ピクシブ百科事典

白石茉子

しらいしまこ

白石茉子とは、『侍戦隊シンケンジャー』の登場人物。シンケンピンクに変身する。
目次[非表示]

「私はただの囮…もう1人潜入してたのよ。」
演:高梨臨

人物

シンケンピンクに変身し、天のモヂカラを使用する
女性の侍。使用する折神は、亀折神。

他人の心情を察することに長けており、初期はなかなか侍達と打ち解けようとしない志葉丈瑠の本質を「掴まれないようにしてるのかも」と、少なからず見抜いていた。(これは丈瑠が抱えている秘密にも由来していた。)
幼少期に母親と離れ離れになったことからか、心が弱ってたり落ち込んでいる人を見ると放っておけない優しい性格で例え成人男性であろうが提灯であろうが、抱きしめて慰める。小説版に至っては劇中の事件の黒幕であるはぐれ外道に対してすらその素性を知って同様の衝動に駆られていた(さすがに機会がなく未遂に終わったが)。
そんな彼女の夢は普通のお嫁さんになること

白石家は代々、女性が侍となる家系であり、母親も先代シンケンピンクだった。しかし戦いで深手を負って引退し、婿養子の父と共にハワイに移住して静養生活を送っている。
そのため茉子は、「侍」の跡取りにさせることを強硬に主張した祖母の元で育てられてきた。
侍として招集される前は幼稚園でアルバイトをしていて、家庭的なことが好き。(ただし好きだが、得意ではない。後述。

一番言われたくない言葉は「一生独身」

料理の腕

壊滅的。火を使えば火事を思わせるほどの煙を放ち、かぼちゃをシンケンマルでぶった切り、なぜかたまねぎもまともに切れない。
料理を始めると、一瞬でメンバー(男性陣と黒子のみ)を動揺と絶望の渦に叩き落とす。
丈瑠曰く、最大の危機。その威力は、一口で丈瑠を失神させるほど。
当初は自覚していなかったが、男性陣の本音を偶然聞いてしまったことで自身の料理の腕を自覚し、改善に励むようになる。
ただし、茉子を姉のように慕う花織ことはだけは、本心から「おいしい」と評価している。

薄皮太夫との関係


外道衆の女性幹部である薄皮太夫の公式ライバル関係でシンケンピンクとして幾度となく彼女と激戦を繰り広げる。
第25幕にて彼女の秘密を知ってしまったためにお互い意識し合う関係になる。同話で油断してしまい彼女に襲われた際には、シンケンイエローが助けてくれた。


関連イラスト

白石茉子
ごーとぅーへぶん


シンケンピンク
同じくピンク!白石茉子!!



関連タグ

侍戦隊シンケンジャー シンケンピンク
志葉丈瑠 池波流ノ介 谷千明 花織ことは 梅盛源太
女侍 メシマズ/料理下手

白石謙作/初代バトルコサック:苗字が同じ昭和戦隊戦隊オレンジ

城ヶ崎千里:戦隊内の姉御肌でもあり、
いろんな人から慕われる女性という共通点がある。

アム:優しい性格をしておりレッドのことを気にしている女性繋がり。

戦隊ピンク
西堀さくら白石茉子エリ

関連記事

親記事

シンケンジャー しんけんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白石茉子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1191295

コメント