ピクシブ百科事典

ユメバクラ

ゆめばくら

ユメバクラとは『侍戦隊シンケンジャー』に登場するアヤカシの1体である。
目次[非表示]

「安心ちろ。俺は優ちいからなぁ。今頃良い夢見てるぜ。…ちょうだ。俺もお邪魔ちよう」
CV:小杉十郎太

データ

【身長】一の目・203㎝→二の目・50.8m
【体重】一の目・97㎏→二の目・24.3t

概要

混じった獣の様な、渦巻く悪夢の様な姿を持つアヤカシ。 『』と言う妖怪の伝承のルーツとされている。
上記の姿をより詳細に説明すると、正面を向いたをベースに横を向いたがくっ付いた頭部をしており、象の前脚がそのまま右肩の部分になっている。更に手首の甲がの頭部で
二の腕にもその縞模様が有り、そして右脚はモノクロの其の物で足首の部分にその頭部が有ると言うキメラ的でグロテスクな右半身を持つ。因みに右半身は全体的に赤い。
対する左半身は真っ黒な中に緑色の渦の模様が随所に散りばめられており、まさしく渦巻く悪夢を表現した悍ましい形になっている。尚、こちらは左腕が右腕より微妙に長い。
野太い声に似合わず幼稚であどけない言動を取るのが特徴で、「迷妄凶夢剣(めいもうきょうむけん)」と呼ばれる剣で武装している。

能力としては先ず左手から左手からの催眠効果を持つ息で人間を眠らせ、様々な夢を見せる事が出来る。そして自身も獏のルーツらしく夢の中に自在に入り込む能力を持ち、眠る人間の夢を喰らう事を好むが、夢の中で食べられる事は魂其の物を喰われるのと同じである為、犠牲者は2度と目覚める事は無く、事実上死亡してしまう。戦闘に於いても夢の中では世界を自在に変えて相手を翻弄し、現実でも奇怪な動きで相手を翻弄する等、トリッキーな技巧派である。
醜悪な外見も然る事ながら、人間を様々な悪夢の世界に誘い、喰らう事で永遠の眠りへと誘うその悪事は如何にも外道衆らしい残酷な物だが、上記の子供の様なあどけない言動が却って不気味さを煽り、遭遇する事が破滅を意味する異形の化け物としてのアヤカシの姿を見事に体現している。

劇中では前回十臓の暗殺を拒否した薄皮太夫暗殺の命をドウコクより直々に受けた刺客として登場。薄皮太夫と交戦中の茉子の両名を纏めて夢の世界へ送り込んだ。
此処で太夫の過去を知ってしまった事を受け、太夫と茉子の間に因縁が生じる事となる。

前回のゴズナグモ同様、二週に亘って週を跨いで登場したアヤカシだけに実力も高く、物語の核心に迫る重要や役回りを担う存在となった。

劇中での活躍

第二十五幕「夢世界」

前回十臓を斬れと命じたにも拘らずそうしなかった太夫。「腹が立なら斬れば良い」と前置いた上で、更に「外道に堕ちて数百年。身内にある思いは一向に晴れん。泥の様に溜まるばかりだ。斬れ!思いごと全てバラバラに!それこそ骨まで!わちきが望んでいたのはきっとそれだ」とすごんで見せるが、そんな太夫の言葉を冷めた様子で聞いていたドウコクは不意に立ち上がると徐に彼女の三味線を奪い、火を付けて放り投げてしまう。
慌てて拾う太夫だったが、既に三味線は穴が開いて其処から怨嗟の呻き声が漏れ出て来る。慌てて穴を塞がなければと外へ飛び出す太夫を見送ると、ドウコクはシタリに命じてユメバクラを招聘。太夫抹殺の刺客として差し向けるのだった。

太夫が街中で人を襲っていると、近くの書店に居合わせた茉子はシンケンピンクに変身して応戦。其処へ更にユメバクラが参戦し、「御大将(おんたいちょう)の言い付けだ。黙って寝んねちな」と言って太夫を眠らせようと襲い掛かる。其処へ残りのシンケンジャー4人が駆け付けるも、太夫を追う茉子と更にそれを追うことはの2人が戦線離脱。入れ替わりで源太が駆け付けるが、ユメバクラは真っ先に源太を眠らせてその夢の中へと侵入。尚も交戦するピンクと太夫の元へ近くで眠っていた男性の夢を経由して現れるや、2人を眠らせて自身もその夢の中へ再度侵入する。

夢の中に入るや、その場に居合わせた一般人の女性を襲って捕食しようとした所へ、モヂカラを使って同じ様に源太の夢の中へと侵入したブルーグリーン両名と交戦。
夢の世界と言う事で周囲の事象を自在に変化させて2人を翻弄するが、「夢の中なら何でも有り」と気付いて巨大化したグリーンによって夢から追い出されてしまい、現実に戻った所へ2人のシンケンマルの斬撃で左手を失った為、その場は止む無く撤退するのだった。

第二十六幕「決戦大一番」

その後、相手を眠らせる為の能力の要である片腕を斬り落とされた為か、人々を直接食べようと再度現世に出現するが、十臓との決闘で不在のレッド以外のシンケンジャー5名が駆け付け交戦。「殿、お借りします!」と言って丈瑠から借り受けたインロウマルでパワーアップしたスーパーシンケンブルーに成す術も無く、そのままシンケンマルの斬撃を受け倒される。

直後に二の目となって巨大化すると、ダイカイシンケンオーと交戦。
奇妙な動きで翻弄するも、スーパーシンケンブルーの指揮で他の4人は奮起した為に攻撃を止められてしまい、最期は折神大開砲を喰らって爆散した。

余談

モチーフはと言った獣と悪夢。名前の由来は夢枕+獏から。

現代の伝承に於ける『』と言う妖怪は象、犀、虎、牛等が合わさった様であり、夢を食べる化け物らしいが、ユメバクラの姿と夢に誘う能力がそのルーツになったと思われる。

第二十五幕では薄皮太夫の声を演じる朴璐美女史が、外道に墜ちる前の薄雪と言う花魁の役で女優として出演している。

声を演じた小杉氏は『超力戦隊オーレンジャー』でバラビルダーを演じて以来、14年振りのスーパー戦隊シリーズへの出演となった。次回作の『天装戦隊ゴセイジャー』でも3番目に登場する敵組織首領の声を当てている。

関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 アヤカシ 

東映系

バクキ:『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した大先輩。
妖怪バク:『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場する後輩。

バク怪人:『仮面ライダーBLACK』に登場する獏繋がりのライダー怪人

東映以外

バクタリ:『ウルトラマンA』に登場する獏繋がりの超獣

ムンナ/ムシャーナ翌年発売のポケモン完全新作に登場する獏モチーフのポケモン

ドレミー・スイート東方Projectに登場する獏繋がりのキャラ。

関連記事

親記事

アヤカシ あやかし

兄弟記事

コメント