2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「天下御免の侍戦隊!シンケンジャー、参る!」

概要

スーパー戦隊シリーズの第33作。これまで和風戦隊はいずれも忍者だったが、今回は戦隊で初のをテーマに、殿様家臣書道による「文字の力」でヒーローに変身するという作風になっている(当時は『パワーレンジャー』シリーズ打ち切りの恐れがあり、海外展開を意識しない設定ができたとも言える)。
宇都宮孝明が初のチーフプロデューサーに起用され、メインライターを小林靖子が担当し、二人は後に『烈車戦隊トッキュウジャー』でもコンビを組むこととなる。松坂桃李の俳優デビュー作としても知られている。

戦隊シリーズは本作からデジタルシネマカメラ「レッド・ワン」によるビデオ撮影に移行した。これにより、日本のテレビドラマからフィルム撮影作品が無くなった。加えてオールアフレコを廃止し同時録音方式になった。

東映時代劇作品のオマージュが盛り込まれ、印籠型パワーアップアイテムが登場したり、リーダー格の殿様が白馬に乗ったりする。リーダーが名乗った後に「同じく、○○!」と他のメンバーが続く名乗り口上は『大江戸捜査網』がモチーフ。劇場版における『水戸黄門』の歴代格さん3人の共演(その内の合田雅吏三田裕司/オーブルー役)も話題となった。
オープニングも従来とは違い通常存在するメンバー個々の紹介パートがなく、普通のドラマのオープニングに近い形のものであった。また、放送話の中で変身しないメンバーがいる時はキャスト紹介時に変身後の役名が表示されない。

東京ドームシティ(旧・後楽園ゆうえんち)で行われるヒーローショー前作までは屋外で行われていたが、本作よりシアターGロッソ(屋内)で行われるようになった。

作風

全体的には仮面ライダーに近いシリアスな作風であり、初期はギャグ調の回が目立っていたが、俳優陣にまで隠されていた重大な設定が終盤に明かされ、シリアスなストーリーになっていった。
他にも子供向けとは思えないくらい重たい設定を持った敵や、和風ならではの殺陣、登場人物の葛藤、秀逸な伏線回収等が高く評価されており、放送から10年以上経った今でも脚本・ストーリー共に戦隊シリーズトップクラスの根強い人気を持つ。

あらすじ

この世あの世の狭間を流れる三途の川に棲む妖怪外道衆は、遥かな昔から人間達を襲い苦しめてきた。その外道衆と代々戦ってきたのが、殿とその家臣で構成される侍戦隊シンケンジャーであった。

志葉家の現当主を務める志葉丈瑠は、当初はシンケンレッドとして一人で外道衆と戦っていたが、外道衆の本格的な攻勢が始まることを察知した後見役の日下部彦馬は、いずれ殿一人での戦いに限界が来ることを危惧し、家臣の子孫である4人の若者を招集し、侍戦隊シンケンジャーを結成した。

登場人物

志葉丈瑠/シンケンレッド
演:松坂桃李
志葉家の当主だが、実は…

池波流ノ介/シンケンブルー
演:相葉弘樹
歌舞伎役者の家柄に育つ。家臣としての忠義は人一倍。

白石茉子/シンケンピンク
演:高梨臨
召集までは保育士をしていた。演者が書道5段の腕前であることから、達筆である。

谷千明/シンケングリーン
演:鈴木勝吾
高校生。丈瑠をライバル視している。

花織ことは/シンケンイエロー
演:森田涼花
京都弁で喋る。病弱な姉に代わって、シンケンイエローとなった。

梅盛源太/シンケンゴールド
演:相馬圭祐
「ゴールド寿司」という屋台を引く寿司屋。「電子モヂカラ」を使うチームのエンジニア

外道衆

血祭ドウコク
声の出演:西凛太郎

薄皮太夫
声の出演:朴璐美

骨のシタリ
声の出演:チョー

腑破十臓
演:唐橋充

筋殻アクマロ
声の出演:堀川りょう

三途の川に住まう者



シンケンジャーの関係者

日下部彦馬
演:伊吹吾郎
志葉家に仕える家老。

ダイゴヨウ
声の出演:遠近孝一
源太が一時期戦えなくなった時に作った提灯型侍巨人。

志葉薫/姫シンケンレッド
演:夏居瑠奈
存在そのものがネタバレ。

丹波歳三
演:松澤一之
薫に使える家老。特に侍ではない源太を疎んじている。

黒子
シンケンジャーを支える裏方の皆さん。

志葉雅貴
演:松風雅也
故人。上記の薫に同じく存在そのものがネタバレ。

各話リスト

話数のカウントは「第○幕」、サブタイトルの表記は全て漢字で統一されている。

話数サブタイトル外道衆
伊達姿五侍カゲカムロ
極付粋合体オオツムジ
腕退治腕比ロクロネリ
夜話情涙川ナミアヤシ
兜折神ヤナスダレ
悪口王ズボシメシ
舵木一本釣ヤミオロロ
花嫁神隠-
虎反抗期ヒトミダマ
大天空合体オカクラゲ
十一三巴大騒動ウシロブシ
十二史上初超侍合体
十三重泣声ナキナキテ
十四異国侍ハチョウチン
十五偽物本物大捕物ナリスマシ
十六黒子力マリゴモリ
十七寿司侍イサギツネ
十八侍襲名ヒャクヤッパ
十九侍心手習中オイノガレ
二十海老折神変化ウタカサネ
二十一親子熊ササマタゲチノマナコ
二十二殿執事ウラワダチ
二十三暴走外道衆ゴズナグモ
二十四真侍合体
二十五夢世界ユメバクラ
二十六決戦大一番
二十七入替人生アベコンベ
二十八提灯侍-
二十九家出提灯ドクロボウ
三十操学園クグツカイ
三十一恐竜折神アゼミドロ
三十二牛折神ハッポウズ
三十三猛牛大王
三十四親心娘心-
三十五十一折神全合体フタガワラ
三十六加哩侍ソギザライ
三十七接着大作戦モチベトリ
三十八対決鉄砲隊イクサズレ
三十九救急緊急大至急-
四十御大将出陣-
四十一贈言葉スナススリ
四十二二百年野望ツボトグロ
四十三最後一太刀筋殻アクマロ
四十四志葉家十八代目当主ヨモツガリ
四十五影武者-
四十六激突大勝負オボロジメ
四十七腑破十臓
四十八最後大決戦薄皮太夫
最終幕侍戦隊永遠血祭ドウコク骨のシタリ

音楽

  • 侍戦隊シンケンジャー

作詞:藤林聖子/作曲:YOFFY/編曲:Project.R(大石憲一郎・サイキックラバー)/歌:サイキックラバー (Project.R)
OPテーマ。

  • 四六時夢中シンケンジャー
作詞:藤林聖子/作曲:高取ヒデアキ/編曲:Project.R(籠島裕昌)/歌:高取ヒデアキ (Project.R)
数え歌の体裁を取ったEDテーマ。劇場公開中に使用されたメインキャストで歌われた「銀幕版」も存在している。

挿入歌

  • 斗え! シンケンジャー

作詞:高取ヒデアキ/作曲:IMAJO/編曲:Project.R/歌:高取ヒデアキ(Project.R)

  • 侍合体! シンケンオー
作詞:桑原永江/作曲:高木洋/編曲:Project.R(大石憲一郎)/歌:串田アキラ

  • モヂカラ大行進
作詞:藤林聖子/作曲、編曲:鈴木盛広/歌:ヤング・フレッシュ、高橋秀幸(Project.R)

  • どこまでもシンケンジャー
作詞、作曲:高取ヒデアキ/編曲:籠島裕昌/歌:高取ヒデアキ(Project.R)

  • つらぬけ武士道
作詞、作曲:高取ヒデアキ/編曲:籠島裕昌/歌:小野田浩二

  • シンケン祭り
作詞:藤林聖子/作曲、編曲:ジャック・伝ヨール/歌:Sister MAYO (Project.R)

  • 一貫献上! シンケンゴールド
作詞:YOFFY/作曲:高木洋/編曲:Project.R(大石憲一郎)/歌:YOFFY (Project.R)

  • 侍変形! ダイカイオー
作詞:桑原永江/作曲、編曲:渡辺宙明/歌:宮内タカユキ

  • 六人の侍
作詞:藤林聖子/作曲:菊池俊輔/編曲:Project.R(大石憲一郎)/歌:松原剛志 (Project.R)

  • 究極 サムライハオー 降臨!
作詞:里乃塚玲央/作曲、編曲:矢野立美/歌:MoJo

キャラクターソング

  • シンケンレッド 一筆奏上

作詞:藤林聖子/作曲、編曲:高木洋/歌:ヤング・フレッシュ、志葉丈瑠(松坂桃李)

  • 青浪(あおなみ)世直し
作詞:藤林聖子/作曲:高取ヒデアキ/編曲:真崎修/歌:池波流ノ介(相葉弘樹)

  • ナデシコ真剣 花吹雪
作詞:藤林聖子/作曲:押谷沙樹/編曲:亀山耕一郎/歌:白石茉子(高梨臨)

  • シンケンデイズ Never give up 道中
作詞:藤林聖子/作曲、編曲:籠島裕昌/歌:谷千明(鈴木勝吾)

  • はんなり めっちゃ武士道ガール
作詞:藤林聖子/作曲:IMAJO/編曲:川瀬智/歌:花織ことは(森田涼花)

  • ゴールド人情 一本締め
作詞:藤林聖子/作曲、編曲:岩崎貴文/歌:梅盛源太(相馬圭祐)

関連映像作品

劇場版

メインタイトル

2009年8月8日公開。本作の単独作品。
同時上映は『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』。

2010年1月30日公開。本作と前作『炎神戦隊ゴーオンジャー』のクロスオーバー作品。

2011年1月22日公開。本作と次作『天装戦隊ゴセイジャー』のクロスオーバー作品。

客演

2011年6月11日公開。『海賊戦隊ゴーカイジャー』と『天装戦隊ゴセイジャー』をメインとしたスーパー戦隊35作記念作品。
本作から谷千明/シンケングリーンと梅盛源太/シンケンゴールドが登場。

2013年1月19日公開。『特命戦隊ゴーバスターズ』と『海賊戦隊ゴーカイジャー』のクロスオーバー作品。
本作から志葉薫が登場。

2013年4月27日公開。仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズ、メタルヒーローシリーズのクロスオーバー作品。
本作から花織ことは/シンケンイエローが登場。

2021年7月22日公開。『仮面ライダーセイバー』と『機界戦隊ゼンカイジャー』をメインとした仮面ライダー50周年&スーパー戦隊45作記念作品。
本作から谷千明/シンケングリーンが登場。

Vシネマ

メインタイトル

2010年6月21日リリース。「帰ってきた」とあるが、後のシリーズとは違い本編の幕間的な番外編となっている。

客演

2018年8月8日リリース。『宇宙戦隊キュウレンジャー』と『スペース・スクワッド』シリーズのクロスオーバー作品。
本作から腑破十臓が登場。

余談


関連イラスト

侍戦隊永遠に
シンケンジャー最終幕


一筆奏上
終幕



関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 和風戦隊 平成戦隊

忍者戦隊カクレンジャー:初代和風戦隊。
忍風戦隊ハリケンジャー:二代目和風戦隊。
手裏剣戦隊ニンニンジャー:四代目和風戦隊。
暴太郎戦隊ドンブラザーズ:五代目和風戦隊。忍者以外がモチーフかつレッド以外が立場は下と明言されるも、話が進むにつれレッドを認めるようになる構成も共通。

炎神戦隊ゴーオンジャー←本作→天装戦隊ゴセイジャー

ニチアサ同期
仮面ライダーディケイド仮面ライダーW(30分後)、フレッシュプリキュア(1時間後)

関連記事

親記事

21世紀平成戦隊 にじゅういっせいきへいせいせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3306479

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました