミカライズでは終盤のシナリオに登場。

子供に変えられてしまった経緯が描かれており、前祝ということで調子に乗って飲み過ぎてしまった帰り道、スタルキッドから遊ぼうと声を掛けられるが酔っていたこともあり冷たくあしらってしまう。それで仕返しとばかりに子供に変えられてしまった。そんなつもりじゃなかったと謝るカーフェイだが、スタルキッドは嘲笑を残して姿を消してしまう。

その後、アンジュに好意を持っていたリンクによって無事に引き合わされる。


なお、こちらでは太陽のお面は盗まれておらず、アンジュの前から姿を消した理由も「こんな(子供の)姿で会えない」という後ろめたさからになっており、最終決戦ではアンジュと共に、リンクがムジュラの仮面との決戦へ赴く姿を見届けている。


関連イラスト編集

カーフェイ(ゼルダの伝説擬獸化)カーフェイ


関連タグ編集

ムジュラの仮面 アンジュ ゼルダの伝説


他作品関連人物編集

江戸川コナン:子供の身体にされてしまったことが発端で、幼馴染の両想いの女性との間に距離が出来てしまったキャラの元祖。

関連記事

親記事

クロックタウン くろっくたうん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 911432

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました